Skip to content

2020年4月19日(日)古代史部会

2020年4月19日(日)古代史部会 published on

4月19日(日)16:30~19:00 機関紙会館2階会議室

◆大会共同研究報告者業績検討会◆

報告者:鮎川 礼氏・今村 凌

対象論文:樋笠逸人「高御座の成立:八世紀における登壇儀礼の再検討」(『日本史研究』623、2014年)、同「嘉承二年の『御即位次第』について」(『歴史文化社会論講座紀要』13、2016年)

*通常の部会と日時が異なります。ご注意ください。

※開催については、新型コロナウィルスの広がりによっては、中止・延期する場合があります。その場合は、本研究会のweb、ツィッターなどでできるだけ早く告知するつもりですが、急な変更も考えられますので、直前まで確認してください。