Skip to content

日本史研究会が主催するさまざまな活動、共催のイベントなどをご案内します。

書評会「東アジアにおける資本主義の形成―中村哲『東アジア資本主義形成史論』を読む―」

書評会「東アジアにおける資本主義の形成―中村哲『東アジア資本主義形成史論』を読む―」 published on

日時:2019年12月7日 13時~17時
場所:稲盛記念会館2階 205号室
参加費:無料
主催:京都民科歴史部会 共催:日本史研究会・中国現代史研究会

 中村哲氏の著書『東アジア資本主義形成史論』(汲古書院2019年4月)が上梓された。中村氏は、1990年代以降、比較史の方法をもちいて、日本・中国・韓国を中心とする東アジアにおける資本主義形成の特質を明らかにしてきた。そのうち2001年から2010年までの研究成果を3編8章にまとめたのが本書である。
 本企画では、堀和生氏をコーディネーターにむかえ、日本経済史の長島修氏、中国経済史の久保亨氏、インドネシア経済史の植村泰夫氏が自らの専門分野から書評をおこなうとともに、東アジアのなかでの比較を通じたコメントも加える。それらに対する中村氏のリプライを含めて総合討論をおこなうことにより、東アジアにおける資本主義形成の歴史的特質を明らかにするとともに、現代世界資本主義の歴史的な段階についても全体的な討論をおこないたい。

司会 堀和生(京都大学)

報告1:植村泰夫(広島大学) 「東南アジア史から(インドネシア史を中心に)」
報告2:久保亨(信州大学) 「近現代中国資本主義の強さをめぐって」
報告3:長島修(立命館大学) 「日本経済史研究と東アジア資本主義」
リプライ:中村哲(京都大学)

第4回 歴史から現在(いま)を考える集い

第4回 歴史から現在(いま)を考える集い published on

第4回 歴史から現在(いま)を考える集い

「『消費者』の力学を考える」

講演者 原山 浩介 氏(国立歴史民俗博物館)
日時 2015年2月28日(土) 午後3時~午後5時
会場 機関紙会館5階 大会議室
  (京都市上京区新町丸太町上る東側)
主催 日本史研究会

*入場無料、一般来聴歓迎、予約不要。

詳細はポスター(PDFを御覧ください。

お問い合わせは日本史研究会事務局(075-256-9211)まで

第3回「歴史から現在を考える集い」

第3回「歴史から現在を考える集い」 published on

第3回「歴史から現在を考える集い」

 

講演者 吉田 裕 氏(一橋大学大学院社会学研究科)
日 時 2014年10月25日(土) 午後2時~午後4時30分
会 場 機関紙会館5階大会議室
主 催 日本史研究会
*入場無料
詳細はポスターを御覧下さい。お問い合わせは075-256-9211まで。

市民講演会「天皇写真と戦死者の遺影―「聖戦」の図像を読み解く―」

市民講演会「天皇写真と戦死者の遺影―「聖戦」の図像を読み解く―」 published on

市民講演会「天皇写真と戦死者の遺影―「聖戦」の図像を読み解く―」

日 時 一一月二四日(月・祝)午後二時半~四時半(二時開場)

場 所 機関紙会館五階大会議室

(京都市上京区新町通り丸太町上がる春帯町三五〇

         地下鉄烏丸線丸太町駅下車西へ徒歩五分市バス府庁前下車すぐ)

テーマ 「天皇写真と戦死者の遺影―「聖戦」の図像を読み解く―」
講 師 川村 邦光氏(大阪大学)

 

集団的自衛権の行使容認をはかる安倍政権は、これと同時に、力強く振る舞う首相の写真をマスコミに撮らせて、イメージの面からも「戦争ができる国」づくりを推進しています。これは決して現在だけの問題ではありません。かつてアジア太平洋戦争では、軍隊の前で騎乗する天皇や、勇ましい兵士の写真や画像が「聖なる戦争」のイメージ作りに用いられました。本企画では、川村邦光氏を講師に迎えて、写真や画像によって作り出される戦争のイメージの問題について、理解を深めていきたいと思います。

※台風で中止となった京都の戦争展ミニシンポの振替です。

   一般来聴歓迎。予約不要。入場無料。

   問い合わせは、日本史研究会 (〇七五)二五六―九二一一

第39回 平和のための京都の戦争展ミニシンポ

第39回 平和のための京都の戦争展ミニシンポ published on

日 時 7月29日(月)午後1時30分~4時
場 所 立命館大学国際平和ミュージアム(京都市北区等持院北町56-1)
    2階ミュージアム会議室
テーマ 「トランスメディア的消費文化と帝国の総力戦」
講 師 藤木 秀朗(名古屋大学大学院人文学研究科付属超域文化社会センター教授)

 

 戦争に対する現実味が薄れていく今日、戦前日本の人びとが戦争へと進んでいった過程を、いま一度見直す時期にきております。民衆や大衆と称された人びとは、第一次世界大戦から第二次世界大戦へといたる戦間期をいかに過ごし、総力戦を支持する「国民」となっていったのでしょうか。その様は必ずしも「強制」のみではなく「自発」性を伴うものでありました。
 そこで本年のミニシンポジウムでは、映画を中心にメディアが政治や社会の変容にいかに関わってきたのかを問い研究を進められてきた藤木秀朗さんを講師に迎え、「トランスメディア的消費文化と帝国の総力戦」をテーマとして、戦争への道程をメディアと人々の関わりから読み解いていきたいと思います。

 

主 催 日本史研究会
一般来聴歓迎。予約不要。入場無料。
問い合わせは、日本史研究会 075-256-9211

第34回 平和のための京都の戦争展ミニシンポ

第34回 平和のための京都の戦争展ミニシンポ published on

第34回 平和のための京都の戦争展ミニシンポ

テーマ 「天皇写真と戦死者の遺影―「聖戦」の図像を読み解く」
講 師  川村 邦光氏(大阪大学)
日時 八月一〇日(日)午後二時~四時
場所 立命館大学国際平和ミュージアム 二階ミュージアム会議室(京都市北区等持院北町56-1)

集団的自衛権の行使容認をはかる安倍政権は、これと同時に、力強く振る舞う首相の写真をマスコミに撮らせて、イメージの面からも「戦争ができる国」づくりを推進しています。これは決して現在だけの問題ではありません。かつてアジア太平洋戦争では、軍隊の前で騎乗する天皇や、勇ましい兵士の写真や画像が「聖なる戦争」のイメージ作りに用いられました。本企画では、川村邦光氏を講師に迎えて、写真や画像によって作り出される戦争のイメージの問題について、理解を深めていきたいと思います。

主 催  日本史研究会
入場無料  一般来聴歓迎  予約不要
お問い合わせは 日本史研究会 〇七五(二五六)九二一一

2014年度歴史学入門講座

2014年度歴史学入門講座 published on

2014年度歴史学入門講座

   「史料論の現在」
講師 永村 眞 氏  (日本女子大学) 「中世寺院の史料論」

       倉本一宏 氏 (国際日本文化研究センター)

      「古記録という史料―『御堂関白記』を中心として」     
日時 7月5日(土)13:00~17:00

          ※懇親会もご用意しております。是非ご参加ください。
場所 機関紙会館5階大会議室

京都市上京区新町通り丸太町上る東側

           地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分

           市バス府庁前下車すぐ。
◆参加費 500円

歴史学入門講座〈京都〉実行委員会主催    共催:日本史研究会

歴史学入門講座とは・・・?

今年で40回目を迎える歴史学入門講座〈京都〉は、京都を中心とする関西の各大学から集まった学生が主体的に実行委員会を組織し、歴史学を研究する意味や姿勢について考え、大学や専攻を超えた交流を図るために行っているものです。お気軽にご来聴ください。
お問い合わせ  日本史研究会 075(256)9211

2019年度 歴史学入門講座

2019年度 歴史学入門講座 published on

2019年度 歴史学入門講座「天皇のイメージと実像」

講 師:河西 秀哉氏(名古屋大学大学院准教授)
   「象徴天皇制とマスメディア」
    高埜 利彦氏(学習院大学名誉教授)
   「江戸時代の天皇・朝廷と祭祀」

日 時:7月21日(日)午後1時~午後5時

場 所:京都大学吉田キャンパス本部構内文学部新館2階第3講義室
   (京都市左京区吉田本町 市バス「京大正門前」または「百万遍」下車)

参加費:500円

 

歴史学入門講座とは?
今年で45回目を迎える歴史学入門講座〈京都〉は、京都を中心とする関西の各大学から集まった学生が主体的に実行委員会を組織し、歴史学を研究する意味や姿勢について考え、大学や専攻を超えた交流を図るために行っているものです。お気軽にご来聴ください。

2019年度入門講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ:日本史研究会 075-256-9211

シンポジウム歴史教科書 いままでとこれから PARTⅩ

シンポジウム歴史教科書 いままでとこれから PARTⅩ published on

シンポジウム 歴史教科書 いままでとこれから PARTⅩ
日時  6月15日(日) 午後1時30分~5時

場所  東京大学農学部二号館化学第一講義室

(地下鉄南北線「東大前」下車徒歩一分、千代田線「根津」下車徒歩七分、

丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」下車徒歩一五分)

報告  石山 久男(歴史教育者協議会)

「最近の教科書制度改変と小学校新教科書(二〇一五年度使用開始)をめぐる状況」

「近年の歴史教科書記述の変動とその学問的ならびに社会的背景」

①「日中戦争の全体像について」             東京歴史科学研究会

②「日本軍「慰安婦」について」               歴史教育者協議会

 

主催  子どもと教科書全国ネット21・社会科教科書懇談会・出版労連・地方史研究協議会・東京歴史科学研究会・日本史研究会・歴史科学協議会・歴史学研究会・歴史教育者協議会
資料代  800円

連絡先  歴史教育者協議会 03―3947-5701

歴史学入門講座第二回公開勉強会

歴史学入門講座第二回公開勉強会 published on

歴史学入門講座 第二回公開勉強会

 

日時:6月17日(火)18:30~

会場:機関紙会館3階会議室

課題論文:

倉本一宏『藤原道長「御堂関白記」を読む』(講談社、2013)

 

※本年度の歴史学入門講座(京都)は、7月5日(土)、機関紙会館5階大会議室で、

永村眞氏・倉本一宏氏を講師にお招きして開催する予定です。

入門講座に先立ち公開勉強会を行います。いずれもお気軽にご参加ください。