Skip to content

日本史研究672号(2018年8月)

日本史研究672号(2018年8月) published on

 研 究                                     
   戦国期足利将軍存続の諸要因                   山田 康弘
   -「利益」・「力」・「価値」-

  近世における海洋回遊資源の資源変動と地域の自然資源利用     高橋 美貴
     ―豆州内浦湾沿岸地域を主な事例として―             
書 評                 
  義江明子著『日本古代女帝論』                              遠藤 みどり
 
鈴木正信著『日本古代の氏族と系譜伝承』                     溝口 優樹

江島尚俊・三浦 周・松野智章編『戦時日本の大学と宗教』      大島 宏
                       
新刊紹介
『平安期の女性と政治文化』/『古地図で楽しむ 近江』

 部会・会活動・委員会ニュース

日本史研究 671号(2018年7月)

日本史研究 671号(2018年7月) published on

                    表紙 671  (7月)号
研 究
 『日蔵夢記』の成立                                           下鶴  隆
  -信仰テキストの生成流伝形態からみた死生観の転換-

付法状の役割と作成意義                                   巽  昌子
  -醍醐寺僧憲深の処分を中心に-
             
シリーズ 新自由主義時代の博物館と文化財
  歴史文化遺産の保存・活用と史料学の役割               木越 隆三
   ―金沢城調査研究16年を振り返って-
                 
書   評
  石井伸夫・仁木宏編『守護所・戦国城下町の構造と社会      鹿毛 敏夫
                                ―阿波国勝瑞―』

  林 葉子著『性を管理する帝国              人見佐知子
                  ―公娼制度下の「衛生問題」と廃娼運動―』
                       
 新刊紹介
『日本的時空観の形成』

 会活動・部会・委員会ニュース

日本史研究 670号(2018年6月)

日本史研究 670号(2018年6月) published on

戦後歴史学の著作を読む(4)
特集にあたって   編集委員会

研究展望
『平安遺文』と平安時代史研究                           勝山 清次

『丹波国山国荘史料』・『丹波国黒田村史料』の

   史学史的意義               熱田 順

『河内屋可正旧記』の現在 山中 浩之

〈南王子村の歴史〉研究が明らかにしたこと          畑中 敏之
        ―「奥田家文書」の研究史的意義― 
  「原敬関係文書」の発見と意義                    伊藤 之雄

『日本婦人問題資料集成 全一〇巻』                    藤目 ゆき
   ―第一波フェミニズムの遺産を継承する第二波フェミニズム―
書 評
  国立歴史民俗博物館編『〈総合資料学〉の挑戦       胡   光
―異文野融合研究の最前線―』
  池内 敏著『絶海の碩学                                   田代 和生
―近世日朝外交史研究―』
  森岡清美著『真宗大谷派の革新運動』                   福島 栄寿
―白川党・井上豊忠のライフヒストリー―』
追 悼
 故脇田修先生を想う               藪田  貫
部会・委員会ニュース

日本史研究 669号(2018年5月)

日本史研究 669号(2018年5月) published on
研  究
  中世後期における武士の京都在住の構造                  松井 直人
              -御所周辺武士邸宅地にみる-                    
  京都扇屋仲間と紙漉兄頭部                  尾脇 秀和
        -扇地紙をめぐる「由緒」と”渡世相互”-
書  評
  大阪大学会沢正志斎書簡研究会編『会沢正志斎書簡集』         池田 勇太
  浜田幸絵著『日本におけるメディア・オリンピックの誕生        
                     ―ロサンゼルス・ベルリン・東京ー』      平山 昇
  関口哲矢著『昭和期の内閣と戦争指導体制』                  森   茂樹
新刊紹介                                                           
 『世界遺産と天皇陵古墳を問う』
部会・委員会ニュース

日本史研究 668号(2018年4月)

日本史研究 668号(2018年4月) published on
研  究
  戦国期大友氏の加判衆と国衆                         窪田  頌
2017年度日本史研究会大会報告批判    ──────────────────── 
 共同研究報告 ────  古代史部会(田中史生)/中世史部会(木村英一)      
 近世史部会(村上紀夫)/近現代史部会(小林啓治)
─────────────────────────────────────── 
シリーズ新自由主義時代の博物館と文化財
 馬路町自治会文書の被災について                       上甲 典子
書  評
  猪飼隆明著『近代日本における
          ハンセン病政策の成立と病者たち』    廣川 和花
  久保田裕次著『対中借款の政治経済史              白木沢 旭児
                     ―「開発」から二十一カ条要求へ―」
  白木沢旭児著『日中戦争と大陸経済建設』         兒玉 州平
 櫻澤 誠著『沖縄の保守勢力と「島ぐるみ」の系譜    小松  寛
                     ―政治結合・基地認識・経済構想―』
新刊紹介
  『移行する沖縄の教員世界』  
例会・部会・会活動・委員会ニュース

日本史研究 667号(2018年3月)

日本史研究 667号(2018年3月) published on
                      2017年度日本史研究会大会特集号
                  大会テーマ 統合原理と政治・社会・文化
個別報告
 9世紀における唐制受容の一様相                                       川尻 秋生
     ―中世文書様式成立の史的前提ー
 文書史からみた鎌倉幕府と北条氏              佐藤 雄基
     ―口入という機能からみた関東御教書と得宗書状―
                                                                  
 宗教一揆論という課題                                安藤  弥
                                   
 岡山藩の自分仕置と対幕藩交渉                                           山本 英貴
     ―江本竹蔵一件を素材としてー
 1920年代に高揚した社会哲学に関する言論の思想史的文脈    川合 大輔
    ―社会人を起点として―
 「老い」に集団でむきあうということ                                安岡 健一
        ―戦後の地域社会を事例に―               
                                   
例会・部会・会活動・委員会ニュース

日本史研究 666号(2018年2月)

日本史研究 666号(2018年2月) published on
                    表紙 666  (2月)号
                      2017年度日本史研究会大会特集号
                  大会テーマ 統合原理と政治・社会・文化
大会テーマ説明                                                   研究委員会
共同研究報告 
 古代史部会 
  古代国家の対外的諸関係                 大高 広和
 中世史部会
  中世前期の在京武力と公武権力              長村 祥知
 近世史部会 
  神社・門跡・社僧                     石津 裕之
   -宮寺としての近世北野社- 
  近世武家雅楽の普及と展開                 山田 淳平
 近現代史部会 
  満蒙政策と政友会                     久保田 裕次
   -大正期における野田卯太郎と山本条太郎ー 
  警察の「大正民主主義」再考                宮地 忠彦
   -「立憲法治ノ警察」と「皇国警察」の間- 
    コメント                       季武 嘉也
総会ニュース
部会紹介
部会・会活動・委員会ニュース

日本史研究 665号(2018年1月)

日本史研究 665号(2018年1月) published on
                            表紙 665  (1月)号
研  究
『元亨釈書』の歴史構想における顕密仏教と禅宗      康   昊
1930年代の輸出拡大と輸出補償法             見浪 知信
    -新市場向け輸出を中心に-  
   
研究展望
 天皇号成立の研究史                   関根  淳
 
書  評
 高橋信武著『西南戦争の考古学的研究』         猪飼 隆明
 
 俣野好治著『律令財政と荷札木簡』             本庄 総子
 山田 朗著『昭和天皇の戦争                森  暢平
             ―「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこと―』
 新刊紹介
 『原爆と原発、その先』
部会・委員会ニュース

 

日本史研究 664号(2017年12月)

日本史研究 664号(2017年12月) published on
                          表紙 664  (12月)号
                          特集 領主財政を考える
特集にあたって                                                 編集委員会
研  究
  近世領主財政への一視角                                        高野 信治
      ―大名財政の公的性格をめぐって―  
 譜代小田原藩の財政を考える                                  下重  清
      ―近世前期を事例に―                       
 秋田藩の上方調達銀運用と館入                                金森 正也
       ―文政・天保期を中心として―                  
 近世における銀主と領主                               荒武賢一朗
─────────────────────────────────────── 
書  評
 大谷由香著『中世後期泉涌寺の研究』                        大塚 紀弘
  酒井 一著『日本の近世社会と大塩事件』       尾﨑 真理
  加藤圭木著『植民地期朝鮮の地域変容             松田 利彦
        ー日本の大陸進出と咸鏡道―』
新刊紹介
  『江戸幕府法の基礎的研究』
例会・部会・会活動・委員会ニュース 
『日本史研究』2017年発行号(653~664号)総目次
 

日本史研究 663号(2017年11月)

日本史研究 663号(2017年11月) published on

                           特集 安丸民衆史研究の原点と現在
特集にあたって                      編集委員会
研  究
  安丸良夫の「民衆思想」論と現在                                   倉地 克直

 近世前期における通俗道徳と禅心学           上野 大輔

 近代日本と民衆宗教という参照系
  -安丸良夫における「論理」と「活力」                       永岡  崇

 安丸思想史の射程                   福家 崇洋
───────────────────────────────────────
研究展望
 日本史と日本思想史                                                   前田  勉
        ―安丸良夫の通俗道徳論と天皇制論をめぐって-
 
書  評
 ジョン・ブリーン編『変容する聖地 伊勢』                 山田 雄司

  和田幸司著『近世国家における宗教と身分』           松金  直美

 新刊紹介
 『近代教育と『婦女鑑』の研究 』
例会・部会・委員会ニュース