Skip to content

日本史研究675号(2018年11月号)

日本史研究675号(2018年11月号) published on

研  究
 山城国上野荘の水害と再開発                   伊藤 俊一

 近世における史書編纂と『朝野旧聞裒藁』           平野 仁也

書  評
 藤森 馨著『古代の天皇祭祀と神宮祭祀』             佐野 真人

 山口和夫著『近世日本政治史と朝廷』                 野村  玄

 佐藤雄介著『近世の朝廷財政と江戸幕府』             小倉  宗

 町田祐一著『近代都市の下層社会                 布川  弘
         ―東京の職業紹介所をめぐる人々―』

見  解
 百舌鳥・古市古墳群の世界遺産推薦に関する見解

新刊紹介
 『日本書紀の誕生』

 

日本史研究674号(2018年10月号)

日本史研究674号(2018年10月号) published on

研  究
 近世京都の「御土居」                 岩﨑奈緒子
   ―京都町奉行支配と角倉家―            高井多佳子

 近世後期多摩地域の材木流通構造と筏宿         岩田 愛加

書  評
 垣内和孝著『伊達政宗と南奥の戦国時代』          遠藤ゆり子

 高橋慎一朗著『日本中世の権力と寺院』         小原 嘉記

  井戸美里著『戦国期風俗図の文化史                            森  道彦
        ―吉川・毛利氏と「月次風俗図屏風」―』
記  録
 2018年度「第44回歴史学入門講座」の記録      歴史学入門講座実行委員会

部会・委員会ニュース

日本史研究673号(2018年9月号)

日本史研究673号(2018年9月号) published on

2018年度日本史研究会大会に向けて
  大会テーマ 地域と日本史学の現在
 全体会シンポジウム テーマ 総合史としての地域史
   三枝暁子/東 昇/小林 丈弘
 共同研究報告
   第1会場 黒羽亮太/中村 翼
   第2会場 佐藤雄介/東野将伸
   第3会場 宮間純一/𠮷岡 拓

研究 「敗戦直後の娯楽政策―東久邇宮内閣期を中心に―」金子 龍司

シリーズ 新自由主義時代の博物館と文化財
  「文化財保護行政の歴史と課題―南朝関係史蹟の指定過程から―」尾谷雅比古

書評
  市 大樹著『日本古代都鄙間交通の研究』渡辺 滋
  市川裕士著『室町幕府の地方支配と地域権力』伊藤 大貴
  冨善一敏著『近世村方文書の管理と筆耕―民間文書社会の担い手―』東 昇

例会・部会ニュース

日本史研究672号(2018年8月)

日本史研究672号(2018年8月) published on

 研 究                                     
   戦国期足利将軍存続の諸要因                   山田 康弘
   -「利益」・「力」・「価値」-

  近世における海洋回遊資源の資源変動と地域の自然資源利用     高橋 美貴
     ―豆州内浦湾沿岸地域を主な事例として―             
書 評                 
  義江明子著『日本古代女帝論』                              遠藤 みどり
 
鈴木正信著『日本古代の氏族と系譜伝承』                     溝口 優樹

江島尚俊・三浦 周・松野智章編『戦時日本の大学と宗教』      大島 宏
                       
新刊紹介
『平安期の女性と政治文化』/『古地図で楽しむ 近江』

 部会・会活動・委員会ニュース

日本史研究 671号(2018年7月)

日本史研究 671号(2018年7月) published on

                    表紙 671  (7月)号
研 究
 『日蔵夢記』の成立                                           下鶴  隆
  -信仰テキストの生成流伝形態からみた死生観の転換-

付法状の役割と作成意義                                   巽  昌子
  -醍醐寺僧憲深の処分を中心に-
             
シリーズ 新自由主義時代の博物館と文化財
  歴史文化遺産の保存・活用と史料学の役割               木越 隆三
   ―金沢城調査研究16年を振り返って-
                 
書   評
  石井伸夫・仁木宏編『守護所・戦国城下町の構造と社会      鹿毛 敏夫
                                ―阿波国勝瑞―』

  林 葉子著『性を管理する帝国              人見佐知子
                  ―公娼制度下の「衛生問題」と廃娼運動―』
                       
 新刊紹介
『日本的時空観の形成』

 会活動・部会・委員会ニュース

日本史研究 670号(2018年6月)

日本史研究 670号(2018年6月) published on

戦後歴史学の著作を読む(4)
特集にあたって   編集委員会

研究展望
『平安遺文』と平安時代史研究                           勝山 清次

『丹波国山国荘史料』・『丹波国黒田村史料』の

   史学史的意義               熱田 順

『河内屋可正旧記』の現在 山中 浩之

〈南王子村の歴史〉研究が明らかにしたこと          畑中 敏之
        ―「奥田家文書」の研究史的意義― 
  「原敬関係文書」の発見と意義                    伊藤 之雄

『日本婦人問題資料集成 全一〇巻』                    藤目 ゆき
   ―第一波フェミニズムの遺産を継承する第二波フェミニズム―
書 評
  国立歴史民俗博物館編『〈総合資料学〉の挑戦       胡   光
―異文野融合研究の最前線―』
  池内 敏著『絶海の碩学                                   田代 和生
―近世日朝外交史研究―』
  森岡清美著『真宗大谷派の革新運動』                   福島 栄寿
―白川党・井上豊忠のライフヒストリー―』
追 悼
 故脇田修先生を想う               藪田  貫
部会・委員会ニュース

日本史研究 669号(2018年5月)

日本史研究 669号(2018年5月) published on
研  究
  中世後期における武士の京都在住の構造                  松井 直人
              -御所周辺武士邸宅地にみる-                    
  京都扇屋仲間と紙漉兄頭部                  尾脇 秀和
        -扇地紙をめぐる「由緒」と”渡世相互”-
書  評
  大阪大学会沢正志斎書簡研究会編『会沢正志斎書簡集』         池田 勇太
  浜田幸絵著『日本におけるメディア・オリンピックの誕生        
                     ―ロサンゼルス・ベルリン・東京ー』      平山 昇
  関口哲矢著『昭和期の内閣と戦争指導体制』                  森   茂樹
新刊紹介                                                           
 『世界遺産と天皇陵古墳を問う』
部会・委員会ニュース

日本史研究 668号(2018年4月)

日本史研究 668号(2018年4月) published on
研  究
  戦国期大友氏の加判衆と国衆                         窪田  頌
2017年度日本史研究会大会報告批判    ──────────────────── 
 共同研究報告 ────  古代史部会(田中史生)/中世史部会(木村英一)      
 近世史部会(村上紀夫)/近現代史部会(小林啓治)
─────────────────────────────────────── 
シリーズ新自由主義時代の博物館と文化財
 馬路町自治会文書の被災について                       上甲 典子
書  評
  猪飼隆明著『近代日本における
          ハンセン病政策の成立と病者たち』    廣川 和花
  久保田裕次著『対中借款の政治経済史              白木沢 旭児
                     ―「開発」から二十一カ条要求へ―」
  白木沢旭児著『日中戦争と大陸経済建設』         兒玉 州平
 櫻澤 誠著『沖縄の保守勢力と「島ぐるみ」の系譜    小松  寛
                     ―政治結合・基地認識・経済構想―』
新刊紹介
  『移行する沖縄の教員世界』  
例会・部会・会活動・委員会ニュース

日本史研究 667号(2018年3月)

日本史研究 667号(2018年3月) published on
                      2017年度日本史研究会大会特集号
                  大会テーマ 統合原理と政治・社会・文化
個別報告
 9世紀における唐制受容の一様相                                       川尻 秋生
     ―中世文書様式成立の史的前提ー
 文書史からみた鎌倉幕府と北条氏              佐藤 雄基
     ―口入という機能からみた関東御教書と得宗書状―
                                                                  
 宗教一揆論という課題                                安藤  弥
                                   
 岡山藩の自分仕置と対幕藩交渉                                           山本 英貴
     ―江本竹蔵一件を素材としてー
 1920年代に高揚した社会哲学に関する言論の思想史的文脈    川合 大輔
    ―社会人を起点として―
 「老い」に集団でむきあうということ                                安岡 健一
        ―戦後の地域社会を事例に―               
                                   
例会・部会・会活動・委員会ニュース

日本史研究 666号(2018年2月)

日本史研究 666号(2018年2月) published on
                    表紙 666  (2月)号
                      2017年度日本史研究会大会特集号
                  大会テーマ 統合原理と政治・社会・文化
大会テーマ説明                                                   研究委員会
共同研究報告 
 古代史部会 
  古代国家の対外的諸関係                 大高 広和
 中世史部会
  中世前期の在京武力と公武権力              長村 祥知
 近世史部会 
  神社・門跡・社僧                     石津 裕之
   -宮寺としての近世北野社- 
  近世武家雅楽の普及と展開                 山田 淳平
 近現代史部会 
  満蒙政策と政友会                     久保田 裕次
   -大正期における野田卯太郎と山本条太郎ー 
  警察の「大正民主主義」再考                宮地 忠彦
   -「立憲法治ノ警察」と「皇国警察」の間- 
    コメント                       季武 嘉也
総会ニュース
部会紹介
部会・会活動・委員会ニュース