Skip to content

会誌『日本史研究』の投稿規定です。

『日本史研究』掲載論文等の著作権譲渡のお願い

『日本史研究』掲載論文等の著作権譲渡のお願い published on

 日本史研究会は、1945年の創立以来、学会誌『日本史研究』を刊行して参りました。70年余の長きにわたり会誌を刊行できましたことは、ひとえに会員・著者各位のご支援、ご協力の賜物と深く感謝しております。

 さて、本会では、近年の学術情報の普及と、それにともなう研究進展の状況に鑑み、会誌掲載論文等の電子化、データベース化、webサイト上での公開などに積極的に取り組んでゆくことにいたしました。

 こうした活動にあたっては、会誌に掲載された論文等を本会が利用するための著作権が、本会に帰属していることが必要となります。そこで本会では、会誌701号(2021年1月号)より、掲載される論文等の著作権の一部(複製権・公衆送信権)を本会に譲渡していただくようお願いすることになりました。

 しかし、以前の論文等につきましては、過去に著者と詳細な取り決めをしてきませんでした。そこで、700号以前に会誌に掲載された論文等の著作権の一部(複製権・公衆送信権)を、著者のみなさんから本会へ譲渡することに同意していただけるようお願い申し上げるところです。ここで対象とするのは、研究・研究ノート、研究動向、書評などに限定します。

 該当する論文等の著者で、この処置に異議がある方は、2021年11月30日までに、下記の連絡先まで、書面(手紙、ファックス、電子メール等)でお申し出ください。ご同意いただけない論文等につきましては、今後の電子化事業の対象から除外させていただきます。特にお申し出がなかった場合は、著作権の譲渡に同意いただいたものとして進めさせていただきます。ただし、上記の期日以降も、異議申し立てがあった際は、速やかに対応いたします。また、論文等などにふくまれる写真・史料などについて、他者の著作権を侵害したり、掲載許諾料が発生する可能性があったりする場合は、その論文等の全文または一部を削除するなどの措置をとります。御自身の論文等がそれに該当するとお考えの方は申し出てください。申し出がない場合でも、本会独自の判断で削除させていただくこともあります。

 なお、今回の著作権譲渡は、本会が会誌に掲載された論文等を電子化して活用することで、広く研究者等の利用に供するためであり、著者自身による論文の利用(著書への収録など)を妨げるものではありません。

 何とぞご理解をいただくとともに、会員・著者各位におかれましては、本件に関する情報を、退会された旧会員の方々などにも広く伝えてくださいますようご協力をお願いいたします。

  2020年11月1日                  日本史研究会

 

    〒602-8026 京都市上京区新町通丸太町上る春帯町350 機関紙会館2階 

            日本史研究会

                TEL:075-256-9211  FAX:075-256-9212

                E-mail:info@nihonshiken.jp

『日本史研究』投稿規定

『日本史研究』投稿規定 published on

① 投稿資格は会員であること。

② 原稿は和文、縦書きの完全成稿でご投稿ください。ワープロ原稿は、A4用紙に本文・注とも 同じポイント、40字×30行で印字し、頁番号を付してください。手書き原稿は、400字詰原稿用紙に本文・注とも1ます1字、楷書、万年筆またはボールペンで記入してください。年号は、それぞれの初出時に西暦を併記してください。図(モノクロ写真を含む)や表は、大まかな掲載場所を指定してください。注は本文末にまとめ、通し番号で(1)(2)…と付してください。

③ 投稿を受け付ける原稿の種類と字数(図・表や注を含む)は次の通りです。

研究(32,000字以内)

研究ノート(20,000字以内)

史料紹介(32,000字以内)

研究展望(16,000字以内)

書評(8,000字以内)

時評・歴史万華鏡(4,000字程度)

投稿時には原稿の種類を明示してください。これら以外の種類の原稿でも、編集委員会が適当と判断したものは受け付けます。字数には、改行などで生じた余白の部分も含まれます。図・表は、本誌1頁の大きさを1,200字分に換算します。

④ 投稿に際しては、原稿の正本のほかに副本(コピー)2部をお送りください。また、別紙にて氏名・住所・電話番号・電子メールアドレスなどをお知らせください。研究・研究ノートには、800字程度の和文要旨を付してください。なお、副本は返却しませんのでご了承ください。

⑤ 原稿は未発表の内容に限り、二重投稿は認められません。また、研究・研究ノートについては、同じ著者が複数の原稿を同時に投稿することや、原稿の審査中に別の原稿を新たに投稿することはできません。

⑥ 掲載の決定後、ワープロ原稿の場合には電子データを提出していただきます。本文と注の電子データは、ワード、一太郎、テキストファイルのいずれかの形式で作成してください。

⑦ 掲載原稿の転載は原則として1年間、インターネット公開は原則として2年間控えてください。転載や公開にあたっては必ず本会の許可を得てください。また、本誌掲載の旨を明らかにしてください。なお、要旨の公開はこの限りではありません。

⑧ 掲載原稿の著作権の一部(複製権・公衆送信権)は本会に帰属するものとします。掲載後、一定期間を経たのち、本会によって電子化、データベース化、ウェブサイト上での公開などを行うことあります。

(2020年11月改訂)