Skip to content

2016年 8月例会

2016年 8月例会 published on

鎌倉後期~南北朝期における畿内武士社会の諸相

 

報告:  幸夫 (國學院大學)   「鎌倉後期~南北朝期の幕府と畿内武士」

     廣田浩治 (泉佐野市教育委員会)   「南北朝内乱期の畿内在地領主と地域」

 

日時:2016年8月6日(土)午後1時~午後5時

場所:機関紙会館 5階大会議室

京都市上京区新町通り丸太町上ル東側

(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分 市バス府庁前下車すぐ)

 

鎌倉後期の畿内では、平安期から経済的先進地域を基盤に活動してきた武士のほか、鎌倉幕府成立後に入部した西遷御家人や六波羅探題に執務した在京人など多彩な武士たちが存在し、固有の社会を築いていた。では、彼ら「畿内武士」たちは、鎌倉後期から南北朝内乱期にかけてどのような動向をみせたのだろうか。本例会では、畿内武士の歴史的位置について、特に鎌倉幕府・六波羅探題による在京人編成と室町幕府による奉公衆編成の連続面・断絶面や、南北朝内乱期の畿内在地領主と地域との関係、さらには悪党の動きにも注目して捉えることを試みたい。

 

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。

お問い合わせは日本史研究会 075-256-9211

 

 

2016年度7月例会

2016年度7月例会 published on

東アジア諸国家にとっての「国際戦争」―文禄・慶長の役(壬辰倭乱)―

 

  本年度の大会テーマ「日本史における国家と戦争」と関連させ、近世東アジアにおける戦争を再考する企画として、「文禄・慶長の役(壬辰倭乱)」を取り上げる。「文禄・慶長の役(壬辰倭乱)」は、16世紀に日・朝鮮・明の三国が巻き込まれた戦争であった。近年、韓国では東アジア三国が参加した国際戦争であったことから、「壬辰戦争」という名称が提起されている。戦争の具体的な展開過程や戦後処理問題など多様な分野で、日本・韓国両国で膨大な研究成果が蓄積されている状況である。しかしながら、韓国での研究成果が、日本で十分に取り入れられているかというと、必ずしもそうではない。また、日本での研究成果についても同様のことがいえよう。そこで、本例会では日本と韓国、両国の研究者を招き、近年の韓国での研究成果も踏まえながら、近世国家と戦争の関係について見直す機会としたい。日本・朝鮮、そして明、それぞれにとっての「文禄・慶長の役(壬辰倭乱)」の意味合いを見極めながら、広く16世紀の国際環境を問い直す場になれば幸いである。

 

報 告:車 惠媛 氏(チャ・ヘウォン、延世大学校、韓国)

              「倭冦的状況」と壬辰戦争 ―明朝の反応を中心として― (仮)

          米谷 均 氏(早稲田大学)

              「壬辰戦争」終結をめぐる日明両国の演出儀礼

                                     ―冊封儀礼・施餓鬼供養・献俘棄市―

コメント:池内 敏 氏(名古屋大学)

 

日 時:2016年7月9日(土)午後1時 ~ 午後5時

場 所:京都大学吉田キャンパス本部構内 文学部 新館2階第3講義室

        (京都市左京区吉田本町 市バス「京大正門前」または「百万遍」下車

          下記サイトの地図中8番の建物

           http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

 

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。お問い合わせは日本史研究会075-256-9211

2016年5月例会

2016年5月例会 published on
2016年5月例会
「古墳時代の国家と戦争」
 

本年度、日本史研究会では、秋の大会で「日本古代の国家と戦争」をテーマとするシンポジウムを企画し、準備を進めている。都出比呂志氏による前方後円墳体制論(1990年度日本史研究会大会シンポジウム「前近代国家論の再生のために」)の提唱と、それ以後の研究動向を踏まえ、戦争に焦点をあてて、5~7世紀の日本古代国家の歴史的特質を追究するものである。本例会では、秋の大会シンポを念頭に置き、磐井の乱を素材として、5・6世紀の倭王権の特質について、近年の日朝関係史の進展も踏まえ議論する。多方面のご来聴を期待している。

 

日時 5月22日(日)午後1時~5時

会場 機関紙会館5階大会議室

京都市上京区新町通り丸太町上ル東側

(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分 市バス府庁前下車すぐ)

 

報告

吉野 秋二氏(京都産業大学)「大化前代の国制と磐井の乱」

熊谷 公男氏(東北学院大学)「五・六世紀の対外関係と磐井の乱」

高田 貫太氏(国立歴史民俗博物館)「日朝関係史と磐井の乱 -考古学の立場から-」

 

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。お問い合わせは日本史研究会075-256-9211

日本史研究会4月例会

日本史研究会4月例会 published on

「古代における后の権能」
日時 4月25日(土)午後1時~5時
場所 京都大学文学部新館2階 第3講義室
   ※会場が変更となりました。変更後の会場は改めて告知いたします。
報告 遠藤 みどり氏(日本学術振興会特別研究員RPD)
   「日本古代キサキ制度の変遷」
   伴瀬 明美氏(東京大学史料編纂所)
   「日本における后位の特質をめぐって」
コメント
   石田 俊氏(山口大学)
 研究史上、古代后妃は女帝から国母へという形で、権能を発現する立場を変化させてきたとされている。すなわち令制以前の大后や令制下の皇后は天皇にとっての共同統治者であり、平安時代になると天皇の後見としての性格を強め国母として国政に関与するという理解である。さらに近年は、平安時代初期には皇后宮が内裏に取り込まれると皇后に後宮統治者としての性格が現れるという研究も注目されている。このように従来女帝研究が中心であった后妃研究に対し、近年は王権全体の中で后妃・後宮制度を捉えなおす研究が進められている。
しかし一方で、后位の権能がどういった根拠に由来し、どのように発現しうるのかという点については必ずしも深められてきたとはいえないのではなかろうか。本例会は、日本における后位について成立からその役割の変遷など、古代を通して后位がいかなる存在であったかを改めて問い直すものである。古代の后妃をテーマの中心に据えるが、近世朝廷研究からのコメントもいただき、当日は多様な視覚から古代の朝廷全体への理解を深める場としたい。

一般来聴歓迎。予約不要。入場無料。
お問合せは、日本史研究会(075-256-9211)まで。

※本例会は、昨今の新型コロナウイルスの影響に鑑み、延期とさせていただきます。報告者、参加者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。代替日程につきましては、改めてご案内させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年4月例会

2016年4月例会 published on

2016年4月例会

「地方利益」論の現在

 

日本近代史研究において、「地方利益」に関する研究は膨大な蓄積がある。

三谷太一郎や有泉貞夫らの古典的な研究は、現在に至るまで大きな影響力を及ぼし続けている一方、戦後の自民党政治のなかで顕著であった利益誘導型政治を日本近代史に投影させるなど、時代の要請とも無縁ではなかった。三谷や有泉の研究の批判的継承に基づき、その後の「地方利益」に関する研究は分析対象や方法論の点で多様化するとともに、数多くの業績が出されることになった。

現時点において、日本近代史研究における「地方利益」論の現状と課題を確認しておくことは、研究史上のみならず、「地方創生」といった政治スローガンが叫ばれる現代日本の政治と地域・社会との関係を考えるうえで、有効な論点を提示できるものと考える。よって本例会では、「地方利益」論研究の論点整理を試み、今後の研究展望を議論したい。

 

日時:4月23日(土)14:00~19:00
場所:機関紙会館5F大会議室
報告:松本洋幸氏(大正大学)「近代水道の敷設をめぐる政治史」

  稲吉晃氏(新潟大学)「大阪築港の政治史的考察―第一次築港の着手と中断―」

コメント:松下孝昭氏(神戸女子大学)

2016年3月例会

2016年3月例会 published on

2016年3月例会

「時代考証と歴史学」

 

一般に「歴史」と聞いて、NHK大河ドラマや連続テレビ小説(朝ドラ)といった時代劇を思い浮かべる人は多い。それでは、人口に膾炙したそのような時代劇 は、いかなる検証作業を経て作成され、学術研究という営みとどのように結び付くのであろうか。ここでは、近年の時代考証の現場に多く立ち会われた大石学氏 から、【歴史学などの学術成果が、どのような形でドラマなどに反映されるか】、【時代考証の経験・視角を、新たな学術成果に繋げることは可能か】といった 点について、体験を基にお話いただく。宮本又郎氏によるコメントと併せて、広く、学問と社会の関係といった点にまで議論が及べば幸いである。

 

日時 3月6日(日) 午後2時~午後5時

場所 京都大学吉田キャンパス本部構内 文学部新館2階第3講義室

(京都市左京区吉田本町市バス「京大正門前」または「百万遍」下車)

 

報告 大石 学 氏 (東京学芸大学)

「時代考証と歴史学」
コメント 宮本 又郎 (大阪大学・関西学院大学・放送大学)

「大石報告へのコメント―朝ドラ「あさが来た」時代考証の経験から―」

 

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。

お問い合わせは、日本史研究会 075-256-9211

2015年12月例会

2015年12月例会 published on

2015年12月例会

「古代の生産・流通と国家・社会編成」

日 時 12月27日(日) 午後1時~5時
会 場

京都大学吉田キャンパス本部構内

文学部新館2階第3講義室

 

(京都市左京区吉田本町

市バス「京大正門前」または「百万遍」下車)

報 告

菱田 哲郎氏(京都府立大学)
  「5・6世紀の手工業生産と王権」
  古尾谷知浩氏(名古屋大学)
  「古代の木器生産」

戦後の古代史研究においては、「土台」である生産や流通といった視角からの研究が、長らく重要な位置を占めてきた。それは何も正倉院文書といった史料に向き合ってきた文献史学ばかりでなく、史料が少ないとされる古代において、かかる問題関心への接近を得意とする考古学においても同様であった。

しかし、考古学では今日までに様々な、そして重要な生産拠点遺跡の発掘・整理とそれに関する検討などが進む一方で、ここ十数年来の古代史研究では、生産・流通をテーマとする研究は、やや停滞している観が否めない。

そこで本例会では、改めて「生産と流通」をテーマに取り上げ、文献・考古の双方から再検討することとした。これを当該分野の再活性化の起点としていければと思う。

 

一般来聴歓迎。予約不要。入場無料。

お問い合わせは、日本史研究会(075)256-9211

日本史研究会創立70周年記念 講演会・祝賀会

日本史研究会創立70周年記念 講演会・祝賀会 published on

日本史研究会創立70周年記念 講演会・祝賀会

本会は2015年11月をもちまして設立70周年を迎えます。このたび70周年を記念しまして、以下の記念講演会を行います。この10年間の会活動をふりかえるとともに、本会の今後の活動についても考える機会にしたいと考えております。みなさま是非ご参集下さい。

日時:11月8日(日) 14時~

場所:立命館大学朱雀キャンパス
講演 高橋昌明氏「日本史研究会の歴史と私たちの課題」
山田邦和氏「陵墓研究の現状と陵墓公開運動」
懇親会 同キャンパス内TAWAWA二条店(有職者4500円/有職者以外3000円)
一般来聴歓迎、予約不要

◇◆会場までの交通案内◆◇

・市バス・JRバス 千本三条・朱雀立命館前下車

・JR・地下鉄二条駅より徒歩約2分

・阪急大宮駅より徒歩約10分

※ 駐車場・駐輪場はございませんので、公共交通機関でお越し下さい。

2015年9月例会

2015年9月例会 published on

「環境史研究の可能性」

日時 9月20日(日) 午後2時~6時

場所 京都大学 吉田キャンパス 文学部新館2階第3講義室

市バス「京大正門前」または「百万遍」下車

(下記サイトの地図中8番の建物http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

 

基調報告 橋本 道範 氏 (滋賀県立琵琶湖博物館)「地域環境史の課題」

コメント 木村 茂光 氏 (帝京大学)「橋本道範著『日本中世の環境と村落』から環境史・生業論を考える」

 

近年の日本中世史研究では、自然環境の規定性を改めて問い直す動向が広まりつつある。かかる動向は「環境史」と一括りにされることが多いが、その目的・方向性は未だ錯綜した状況にあるといえる。

こうした中、橋本道範氏の著書『日本中世の環境と村落』が上梓された。氏は、人間が自然を克服していく「開発史」的な視座からいったん離れ、自然の主体性と人間の自然への働きかけ(生業論)をともに軸に据えた新たな歴史像を構築する必要を提唱している。

本例会では、著書での提起を踏まえて環境史の今後を展望する橋本氏の報告、さらには同書の書評を兼ねた木村茂光氏のコメントを通じて、環境史研究の可能性を探ることを試みたい。

日本史研究会9月例会

日本史研究会9月例会 published on

「鎌倉幕府像の再検討」

日時 9月29日(日)午後1時~5時
場所 京都大学文学部新館2階 第3講義室
   (京都市左京区吉田本町 市バス「百万遍」下車すぐ)
報告 桃崎有一郎氏(高千穂大学)
   「初期鎌倉幕府のアイデンティティ模索と表現メディア開拓
      ─ 礼制×法制の二重螺旋が架橋する公武政権 ─」
   高橋典幸氏(東京大学)  
   「鎌倉幕府軍事編成の再検討」(仮)

 鎌倉幕府研究は、古くからの中世史の重要テーマである。東国国家論や権門体制論といった、国家論上の位置づけについて活発な議論がなされるとともに、いわゆる三段階論を基軸に幕府政治史の研究が進められてきた。さらに現在では、治承・寿永の内乱のなかでの鎌倉幕府成立史に注目が集まっている。こうしたなか本例会では、あらためて鎌倉時代を通じた幕府の政治史、権力としての実態を捉え直すことを試みる。当日の報告では儀礼や軍制に焦点をあて、国家論の再検討にもつなげる予定である。多様な視角による分析と当日の討論を通じて、新たな鎌倉幕府像の提示を目指したい。

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。
お問合せは、日本史研究会(075-256-9211)まで。