Skip to content

2011年近現代史サマーセミナーのご案内

2011年近現代史サマーセミナーのご案内 published on

■□ 近現代史サマーセミナーのご案内 □■
日時:2011年9月3日(土)・4日(日)
会場:長崎県長崎市ニューうらかみホテル(〒852-8186長崎市岩川町10-6)

近現代史サマーセミナーとは、大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会・大阪歴史学会近代史部会・日本史研究会近現代史部会の有志による実行委員会が毎年主催する、書評会・研究報告会・フィールドワークを軸とする合宿形式のイベントです。

◎テーマ:「近現代と労働」
◎研究報告(1):安岡 健一氏(大阪大学大学院文学研究科/日本学術振興会特別研究員PD)
◎研究報告(2):佐々木 啓氏(早稲田大学文学学術院助手)
◎書評:三輪 泰史著『日本労働運動史序説―紡績労働者の人間関係と社会意識―』(校倉書房、2009年)
◎フィールドワーク:端島(軍艦島)

【申し込み】6月15日よりメールにて受付開始(先着30名)
【連絡先】サマーセミナー実行委員 板垣 貴志 itagaki◆port.kobe-u.ac.jp

(※◆を@に変換してください)

1990年代以降、新自由主義が猛烈な広がりを見せるなか、人々の生活や生命が脅かされる事態が現出しています。こうした状況に対して、近現代史研究のなかで「生存」や「福祉」といった論点を歴史的に捉えなおそうとする動向が生まれていることについてはご存知かと思います。このような問題関心から、近現代史サマーセミナーにおいても、小松裕氏『「いのち」と帝国日本』書評会(2009年)や、高岡裕之氏の近業をめぐるミニシンポジウム(2010年)を企画してまいりました。
そして昨今の新自由主義の広がりのもと、非正規雇用の増大や、「派遣切り」、ネットカフェ難民などが社会問題化するなかで、対抗としての反貧困運動が社会的に広がりを見せるなど、「労働」をめぐる問題群はきわめて重要な位置を占めています。
こうした状況に鑑みると、人々の「生存」を成り立たせる重要な条件の一つである「労働」の問題を、歴史学の論点として改めて考える必要があるのではないでしょうか。じっさい近年では、「労働」に関する新たな研究動向もあらわれているように思います。如上の点を踏まえて、本年度のサマーセミナーでは、<近現代と労働>というテーマを設定し、労働の問題を近現代史研究として現在どのように捉えなおすことができるのかを、改めて議論したいと思います。

2011年現代史サマーセミナーのお知らせ

2011年現代史サマーセミナーのお知らせ published on

現代史サマーセミナーのお知らせ

研究者の世代交代が進む中(本当に「昭和は遠くなりにけり」を日々実感しています)、若い世代の中で、そもそも戦後歴史学とは何であり、そして、それはどこに向かおうとしているのか、という問題への関心が広がりつつあるように感じられます。そこで、今年のセミナーは、戦後歴史学を文字どおり担われてこられた荒井信一さんをお呼びして、短い報告をしていただき、それに基づき自由にディスカッションをしたり、荒井さんにも「歴史の証言者」として証言をしていただくようなスタイルの企画を考えてみました。どうぞふるってご参加下さい。なお、現代史サマーセミナーは、ここ数年、その運営主体や今後のあり方について、試行錯誤を繰り返しており、昨年は歴博の近現代展示の見学会という形でのセミナーの開催を試みてみました。しかし、現在の段階で、はっきりした方向性が見えてきた訳ではありません。この問題でも、皆様方の忌憚のない御意見をお聞かせ願えれば幸いです。また、もしよろしければ、ご関心ある方々にもご紹介・お誘いいただければ大変ありがたく存じます。 (現代史サマーセミナー事務局長・吉田裕)

1.日時 2011年8月9日(火)~10日(水)
*1日目の研究会は15時に開始します。2日目の解散時間は12時頃を予定しています。

2.場所 佐久一万里温泉 ホテルゴールデンセンチュリー
〒385-0051 長野県 佐久市 中込 3150-1
TEL:0267-63-3355
ホームページ:http://www.ichimanri.co.jp/
3.スケジュール
1日目 報告「昭和史論争と戦後歴史学」 【報告者】荒井信一氏
著書:『戦争責任論』(岩波書店、1995 / 2005年)、『中国歴史と出会う』(草の根出版 
会、2002)、『歴史和解は可能か』(岩波書店、2006年)、『空爆の歴史』(岩波書店、
2008年)ほか多数。

2日目 戦後歴史学、昭和史論争をテーマとした文献の合評会(又は報告)を開催予定
※詳細が決まり次第、現代史サマーセミナー事務局のWebサイト等でお知らせいたし
ます。(http://gendaisiss.seesaa.net/

4.参加費  9千円(1泊2食付、資料代・懇親会費込み)

5.交通   一日目は、JR佐久平駅から送迎バスをご用意しております。14時半にJR佐   久平駅改札前に集合してください。

6.申込・支払方法
参加を希望される方は、2011年7月7日(木)までに以下1)2)の要領でお申し込 
みの手続きを完了させてください。

1)お申し込みは電子メールまたは封書で以下の事項をお知らせください。
  ・お名前(フリガナ)・所属・研究主題(40字以内)
*以上の3事項は、1日目に配布する「参加者一覧」に掲載いたします。
・電子メールアドレス、郵便番号・住所、電話番号・FAX番号
(差し支えない範囲で結構ですが、確認事項がある場合や次回以降の
サマーセミナーのご案内の際に参照させていただきます。)
・部屋の希望(シングルを希望される場合)
・性別(部屋割りのため)
・お車で来場される予定
・ホテルの送迎バスの希望
*申込後に変更する方は早急にお知らせください。

2)期限までに、下記の郵便貯金口座に参加費をお振込ください。
振込手数料は各自負担でお願いします。

■郵便貯金口座
(記号)10000(番号)6856491(名義)吉田 裕〈ヨシダ ユタカ〉
■申込・問い合わせ先
宛先 現代史サマーセミナー事務局(西澤 康)
     電子メールアドレス gendaisiss◆yahoo.co.jp(◆を@に変換してください)
     郵便番号 186-8601
     住所 東京都国立市中2-1 一橋大学大学院社会学研究科吉田裕研究室気付
     ファクシミリ番号 042-580-8907
Webサイト:http://gendaisiss.seesaa.net/
*お問い合わせは、電子メールまたはFAXでお願いします。

2011年中世史サマセミナーの案内

2011年中世史サマセミナーの案内 published on

第49回 中世史サマーセミナーの御案内

中世史サマーセミナーは、大学や、普段活動している学会・研究会の枠を越えて、
全国の若手を中心とする研究者が集まる催しです。参加者一人ひとりが、研究
交流や懇談をつうじて中世史研究をより魅力あるものとして体感できることを
目標としています。
本年度は、滋賀県近江八幡市・米原市を主なフィールドに、シンポジウム・研究会、
および見学会を行います。近江国の中世史研究の最先端を理解していただき、
今後の中世史研究全体の発展に寄与することができればと存じます。

【要項】
日程:2011年8月29日(月)~31日(水)
参加費:20,000円程度(全日程参加の場合)
宿舎:希望ヶ丘ユースホステル http://www.jyh.gr.jp/oumi/index.html
滋賀県野洲市北桜978 県立希望が丘公園内(JR東海道本線「野洲」駅下車、
近江バスにて約10分、「希望ヶ丘西ゲート」下車、バス停より徒歩2分)
募集定員:80名(宿泊定員は60名)
申込期間:5月22日(日)~7月31日(日)
申込方法:下記ホームページを参照

【内容・行程】   
<第1日> 8月29日(月)
●シンポジウム「中世近江の地域社会」(13:00~17:30) 
@希望ヶ丘ユースホステル・ホール
大河内勇介氏(京都大学)「大般若経が語る中世地域社会―近江国の場合―」(仮)
高木叙子氏(安土城考古博物館)「中世近江における一向一揆と村落」(仮)
鍛代敏雄氏(國學院栃木短期大学)「戦国・織豊期の交通問題―近江国の場合―」(仮)
新谷和之氏(大阪市立大学)「戦国期における地域権力化と守護権力―永原氏を中心に―」(仮)
討論コーディネーター;仁木 宏氏(大阪市立大学)

<第2日> 8月30日(火)
●報告会「山寺と城館・城下町―中世近江の歴史的景観を探る―」(9:00~11:20) 
@滋賀県立安土城考古博物館セミナールーム
藤岡英礼氏((財)栗東市文化体育振興事業団)「近江における山寺の空間構造―長命寺を中心に―」(仮)
明日一史氏(東近江市教育委員会)「湖東三山からみた近江の山寺」(仮)
高橋順之氏(米原市教育委員会)「京極氏本拠の景観―上平寺館を中心に―」(仮)
松下浩氏(滋賀県教育委員会)「安土城下町の再検討」(仮)
●古文書見学および展示見学(12:20~13:40) @滋賀県立安土城考古博物館
●見学会(13:40~17:30)
安土城下町、西の湖、長命寺

<第3日> 8月31日(水)
●見学会(9:00~14:00)
百済寺、清滝寺・京極氏墓所、上平寺館・城下町
●オプションツアー(14:00~17:00)
大原観音寺、上坂館、佐和山城下町

【第49回中世史サマーセミナーホームページ】
http://www.yakitori.lit.osaka-cu.ac.jp/cgi-bin/j_his/index.php?ma-summerseminar2011
※詳細はこちらで確認ください。

被災資料保全活動への支援募金のお願い

被災資料保全活動への支援募金のお願い published on

東日本各地では大震災で被災した文化財・歴史資料を救出・保全する様々な取り組みが行われていますが、その活動に必要な資金が不足しています。
歴史資料ネットワーク(史料ネット)からの要請はすでに告知しておりますが、その他諸団体の情報を追加しました。下記諸団体のHPをご参照下さい。

なおこの文化庁文化財レスキュー事業への寄付金・義援金は①文化財救援活動(美術工芸品、記念物(出土品)、有形民俗文化財、建造物等を含む)ならびに②被災文化財の修復助成、に使用されます。使途の限定を希望される場合は、振込用紙の通信欄にその旨ご記入下さい。

東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)に関する情報提供のお願い

東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)に関する情報提供のお願い published on

  私ども歴史資料ネットワークでは、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東北・関東大地震)における文化財の被災状況について、緊急対応体制をとり、情報収集を行っています。3月14日(月)からの平日13時から17時には事務局員が常駐し、史料・民具の救済や保全の相談を受け付けております。指定文化財だけではなく、民間所在の史資料についても、積極的に保全をはかりたいと考えております。
  みなさまにも、東北・関東・長野にコネクションをお持ちの方がおられるかと存じます。もしも、そうしたなかで史料の救済・保全に関してお困りになられている方がおられましたら、当ネットワークにご一報いただければ幸いです。これまでの経験から、お手伝いをさせていただけるかと思います。

歴史資料ネットワーク事務局長 中野 賢治

〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1神戸大学文学部内 歴史資料ネットワーク
電話&FAX:078-803-5565(平日の13時から17時まで)
e-mail: s-net@lit.kobe-u.ac.jp

東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)による被災歴史資料保全活動への支援募金のお願い

東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)による被災歴史資料保全活動への支援募金のお願い published on

去る3月11日の東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)とそれにともなう津波により、岩手・宮城・福島・茨城など多くの地域で甚大な被害が発生しました。不自由な生活を余儀なくされている被災者の皆様にお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

歴史資料ネットワークでは現在、各方面と連絡をとりつつ、被災地の状況の情報収集に努めております。しかしながら、今回の地震の被災の規模は甚大かつ広範囲にわたるものであり、今後、長期にわたる活動が必要とされることが予想されます。

さらに今後、被災地に存在する宮城歴史資料保全ネットワーク、ふくしま歴史資料保存ネットワーク、山形文化財保存ネットワーク、新潟歴史資料救済ネットワーク、千葉県文化財救済ネットワークなどを中心とした歴史資料・文化財の救済・保全活動が開始された際、多くの時間と資金が必要となることも考えられます。

これまでも大規模な災害が起きるとそれを契機に家や蔵、公民館や集会所などに古くから保管されていた歴史資料が盗難にあったり、被災地の混乱の中で売られたり、捨てられたりすることが多く、それにより、家族や地域の大切な記憶が失われてしまうということが起こっています。地域における歴史資料の流出・滅失を防ぐために、各方面と連携をとりつつ、すぐにでも歴史資料救出・保全活動を開始する必要があります。また、被災地の史料(資料)ネットの活動再開に備えて、その活動をバックアップする体制を整えておく必要があります。

皆様には被災した地域の歴史資料の救出・保全活動の必要性について是非ともご理解を賜り、現地の歴史資料保全救済活動を支えるための募金をおよせいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)による被災歴史資料保全活動支援募金

  • (郵便振替)
  • 口座番号:00930-1-53945
  • 加入者名:歴史資料ネットワーク

URL:http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net

 

紙・データでの配布用のPDFファイル(日本史研究会版)を作成いたしました。以下よりダウンロードしてご利用ください。

東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)による被災歴史資料保全活動への支援募金のお願い(PDF版)

奄美豪雨の情報収集へのご協力依頼

奄美豪雨の情報収集へのご協力依頼 published on

私ども歴史資料ネットワークでは、2010年10月20日の奄美豪雨災害における文化財の被災状況について、緊急対応体制をとり、情報収集を行っています。10月28日(木)から11月12日(金)までの平日13時から17時には事務局員が常駐し、史料・民具の救済や保全の相談を受け付けております。指定文化財だけではなく、民間所在の史資料についても、積極的に保全をはかりたいと考えております。

貴会の会員のみなさまにも、奄美にコネクションをお持ちの方がおられるかと存じます。もしも、そうしたなかで史料の救済・保全に関してお困りになられている方がおられましたら、当ネットワークにご一報いただければ幸いです。これまでの経験から、お手伝いをさせていただけるかと思います。

  • 歴史資料ネットワーク事務局長 中野 賢治
  • 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1神戸大学文学部内 歴史資料ネットワーク
  • 電話&FAX:078-803-5565(平日の13時から17時まで)
  • e-mail:s-net@lit.kobe-u.ac.jp

追記 当ネットワークの活動については、ブログにまとめてあります。ご参照ください。
歴史資料ネットワーク ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net

緊急連絡「元気な日本復活特別枠」のパブリックコメントにつきまして

緊急連絡「元気な日本復活特別枠」のパブリックコメントにつきまして published on

日本学術会議より、緊急連絡「元気な日本復活特別枠」のパブリックコメントにつきまして協力の要請がありましたので、本会としてはその趣旨を了解し、協力することと致しました。
ついては、下記をご一読いただき、趣旨にご賛同いただける方はパブリックコメントの送信をして下さいますようお願いいたします。


政府の平成23年度予算概算要求において、標記「元気な日本復活特別枠」が設けられ、この特別枠に対する各府省の要望事業に対する、国民からのパブリックコメントの受付が9月28日(火)から開始されました。締切りは10月19日(火)午後5時までとされています。
今回の特別枠に対する各府省の要望事業には、学術研究や大学教育に関するものなども含まれており、日本の科学者コミュニティを構成する一人一人が、積極的に意見を送ることが重要であると考えます。
パブリックコメントを送信するには、首相官邸の下記ウェブサイトにアクセスして下さい。そして、「分野別」もしくは「府省別」に、関連する要望事業をご確認下さい。「府省別」で要望事業をご確認いただく場合は、さらに「要望事業一覧を見る」をクリックして頂くことにより、御意見を入力することが可能になります。お一人で意見を付すことができる事業の数に制限はありません(ユーザー登録を行い氏名等を入力して頂く等の手続きが必要です)。

官邸ウェブサイト http://seisakucontest.kantei.go.jp/

今回のパブリックコメントが、今後の学術研究や大学教育等に重要な影響を与えることも考えられますので、皆様の積極的な参加をよろしくお願いいたします。

歴史教育シンポジウム 「韓国併合」100年と歴史教育

歴史教育シンポジウム 「韓国併合」100年と歴史教育 published on

 歴史教育シンポジウム開催要領

  • テーマ:「韓国併合」100年と歴史教育
  • 主 催:日本学術会議史学委員会・日本歴史学協会
  • 日 時:2010年10月23日(土) 13時30分~17時30分
  • 会 場:学習院大学 北2号館10階 大会議室
  • 次 第:
  • 開会挨拶  櫻井万里子(日本学術会議会員・東京大学名誉教授)
  • 趣旨説明  木村 茂光(日本学術会議会員・東京学芸大学教授)
  • 司  会   栗田 伸子(東京学芸大学教授)
  • 講  演   姜  徳相(滋賀県立大学教授)
  • 「「韓国併合」前後のメデイア報道」(仮題)
  •    加納 格 (法政大学教授)
  • 「20世紀初頭ロシアの東アジア政策」(仮題)
  •   関原 正裕(埼玉県立川口高校教諭)
  •     「高校日本史における日露戦争~「韓国併合」・植民地支配の教育実践」
  •   閉会挨拶  高埜 利彦(日本歴史学協会委員長・日本学術会議連携会員・学習院大学教授)

日韓知識人共同声明への賛同署名のお願い

日韓知識人共同声明への賛同署名のお願い published on

歴史科学協議会より、別紙「日韓知識人共同声明」への賛同署名収集の要請がありました。
6月末をめどに、日本側で500名の署名を集めたいとのことです。
本会としてはその趣旨を了解し、歴史学研究会、歴史教育者協議会ともども、賛同署名収集に協力することと致しました。
ついては、別紙「共同声明」をご一読いただき、趣旨にご賛同いただける方は日本側発起人もしくは和田春樹氏まで直接ご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。  

2010年6月1日    日本史研究会