Skip to content

古代史部会では、毎月1,2回程度の部会を中心にサブグループ、現地見学会等の活動を行っています。部会は、原則として第1・第3月曜日の午後6時半~9時まで、日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の報告を行った後、質疑・討論をしています。参加者は、京阪神の大学院生・OD・教員が中心です。報告内容は古代史全般にわたり、他部会との合同部会や、考古学をはじめとする隣接諸分野の報告等も随時行っています。これを補うサブグループは、大会共同研究報告の準備やそれに関連した学習会・書評会の場となっています。こうした幅広い学問交流のなかから、日本古代史研究の現状と課題を把握していきたいと考えています。部会活動は、どなたでも参加できます。より充実した研究活動・交流の場にしたいと考えておりますので、積極的にご参加下さい。報告の希望も随時受け付けておりますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

ご案内
部会案内がご入り用の方は、年額1200円(メールの場合は500円)を研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替(01010-0-24636 日本史研究会古代史部会)をご利用ください。
また、部会案内についてのお問い合わせ、その他ご意見等はancient@nihonshiken.jpまでお願いいたします。

古代史部会活動方針
古代史研究の現状と課題を踏まえ、新たな指針を打ち出すべく議論を重ねる。そのために定期的な部会活動のみならず、研究動向の把握のための企画立案等、部会運営の方法の見直しを随時行う。
他の時代や考古学・国文学・美術史学など隣接諸分野の研究成果を摂取しつつ、実証的な古代史研究の構築に努める。
定例の部会活動に関しては、恒常的な参加者の確保に努め、若手研究者の積極的参加・発言を促す。大会共同研究報告については、業績検討会・準備報告会などを設け、その報告内容を綿密に議論し、その成果が報告に反映されるよう努める。
部会活動の成果が速やかに会誌に反映されるよう努める。
文化財保存問題については、総務委員会・他部会・他団体と連携するとともに、部会内部での情報共有に努め、現地見学会の実施や部会活動への反映に積極的に取り組む。
他部会・他学会との連携・交流を積極的に行い、継続的な企画となるよう努める。
上記の目的を達成するため、運営委員会を定期的に開催するとともに、その体制を強化し、部会員の主体的な参加による活発かつ円滑な部会運営を図る。

◎部会費未納入の方は下記口座までお振り込み下さい。
01010-0-24636 日本史研究会古代史部会
年会費は1200円(メール会員500円)です。滞納のある方には、3月のアンケート送付時にお知らせいたします。

2019年12月3日(火)古代史部会

2019年12月3日(火)古代史部会 published on

12月3日(火)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室

 報告者:網 伸也

「考古学からみた古代庭園空間の変遷―四天王寺亀井堂石造物調査をうけて―」

〈参考文献〉網伸也「初期庭園史からみた亀井堂亀形石槽」『四天王寺亀井堂石造物調査報告書』和宗総本山四天王寺、2019年

相原嘉之「飛鳥の古代庭園―苑池空間の構造と性格―」『古代庭園の思想―神仙思想への憧憬』角川書店、2002年

*通常の部会開催曜日と異なりますのでご注意ください。

*終了後に忘年会を開催いたします。ぜひご参加ください。

2019年10月22日(月)古代史部会【大会個別報告代替報告】

2019年10月22日(月)古代史部会【大会個別報告代替報告】 published on

10月22日(火)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室

◆大会個別報告代替報告◆

報告者:小倉慈司氏「皮革生産賤視観の発生」

※古代史部会にて個別報告(古代)の代替報告をおこないます

※通常の部会と日時が異なりますのでご注意ください

2019年10月12日(土)古代史部会大会懇親会

2019年10月12日(土)古代史部会大会懇親会 published on

2019年10月12日(土)古代史部会大会懇親会

大会1日目の終了後に、古代史部会の懇親会を下記のとおり開催いたします。
予約不要でどなたでもご参加いただけます。皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

日時:10 月12 日(土) 18:30 ~
場所:京の漁師めし海鮮居酒屋 展望閣 京都駅前店←クリックするとグルナビに遷移します
京都府京都市下京区七条烏丸東入真苧屋町197 ブーゲガルニビル5F
会費:学生 3000 円/一般5000 円
*学振研究員は一般

大会会場からの行き方
○徒歩で東に15 分
○市バスで「七条大宮・水族館前」のバス停から京都駅へ
 京都駅から北へ徒歩5 分

2019年9月23日(月)【大会共同研究報告準備会】

2019年9月23日(月)【大会共同研究報告準備会】 published on

9月23日(月・祝)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室
◆第3回大会共同研究報告準備会◆
報告者:堀井佳代子氏「文書からみた10世紀外交姿勢の位置」

〈参考文献〉
渡邊誠「平安貴族の対外意識と異国牒状問題」(『歴史学研究』823、2007年)
田島公「外交と儀礼」(『日本の古代』7 中央公論社、1986年)

 

 

2019年9月15日(日)古代史部会【大会共同研究報告援助報告会】

2019年9月15日(日)古代史部会【大会共同研究報告援助報告会】 published on

9月15日(日)14:00 機関紙会館2階会議室
◆大会共同研究報告援助報告会◆
報告者:

石上英一氏 「日本古代10世紀外交史を学び直す」

〈参考文献〉
石上英一「日本古代10世紀の外交」(『東アジア世界における日本古代史講座』7 学生社、1982年)
石井正敏「十世紀の国際変動と日宋貿易」(『石井正敏著作集』3 勉誠出版、2017年、初出1992年)

山崎覚士氏「宋代外交文書における牒式文書」
〈参考文献〉
赤木崇敏「唐代官文書体系とその変遷」(平田茂樹・遠藤隆俊編『外交史料から十~十四世紀を探る』汲古書院、2013年)
平田茂樹「文書を通してみた宋代政治―「関」、「牒」、「諮報」の世界―」(『宋代政治構造研究』汲古書院、2012年)
※通常の部会と日時が異なりますのでご注意ください

 

2019年7月29日(月)古代史部会【大会個別報告準備会】

2019年7月29日(月)古代史部会【大会個別報告準備会】 published on

 

7月29日(月)19:00~21:30 機関紙会館2階会議室◆大会個別報告準備会
報告者:小倉 慈司氏「皮革生産賤視観の発生」
〈参考文献〉
山﨑健「馬の貢進・貝の貢進」(『条里制・古代都市研究』33,2018年)
寺木伸明「前近代における屠畜と皮革」(『近世被差別民衆史の研究』阿吽社,2014年)
森明彦「古代の被差別民」(「大阪の部落史」編纂委員会編・発行『新修 大阪の部落史』上,1995年)
*通常の部会と開始時刻が異なりますのでご注意ください。

2019年7月8日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】

2019年7月8日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】 published on

7月8日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室
大会共同研究報告第2回準備会
報告者:堀井 佳代子氏「外交文書と対外姿勢-牒式文書を中心に-(仮)」
〈参考文献〉
渡邊誠「平安貴族の対外意識と異国牒状問題 」(『歴史学研究』823、2007年)
田島公「外交と儀礼」(『日本の古代』7 中央公論社、1986年)

2019年6月24日(月)古代史部会

2019年6月24日(月)古代史部会 published on

6月24日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室
報告者:牧野 千里氏「随身賜与からみる摂関権力の展開」
〈参考文献〉
竹内チズ子「随身について」(『九州史学』4、1957年)
吉川真司「摂関政治の転成」(同『律令官僚制の研究』塙書房、1998年、初出1995年)

2019年6月16日(日)古代史部会

2019年6月16日(日)古代史部会 published on

◆ 続日本紀研究会・日本史研究会古代史部会合同卒業論文大報告会◆
2019年6月16日(日曜日)10:00 ~ 17:00 (9:45より開場しております)
会場:大阪歴史博物館4階 第1研修室(大阪市中央区大手前4丁目1-32)
(地下鉄中央線・谷町線「谷町四丁目」)
*通常の部会と日時が異なります。ご注意ください。
報告者(報告順)
① 蟹江 友和氏(大阪市立大学大学院)「日本古代における郡司の任用基準―天平七年制の考察を中心に―」
〈参考文献〉
米田雄介『郡司の研究』(法政大学出版局、1976年)
磐下徹『日本古代の郡司と天皇』(吉川弘文館、2016年)

② 河井 瞳子氏(神戸大学大学院)「八世紀における東大寺の荘園経営と地域社会」
〈参考文献〉
栄原永遠男「古代荘図の作成と機能」(金田章裕ほか編『日本古代荘園図』東京大学出版会、1996年)
岸俊男「越前国東大寺領庄園の経営」(『日本古代政治史研究』塙書房、1966年、初出1952年)

③ 向井 健悟氏(大阪大学大学院)「「御食つ国」と贄」
〈参考文献〉
俣野好治「木簡にみる八世紀の贄と調」(『律令財政と荷札木簡』同成社、2017年、初出1999年)
舘野和己「「御食つ国」の再検討と荷札木簡」(『萬葉集研究』第38集、塙書房、2019年)

④ 鮎川 礼氏(立命館大学大学院)「養老年間の公出挙の考察―養老四年・六年太政官奏を中心に―」
〈参考文献〉
田名網宏「出挙制の社会史的意義」(『社会経済史学』第3巻第11号、社会経済史学会、1934年)
村尾次郎「奥羽開拓を通じて見た土地拡大政策の推進」(『律令財政史の研究』吉川弘文館、2003年)

⑤ 越前屋 舜氏(京都大学大学院)「八世紀前期における親王の政治参加」
〈参考文献〉
虎尾達哉「律令国家と皇親」(『律令官人社会の研究』塙書房、2006年、初出1988年)

⑥ 檀上 遼氏(京都女子大学大学院)「同乗から見る後期摂関権力の確立」
〈参考文献〉
東海林亜矢子「摂関期の后母―源倫子を中心に―」(服藤早苗編『平安朝の女性と政治文化』明石書店、2017年)
京樂真帆子『牛車で行こう!』(吉川弘文館、2017年)

⑦ 福井 文博氏(京都大学大学院)「比較史の観点からみた日本古代学制の特質」
〈参考文献〉
桃裕行『上代学制の研究(修訂版)』(思文閣出版、1994年)
濱田耕策「新羅の国学運営と学令」(『年報 朝鮮学』第15号、2012年)