Skip to content

古代史部会では、毎月1,2回程度の部会を中心にサブグループ、現地見学会等の活動を行っています。部会は、原則として第1・第3月曜日の午後6時半~9時まで、日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の報告を行った後、質疑・討論をしています。参加者は、京阪神の大学院生・OD・教員が中心です。報告内容は古代史全般にわたり、他部会との合同部会や、考古学をはじめとする隣接諸分野の報告等も随時行っています。これを補うサブグループは、大会共同研究報告の準備やそれに関連した学習会・書評会の場となっています。こうした幅広い学問交流のなかから、日本古代史研究の現状と課題を把握していきたいと考えています。部会活動は、どなたでも参加できます。より充実した研究活動・交流の場にしたいと考えておりますので、積極的にご参加下さい。報告の希望も随時受け付けておりますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さい。
ご案内
部会案内がご入り用の方は、年額1000円(メールの場合は400円)を研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替(01010-0-24636 日本史研究会古代史部会)をご利用ください。
また、部会案内についてのお問い合わせ、その他ご意見等はancient@nihonshiken.jpまでお願いいたします。
古代史部会活動方針

古代史研究の現状と課題を踏まえ、新たな指針を打ち出すべく議論を重ねる。そのために定期的な部会活動のみならず、研究動向の把握のための企画立案等、部会運営の方法の見直しを随時行う。
他の時代や考古学・国文学・美術史学など隣接諸分野の研究成果を摂取しつつ、実証的な古代史研究の構築に努める。
定例の部会活動に関しては、恒常的な参加者の確保に努め、若手研究者の積極的参加・発言を促す。大会共同研究報告については、業績検討会・準備報告会などを設け、その報告内容を綿密に議論し、その成果が報告に反映されるよう努める。
部会活動の成果が速やかに会誌に反映されるよう努める。
文化財保存問題については、総務委員会・他部会・他団体と連携するとともに、部会内部での情報共有に努め、現地見学会の実施や部会活動への反映に積極的に取り組む。
他部会・他学会との連携・交流を積極的に行い、継続的な企画となるよう努める。
上記の目的を達成するため、運営委員会を定期的に開催するとともに、その体制を強化し、部会員の主体的な参加による活発かつ円滑な部会運営を図る。

◎部会費未納入の方は下記口座までお振り込み下さい。
01010-0-24636 日本史研究会古代史部会
年会費は1000円(メール会員400円)です。滞納のある方には、3月のアンケート送付時にお知らせいたします。

【重要】2017年4月3日古代史部会日程変更のご案内

【重要】2017年4月3日古代史部会日程変更のご案内 published on

4月3日(月)に予定されておりました葛継勇氏の報告は、氏の都合により下記の日程に変更させていただきくとととなりました。

4月17日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

直前の変更となりご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご海容頂きますようお願い申し上げます。

2017年4月8日(土)の古代史部会

2017年4月8日(土)の古代史部会 published on

◆関東・名古屋・関西交流会◆

4月8日(土)14:00~17:00 東洋大学白山キャンバス6号館2階6217教室

手嶋大侑氏「九世紀の庄園と専当国司―院宮王臣家領を中心に―」

上村正裕氏「日本古代官僚制の発展過程―遣使・臨時官司を手がかりに―」(仮)

黒羽亮太氏「日本古代の市と市人」

※通常と会場・日時等が異なりますのでご注意ください。

2017年4月3日(月)古代史部会

2017年4月3日(月)古代史部会 published on

4月3日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

葛継勇氏「円仁の求法巡礼を支える唐人・唐僧――仏教信仰のネットワーク」

参考文献:

小野勝年『入唐求法巡礼行記の研究』第3・4巻(法蔵館)

(中国語)郭紹林『唐代士大夫与仏教』(三秦出版社、2006年)

2017年3月12日(日)古代史部会

2017年3月12日(日)古代史部会 published on

◆大会共同研究報告者業績検討会◆

3月12日(日)17:00~19:30 機関紙会館2階会議室 ※通常の開催日時と異なりますのでご注意ください。

安東峻氏:対象論文「大宝律令の制定と「蕃」「夷」」(『史学雑誌』122(12)、2015年)

小塩慶氏:対象論文「律令継受の時代性―辺境防衛体制からみた―」(大津透編『律令制研究入門』名著刊行会、2011年)」

*当日は、大会報告者の大高広和氏も参加されます。

2017年3月13日古代史部会

2017年3月13日古代史部会 published on

3月13日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

相澤秀太郎氏「阿倍比羅夫の北方遠征と粛慎―国際情勢から見た北方遠征の目的をめぐって―」

参考文献:

熊谷公男「阿倍比羅夫北征記事の基礎的考察」(高橋富雄編『東北古代史の研究』、吉川弘文館、1986年)

若月義小「アシハセ・粛慎考」(『弘前大学国史研究』第107号、1999年)

 

2017年2月13日古代史部会

2017年2月13日古代史部会 published on

2月13日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

金玄耿氏 「越後城氏再考 ―その歴史的意義について―」

参考文献:

松井茂「越後平氏と城助永」羽下徳彦編『中世の地域社会と交流』吉川弘文館、1994年

高橋一樹「城氏の権力構造と越後・南奥羽」柳原敏昭・飯村均編『御館の時代―十二世紀の越後・会津・奥羽―』高志書院、2007年

2017年3月12日古代史部会

2017年3月12日古代史部会 published on

◆大会共同研究報告者業績検討会◆

3月12日(日)17:00~19:30 機関紙会館2階会議室 ※通常の開催日時と異なりますのでご注意ください。

安東峻氏:対象論文「大宝律令の制定と「蕃」「夷」」(『史学雑誌』122(12)、2015年)

小塩慶氏:対象論文「律令継受の時代性―辺境防衛体制からみた―」(大津透編『律令制研究入門』名著刊行会、2011年)」

*当日は、大会報告者の大高広和氏も参加されます。

2017年1月23日古代史部会

2017年1月23日古代史部会 published on

1月23日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

倉本一宏氏「戦争の古代史」

 参考文献

倉本一宏『壬申の乱』吉川弘文館、2007年
倉本一宏「天智朝末年の国際関係」『日本古代国家成立期の政権構造』吉川弘文館、1996年
 

 

2017年1月30日古代史部会

2017年1月30日古代史部会 published on

1月30日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

毛利憲一氏「畿内制の再検討」

参考文献

関晃「畿内制の成立」『関晃著作集』第2巻、吉川弘文館、1996年
西本昌弘「畿内制の基礎的考察」『日本古代儀礼成立史の研究』塙書房、1997年

 

2016年12月2日古代史部会

2016年12月2日古代史部会 published on

12月2日(金)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

森公章氏「平安中・後期の対外関係と対外政策―「遣唐使」以後を考える―」

 参考文献

森公章「平安中・後期の対外関係とその展開過程」(『東洋大学文学部紀要』史学科篇41、2016)

森公章「朱仁聰と周文裔・周良史―来日宋商人の様態と藤原道長の対外政策―」(『東洋大学文学部紀要』史学科篇40、2016)

 

*通常の開催曜日と異なりますのでご注意ください。

*部会終了後に忘年会を行ないます。ふるってご参加ください。