Skip to content

古代史部会では、毎月1,2回程度の部会を中心にサブグループ、現地見学会等の活動を行っています。部会は、原則として第1・第3月曜日の午後6時半~9時まで、日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の報告を行った後、質疑・討論をしています。参加者は、京阪神の大学院生・OD・教員が中心です。報告内容は古代史全般にわたり、他部会との合同部会や、考古学をはじめとする隣接諸分野の報告等も随時行っています。これを補うサブグループは、大会共同研究報告の準備やそれに関連した学習会・書評会の場となっています。こうした幅広い学問交流のなかから、日本古代史研究の現状と課題を把握していきたいと考えています。部会活動は、どなたでも参加できます。より充実した研究活動・交流の場にしたいと考えておりますので、積極的にご参加下さい。報告の希望も随時受け付けておりますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さい。
ご案内
部会案内がご入り用の方は、年額1000円(メールの場合は400円)を研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替(01010-0-24636 日本史研究会古代史部会)をご利用ください。
また、部会案内についてのお問い合わせ、その他ご意見等はancient@nihonshiken.jpまでお願いいたします。
古代史部会活動方針

古代史研究の現状と課題を踏まえ、新たな指針を打ち出すべく議論を重ねる。そのために定期的な部会活動のみならず、研究動向の把握のための企画立案等、部会運営の方法の見直しを随時行う。
他の時代や考古学・国文学・美術史学など隣接諸分野の研究成果を摂取しつつ、実証的な古代史研究の構築に努める。
定例の部会活動に関しては、恒常的な参加者の確保に努め、若手研究者の積極的参加・発言を促す。大会共同研究報告については、業績検討会・準備報告会などを設け、その報告内容を綿密に議論し、その成果が報告に反映されるよう努める。
部会活動の成果が速やかに会誌に反映されるよう努める。
文化財保存問題については、総務委員会・他部会・他団体と連携するとともに、部会内部での情報共有に努め、現地見学会の実施や部会活動への反映に積極的に取り組む。
他部会・他学会との連携・交流を積極的に行い、継続的な企画となるよう努める。
上記の目的を達成するため、運営委員会を定期的に開催するとともに、その体制を強化し、部会員の主体的な参加による活発かつ円滑な部会運営を図る。

◎部会費未納入の方は下記口座までお振り込み下さい。
01010-0-24636 日本史研究会古代史部会
年会費は1000円(メール会員400円)です。滞納のある方には、3月のアンケート送付時にお知らせいたします。

2017年12月11日古代史部会

2017年12月11日古代史部会 published on

12月11日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階大会議室

 

報告者:小澤 毅氏(三重大学)

   「飛鳥の巨大古墳の被葬者-小山田古墳は舒明初葬陵か-」

 

参考文献:小澤 毅「飛鳥の都と古墳の終末」(『岩波講座日本歴史 古代2』岩波書店、2014年)

       小澤 毅「三道の設定と五条野丸山古墳」

        (奈良文化財研究所編『文化財論叢Ⅲ』奈良文化財研究所、2002年)

 

※終了後に忘年会を開催いたします。奮ってご参加ください。

2017年12月1日古代史部会

2017年12月1日古代史部会 published on

2017年12月1日(金)18:30~21:00 機関紙会館2階大会議室

2017年度大会共同研究報告反省会

報告者:梁曉弈

※大会共同研究報告者の大高広和氏も参加されます。

 通常の部会開催曜日と異なりますのでご注意ください

 

2017年12月例会

2017年12月例会 published on

「国風文化」を考える

 

報告:榎本 淳一氏(大正大学) 「「国風文化」における漢と鄙」

   藤原 克己氏(東京大学) 「国風文化の形成と成熟」

コメント:西本 昌弘氏(関西大学)

 

日時:2017年12月23日(土)午後1時~午後5時

場所:京都大学本部構内 文学部新館2階第3講義室

本部構内マップ( http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/ )

のうち8番の建物

 

 いわゆる「国風文化」と呼ばれる、10世紀から11世紀特有の文化については、これまで日本史学・国文学・美術史学など幅広い学問領域から研究が重ねられ、成果が蓄積されてきた。しかし、「国風文化」という存在に対して与える定義や概念の有効性など、その評価に関してはいまだに意見の一致をみておらず、文化の豊かな実態が明らかにされる一方で総体的な理解が難しくなっている。

 本例会では、日本史学の分野から榎本淳一氏、国文学の分野から藤原克己氏の二名を招き、併せて西本昌弘氏のコメントを頂く。「国風文化」研究を牽引してきた研究者たちによる最新の見解を聞き議論することで、理解の深化をはかりたい。

 

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。

お問い合わせは日本史研究会(075‐256-9211)まで

2017年11月20日(月)の古代史部会

2017年11月20日(月)の古代史部会 published on

11月20日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室

岡島陽子氏「古代における女官の「與男官共預知」の実態について」

参考文献

文珠正子「令制宮人の一特質について―「與男官共預知」の宮人たち―」(『阡陵 関西大学博物館学課程創設三十周年記念特集』関西大学考古学等資料室、1992年)

吉川真司「律令国家の女官」(『律令官僚制の研究』塙書房、1998年)

2017年10月7日(土)古代史部会大会懇親会

2017年10月7日(土)古代史部会大会懇親会 published on

大会1日目の終了後に、古代史部会の懇親会を下記のとおり開催しますので、ご案内申し上げます。
予約不要でどなたでもご参加いただけます。皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

古代史部会懇親会

とき:10月7日(土)18:30~

ところ:京ほのか 四条烏丸店 ←クリックすると食べログに遷移します

(京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町600 Briseビル2・3F)

阪急京都線 烏丸駅 徒歩2分
地下鉄烏丸線 四条駅 徒歩3分

※当日、大会会場にて、ご案内のビラをお配りいたします。

2017年7月30日(日)の古代史部会

2017年7月30日(日)の古代史部会 published on

★第2回大会共同研究報告準備会★

7月30日(日)14:00~17:00 機関紙会館2階会議室

※通常と開催日時が異なりますのでご注意ください。

大高広和氏「古代日本における中華意識の展開」

〈参考文献〉
伊藤循「終章 古代天皇制と辺境」『古代天皇制と辺境』同成社、2016年
田中史生「律令国家と「蕃俗」」『日本古代国家の民族支配と渡来人』校倉書房、1997年

2017年7月3日の古代史部会

2017年7月3日の古代史部会 published on

7月3日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室

★古代史サマーセミナー準備報告★

堀 祐輔氏「古代課試制度の再検討(仮)」

参考文献:桃裕行「平安時代後期の学制の衰頽と家学の発生」(『上代学制の研究〔修訂版〕
』(桃裕行著作集第一巻)、思文閣出版、一九九四年、初出一九四七年)
久木幸男「一〇世紀の大学寮と延喜式」(『日本古代学校の研究』玉川大学出版部、一九九〇年)

第45回古代史サマーセミナー(飛騨)ご案内

第45回古代史サマーセミナー(飛騨)ご案内 published on

【日程】2017年8月4日(金)~6日(日)
【場所】岐阜県飛騨市古川町 飛騨市文化交流センター(飛騨古川駅 徒歩3分)
【宿泊】飛騨ともえホテル(飛騨古川駅前)

【スケジュール】
8月4日(金)13:40 集合 
全体会 「飛騨地域の古代」 三好清超(飛騨市教育委員会)・早川万年(岐阜大学)

                  北村安裕(岐阜聖徳学園大学)・鈴木景二(富山大学)

8月5日(土) 個別研究報告予定者 2分科会 
       *報告者名50音順。発表順ではありません。
浅野 咲(立命館大学博士後期)「藤原氏の成立と台頭」
伊藤あすか(神戸大学博士後期) 「古代瀬戸内海沿岸における地域間交流の動態」
佐藤真海(東北大学博士後期) 「平安期における仏教政策と寺院社会(仮)」
里舘翔大(明治大学博士後期) 「御野国戸籍にみえる寄人の性格と編成要因」
芝田早希(名古屋大学博士後期)「奏宣者から見た古代日本の儀式・政務(仮)」
古田一史(東京大学博士前期) 「兵部省・兵庫寮と器仗管理(仮)」
堀 祐輔(同志社大学博士後期)「古代課試制度の再検討(仮)」
 *終了後、飛騨市内出土遺物見学と飛騨古川町の古代関係地点散策。

8月6日(日) バスによる見学会 古代以外の文化財も含む

大洞平古墳・信包八幡神社跡古墳・杉崎廃寺・寿楽寺廃寺・安国寺・こう峠口古墳・

広瀬古墳・千光寺・風土記の丘学習センター・赤保木瓦窯跡(国分寺瓦の窯)・

飛騨国分寺尼寺跡・飛騨国分寺など予定。

16:00 飛騨国分寺で解散予定。高山駅まで徒歩5分。

【費用】22,000円程度(※全日程参加の場合)
【申込方法】
①氏名(漢字・ふりがな)・性別・年齢 ②所属 ③住所・電話番号・メールアドレス ④喫煙の有無 ⑤全日程・部分参加の別。

 ※部分参加の方は、宿泊の要不要(4・5日)、現地見学会(6日)の参加不参加もお書きください。以上①から⑤をメールに   て下記まで。お葉書でも可。
 ※受入数の上限(55名)に達した場合、期限前に申込を締め切る場合があります。

参加申し込み締め切り 7月3日(月) 
kodaihida@yahoo.co.jp 件名に「サマーセミナー申し込み」と明記してください。

事務局;〒930-8555 富山県富山市五福3190 富山大学人文学部 鈴木景二研究室
    電話 076-445-6158 (直通)  FAX 076-445-6141 (学部共用)
    kjsuzuki@hmt.u-toyama.ac.jp

2017年6月26日(月)の古代史部会

2017年6月26日(月)の古代史部会 published on

6月26日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室

★古代史サマーセミナー準備報告★

浅野咲氏「藤原氏の成立と台頭」

参考文献:東野治之「藤原不比等伝再考」(『史料学探訪』岩波書店、2015年、初出は2010年)

     吉川真司「藤原氏の創始と発展」(『律令官僚制の研究』塙書房、1998年、初出は1995年)