Skip to content

古代史部会では、毎月1,2回程度の部会を中心にサブグループ、現地見学会等の活動を行っています。部会は、原則として第1・第3月曜日の午後6時半~9時まで、日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の報告を行った後、質疑・討論をしています。参加者は、京阪神の大学院生・OD・教員が中心です。報告内容は古代史全般にわたり、他部会との合同部会や、考古学をはじめとする隣接諸分野の報告等も随時行っています。これを補うサブグループは、大会共同研究報告の準備やそれに関連した学習会・書評会の場となっています。こうした幅広い学問交流のなかから、日本古代史研究の現状と課題を把握していきたいと考えています。部会活動は、どなたでも参加できます。より充実した研究活動・交流の場にしたいと考えておりますので、積極的にご参加下さい。報告の希望も随時受け付けておりますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

ご案内
部会案内がご入り用の方は、年額1200円(メールの場合は500円)を研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替(01010-0-24636 日本史研究会古代史部会)をご利用ください。
また、部会案内についてのお問い合わせ、その他ご意見等はancient@nihonshiken.jpまでお願いいたします。

古代史部会活動方針
古代史研究の現状と課題を踏まえ、新たな指針を打ち出すべく議論を重ねる。そのために定期的な部会活動のみならず、研究動向の把握のための企画立案等、部会運営の方法の見直しを随時行う。
他の時代や考古学・国文学・美術史学など隣接諸分野の研究成果を摂取しつつ、実証的な古代史研究の構築に努める。
定例の部会活動に関しては、恒常的な参加者の確保に努め、若手研究者の積極的参加・発言を促す。大会共同研究報告については、業績検討会・準備報告会などを設け、その報告内容を綿密に議論し、その成果が報告に反映されるよう努める。
部会活動の成果が速やかに会誌に反映されるよう努める。
文化財保存問題については、総務委員会・他部会・他団体と連携するとともに、部会内部での情報共有に努め、現地見学会の実施や部会活動への反映に積極的に取り組む。
他部会・他学会との連携・交流を積極的に行い、継続的な企画となるよう努める。
上記の目的を達成するため、運営委員会を定期的に開催するとともに、その体制を強化し、部会員の主体的な参加による活発かつ円滑な部会運営を図る。

◎部会費未納入の方は下記口座までお振り込み下さい。
01010-0-24636 日本史研究会古代史部会
年会費は1200円(メール会員500円)です。滞納のある方には、3月のアンケート送付時にお知らせいたします。

2010年7月古代史部会

2010年7月古代史部会 published on

7月5日(月)  18:30 ~ 21:00 機関紙会館3階
本庄総子氏「志摩国輸庸帳をめぐる一試論」

(参考文献)
北條秀樹「文書行政より見たる国司受領化」
(同『日本古代国家の地方支配』、吉川弘文館、2000年、初出1975年)

○大会共同研究報告第二回準備会
7月19日(月)  18:00 ~21:00 機関紙会館3階
加藤麻子氏「律令文書行政の構築とその理念(仮)」

(参考文献)
川尻秋生「日本古代における合議制の特質」(『歴史学研究』763号、2002年)
所功「意見封進制度の成立」(『皇学館論叢』1巻1号、1968年)

2010年6月古代史部会

2010年6月古代史部会 published on

【部会】
6月6日(日)  10:00 ~ 17:00 ウイングス京都セミナー室B
○卒業論文大報告会

土屋義弘氏(立命館大)
「律令国家における田租の意義―8世紀の免租からみた田租―」

佐藤早紀子氏(京都大)
「摂関期を中心にみる、雑袍勅許の性質と成立について」

齋藤美悠紀氏(奈良大)
「日本古代における贄について」

内田敦士氏(大阪大)
「景雲一切経の写経・勘経事業と称徳・道鏡政権」

前澤正之氏(神戸大)
「律令制祭祀における八十島祭の位置づけ」

会場アクセス
http://www.wings-kyoto.jp/01wings/03access.html

大会共同研究報告第一回準備会

大会共同研究報告第一回準備会 published on

日時 5月17日(月)  18:30 ~ 21:00

場所 機関紙会館3階

報告者 加藤麻子氏

報告 「律令文書行政の構築とその理念」(仮)

参考文献 吉川真司「律令太政官制と合議制」・「上宣制の成立」(『律令官僚制の研究』1998年、塙 書房)

2010年5月部会(古代史)

2010年5月部会(古代史) published on
日時 5月8日(土)  14:00 ~ 17:00
場所 機関紙会館3階
報告者 服部一隆氏(明治大学)
報告 「天聖令研究の現状と大宝令復原研究」
参考文献
  • 大津透「北宋天聖令の公刊とその意義」(『東方学』114、2007年)
  • 服部一隆「日唐田令の比較と大宝令」(『文学研究論集』18、2003年)