Skip to content

古代史部会では、毎月1,2回程度の部会を中心にサブグループ、現地見学会等の活動を行っています。部会は、原則として第1・第3月曜日の午後6時半~9時まで、日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の報告を行った後、質疑・討論をしています。参加者は、京阪神の大学院生・OD・教員が中心です。報告内容は古代史全般にわたり、他部会との合同部会や、考古学をはじめとする隣接諸分野の報告等も随時行っています。これを補うサブグループは、大会共同研究報告の準備やそれに関連した学習会・書評会の場となっています。こうした幅広い学問交流のなかから、日本古代史研究の現状と課題を把握していきたいと考えています。部会活動は、どなたでも参加できます。より充実した研究活動・交流の場にしたいと考えておりますので、積極的にご参加下さい。報告の希望も随時受け付けておりますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

ご案内
部会案内がご入り用の方は、年額1200円(メールの場合は500円)を研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替(01010-0-24636 日本史研究会古代史部会)をご利用ください。
また、部会案内についてのお問い合わせ、その他ご意見等はancient@nihonshiken.jpまでお願いいたします。

古代史部会活動方針
古代史研究の現状と課題を踏まえ、新たな指針を打ち出すべく議論を重ねる。そのために定期的な部会活動のみならず、研究動向の把握のための企画立案等、部会運営の方法の見直しを随時行う。
他の時代や考古学・国文学・美術史学など隣接諸分野の研究成果を摂取しつつ、実証的な古代史研究の構築に努める。
定例の部会活動に関しては、恒常的な参加者の確保に努め、若手研究者の積極的参加・発言を促す。大会共同研究報告については、業績検討会・準備報告会などを設け、その報告内容を綿密に議論し、その成果が報告に反映されるよう努める。
部会活動の成果が速やかに会誌に反映されるよう努める。
文化財保存問題については、総務委員会・他部会・他団体と連携するとともに、部会内部での情報共有に努め、現地見学会の実施や部会活動への反映に積極的に取り組む。
他部会・他学会との連携・交流を積極的に行い、継続的な企画となるよう努める。
上記の目的を達成するため、運営委員会を定期的に開催するとともに、その体制を強化し、部会員の主体的な参加による活発かつ円滑な部会運営を図る。

◎部会費未納入の方は下記口座までお振り込み下さい。
01010-0-24636 日本史研究会古代史部会
年会費は1200円(メール会員500円)です。滞納のある方には、3月のアンケート送付時にお知らせいたします。

2010年9月19日古代史部会

2010年9月19日古代史部会 published on

大会共同研究報告援助報告会

 9月19日(日)16:00 ~ 19:00 機関紙会館3階

松本保宣氏「唐代前半期の聴政」(仮)

 

【参考文献】
松本保宣『唐王朝の宮城と御前会議―唐代聴政制度の展開』 (晃陽書房、2006年)
松本保宣「唐代前半期の常朝―太極宮を中心として―」
(『東洋史研究』65-2号、2006年)
※通常の部会と時間が異なります。ご注意下さい。

2005年古代史部会の情報

2005年古代史部会の情報 published on
部会
日時 12月12日(月) 18:30〜21:00
場所 ハートピア京都 3階第3会議室(※地下鉄「丸太町駅」下車 5番出口上がる。)
論題 「難波からの北上路」
報告者 上遠野浩一氏
参考文献 足利健亮『日本古代地理研究』(大明堂、1985年)
  いつもと会場が異なりますので、ご注意下さい。
  ※本年最後の部会報告となりますので、終了後にささやかですが忘年会を行う予定です。万障お繰り合わせの上、ぜひご参集下さいますようお願いいたします。
部会
日時 11月26日(土) 14:00〜17:00
場所 機関紙会館5階
論題 北朝鮮の高句麗古墳踏査旅行
報告者 田中聡氏(立命館大学)
高橋潔氏(京都市埋蔵文化財研究所)
  ※当日は映像資料(写真・動画)を使用。また朝鮮での見聞などもお話しいただく予定です。
サブグループ
日時 11月14日(月)18:30〜20:30    
場所 機関紙会館3階
報告者 額田政男氏
論題 「養老令刪定の意義―戸令集解の分析を通じて―」
参考文献 坂上康俊「律令国家の法と社会」(『日本史講座』第2巻)
2005年度大会共同研究報告反省会
場所 機関紙会館3階
日時 10月24日(月) 18:30〜21:00
報告者 岩下明正氏・中川佳律氏
2005年度卒業論文大報告会
場所 大阪市立弁天町市民学習センター
日時 6月 5日(日)  9:30〜17:00
報告者と
論題
飯田将吾氏「古代の薬師信仰―律令国家仏教における信仰―」
川瀬晴夫氏「奈良時代初期貨幣政策の再評価―蓄銭叙位法をめぐる問題を中心に―」
楠 誓英氏「私寺と別立道場の禁―行基建立の院(寺)を中心に―」
宮武 聡氏「古代近江国坂田郡についての諸考察」
山口夏子氏「『年中行事絵巻』に見える行事―描かれた宴―」
渡部陽子氏「古代の『宮』について」
※続日本紀研究会との合同部会です。

第2回『日本史講座』論文評会
場所 機関紙会館3階
日時 6月19日(日)  13:30〜17:30
報告者と論題 笹川尚紀氏「論文評 舘野和己「ヤマト王権の列島支配」(第1巻)」
北 康宏氏「論文評 吉川真司「律令体制の形成」(第1巻)」
  ※著者の舘野氏・吉川氏も出席されます。

2005年度大会共同研究報告 準備報告会1
場所 機関紙会館3階
日時 5月8日(日)  13:30〜17:30
報告者 水谷千秋氏
論題 「古代天皇と天命思想―7世紀を中心に―」
報告者 毛利憲一氏
論題 「6・7世紀の地方支配」
※意義ある共同研究報告とするため、多数のご参加をお待ちしております。なお、曜日・時間にご注意ください。

場所 機関紙会館3階
日時 5月23日(月) 18:30〜21:00
報告者 中川佳律氏
論題 「倭国における「天」と「天下」―東アジア史から見る倭国の国家構想―」
参考文献 ・石母田正「日本古代における国際意識について」(『石母田正著作集』4巻、岩波書店)
・西嶋定生『日本歴史の国際環境』(東京大学出版会)
  ※中世史部会との合同部会です。

場所 機関紙会館3階
日時 4月4日(月) 18:30〜21:00
報告者 中村 修氏
論題 「紀臣氏と平群氏」
参考文献 ・栄原永遠男『紀伊古代史研究』(思文閣出版)
・辰巳和弘『地域王権の古代学』(白水社)第1・2章
場所 機関紙会館5階
日時 4月25日(月) 18:30〜21:00
報告者 田口佳奈氏
論題 「十一〜十二世紀における伊勢・八幡宮宗廟観」
参考文献 ・高橋美由紀「中世における神宮宗廟観の成立と展開」
             (『伊勢神道の成立と展開』)
・吉原浩人「八幡神に対する宗廟の呼称をめぐって」
             (『東洋の思想と宗教』10)
  ※中世史部会との合同部会です。

現地部会「葛城の古代遺跡」
見学地 高宮廃寺・高鴨神社・朝妻廃寺・二光寺廃寺・極楽寺ヒビキ遺跡・南郷遺跡群・葛城御歳神社・長柄遺跡・一言主神社・室宮山古墳
日時 4月29日(祝)
  9:10 近鉄八木駅②番バス乗場集合 (9:13発車)
  近鉄京都8:01発橿原神宮前行急行→丹波橋8:10発→西大寺8:41発→八木9:06着
18:00 近鉄御所駅 解散予定
  ※雨天決行、昼食持参(八木駅到着までに確保のこと)
  ※八木駅から新宮行バスに乗車。途中高田市駅を9:32発。
  ※大和などを歩く会との合同部会です。

場所 機関紙会館3階
日時 3月7日(月) 18:30〜21:00
報告者 平松良雄氏
論題 「東大寺創建期の石組溝遺構と「神」木簡」
参考文献 ・平松良雄「東大寺境内の発掘調査成果」(『東大寺の歴史と教学』、法蔵館)
・和田萃・平松良雄「奈良・東大寺」(『木簡研究』16)

2005年度大会共同研究報告準備会―業績検討会―
場所 機関紙会館3階
日時 3月21日(月) 18:30〜21:00
報告者 中川佳律氏
論題 「書評 水谷千秋著『女帝と譲位の古代史』(文春新書)」
報告者 田中直人氏
論題 「論文評 毛利憲一著「郡領の任用と「譜第」(『続日本紀研究』338)」

場所 呉竹文化センター
  ※呉竹文化センター:京阪・近鉄丹波橋駅西出口すぐ
日時 2月14日(月) 18:30〜21:00
報告者 古市 晃氏
論題 「七世紀倭王権の君臣統合」
参考文献 ・吉川真司「藤原氏の創始と発展」(『律令官僚制の研究』)
・熊谷公男「持統の即位儀と「治天下大王」の即位儀礼」(『日本史研究』474)
  ※場所がいつもと違います。ご注意下さい。

場所 京都市北文化会館
  ※京都市北文化会館:京都地下鉄北大路駅1番出口直結
日時 2月28日(月) 18:30〜21:00
報告者 末松 剛氏
論題  「宮廷儀式における公卿の見物」
参考文献 ・加藤友康「朝儀の構造とその特質」(『講座前近代の天皇5』)
・藤森健太郎「十〜十二世紀の「天皇即位儀」」(『古代天皇の即位儀礼』)
  ※場所がいつもと違います。ご注意下さい。

2010年7月古代史部会

2010年7月古代史部会 published on

7月5日(月)  18:30 ~ 21:00 機関紙会館3階
本庄総子氏「志摩国輸庸帳をめぐる一試論」

(参考文献)
北條秀樹「文書行政より見たる国司受領化」
(同『日本古代国家の地方支配』、吉川弘文館、2000年、初出1975年)

○大会共同研究報告第二回準備会
7月19日(月)  18:00 ~21:00 機関紙会館3階
加藤麻子氏「律令文書行政の構築とその理念(仮)」

(参考文献)
川尻秋生「日本古代における合議制の特質」(『歴史学研究』763号、2002年)
所功「意見封進制度の成立」(『皇学館論叢』1巻1号、1968年)

2010年6月古代史部会

2010年6月古代史部会 published on

【部会】
6月6日(日)  10:00 ~ 17:00 ウイングス京都セミナー室B
○卒業論文大報告会

土屋義弘氏(立命館大)
「律令国家における田租の意義―8世紀の免租からみた田租―」

佐藤早紀子氏(京都大)
「摂関期を中心にみる、雑袍勅許の性質と成立について」

齋藤美悠紀氏(奈良大)
「日本古代における贄について」

内田敦士氏(大阪大)
「景雲一切経の写経・勘経事業と称徳・道鏡政権」

前澤正之氏(神戸大)
「律令制祭祀における八十島祭の位置づけ」

会場アクセス
http://www.wings-kyoto.jp/01wings/03access.html

大会共同研究報告第一回準備会

大会共同研究報告第一回準備会 published on

日時 5月17日(月)  18:30 ~ 21:00

場所 機関紙会館3階

報告者 加藤麻子氏

報告 「律令文書行政の構築とその理念」(仮)

参考文献 吉川真司「律令太政官制と合議制」・「上宣制の成立」(『律令官僚制の研究』1998年、塙 書房)

2010年5月部会(古代史)

2010年5月部会(古代史) published on
日時 5月8日(土)  14:00 ~ 17:00
場所 機関紙会館3階
報告者 服部一隆氏(明治大学)
報告 「天聖令研究の現状と大宝令復原研究」
参考文献
  • 大津透「北宋天聖令の公刊とその意義」(『東方学』114、2007年)
  • 服部一隆「日唐田令の比較と大宝令」(『文学研究論集』18、2003年)