Skip to content

近世史部会では、通常第二・第四水曜日に機関紙会館三階会議室において部会を行っています。通常六時半から開催し、一時間程度の報告の後、一時間半ほどの討論を行うという形で進められています(終了後、有志で報告者慰労会)。
参加者は京阪神各地からの大学院生が中心です。報告内容は近世史全般にわたりますが、他部会との合同部会や、隣接分野の報告なども行い、日本近世史 にとどまらない幅広い学問的交流も進めたいと考えております。これらの報告、企画には部会員にとどまらず、どなたでも参加できます。部会活動をより充実さ せるために、幅広い分野からの積極的な参加を期待しております。部会での報告は随時、研究委員の方までご連絡下さい。

ご案内
部会員には、部会活動の案内をメールにてお送りします(ハガキ会員は郵送)。部会員になっていただくには、年額四〇〇円(ハガキ会員は八〇〇円)の部会費を、郵便振替口座(〇一〇〇〇―九―四八六二九 日本史研究会近世史部会)にお振り込み下さい。部会案内についてのお問い合わせ、報告などのお申し込み、その他ご意見などがございましたら、研究委員の方までご連絡下さい。

近世史部会活動方針
1. 現代社会における歴史研究の意義を考えると同時に、研究史をふまえながら近世史研究における課題を明らかにし、新たな視角からの問題提起や近世史像の構築 を目指す。そのために、定期的に部会を開催して報告・討論を行うとともに、書評会・学習会・現地見学会など多様な活動に取り組んでいく。
2. 他の時代についての研究や隣接諸科学、海外諸国での日本史研究などの成果と方法を学び、近世史研究の学問領域としての拡大と充実化を進める。そのために、他部会や他学会との合同部会を積極的に企画することなどを通じて、相互交流の促進を図る。
3. 部会での研究報告において、参加者の多様な問題関心を大切にしながら討論を充実させる。また、若手研究者だけでなく中堅層以上の世代や、幅広い専攻分野からの参加・報告が得られるよう努める。
4. 史料や歴史文化財の保存、また歴史教育などをめぐる諸問題について、現状の理解を深め、その対応に積極的に取り組む。
5. 部会の研究報告や活動が会誌に反映されるよう努力する。
6. 運営委員会はメーリングリストなどを活用し、緊密な連絡体制をとって部会の運営を円滑に進めるとともに、右記の目標を達成すべく魅力ある企画立案を行い、実行に向け努力する。

2020年4月22日(水)近世史部会

2020年4月22日(水)近世史部会 published on

日時:4月22日(水)18:30~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:金炯辰氏「天皇号再興の再考:朝廷の運営構造と復古理念の特質に着目して」
参考文献:
藤田覚「天皇号の再興」(同『近世政治史と天皇』吉川弘文館、1999年)
野村朋弘『諡:天皇の呼び名』(中央公論新社、2019年)

2020年4月11日(土)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会)

2020年4月11日(土)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会) published on

□4月部会(大会共同研究報告業績検討会)
日時:4月11日(土)13時00分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:綱澤広貴氏「木土博成氏の業績について」
   安永寛氏「松尾晋一氏の業績について」
参考文献:
・木土博成氏
「琉球使節の成立 : 幕・薩・琉関係史の視座から」(『史林』99(4)、2016年)
「島津氏の参勤に対する大坂「船除」」(『大阪歴史博物館研究紀要』13、2015年)
・松尾晋一氏
「幕府対外政策と東アジア再編:異国船問題の政策継承」(『歴史学研究』924、2014年)
「江戸幕府の長崎支配と大名課役:松平忠房の「長崎御用」を事例に」(『研究紀要(長崎県立大学)』15、2014年)
※通常の部会と曜日が異なりますので、ご注意ください。

2020年3月28日(土)近世史部会

2020年3月28日(土)近世史部会 published on

日時:3月28日(土) 16:00~
場所:機関誌会館 2階会議室
報告:山田淳平氏「徳川吉宗の琴楽再興―享保期朝幕関係の一齣―」
参考文献:印藤和寛「解題」(『富永仲基の「楽律考」 儒教と音楽について』朔北社、2006年)
※通常の部会と曜日が異なりますので、ご注意ください。

2020年3月14日(土)近世史部会

2020年3月14日(土)近世史部会 published on

日時:3月14日(土) 13:00~17:00
場所:京都大学文学部新館 第七講義室
テーマ:近世豪農研究の現在-『豪農たちの近世・近代-19世紀南山城の社会と経済』によせて-
報告者:加納亜由子氏・高橋伸拓氏・松浦智博氏
参考文献:井奥成彦/谷本雅之編『豪農たちの近世・近代-19世紀南山城の社会と経済』(東京大学出版会、2018年)

※本部会は、昨今の新型コロナウイルスの影響に鑑み、延期とさせていただきます。報告者、参加者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。延期後の日程につきましては、改めてご案内させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月4日(火)近世史部会

2020年2月4日(火)近世史部会 published on

□2月部会
日時:2月4日(火)18:30~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:金建佑氏「織豊期における神職吉田家-『兼見卿記』の分析を通じて」(仮)
参考文献:
萩原龍夫「吉田神道の発展と祭礼組織」(『増補版・中世祭祀組織の研究』吉川弘文館、2013年(初版は1962年))
井上智勝「室町期の吉田家と神祇官」(『近世の神社と朝廷権威』吉川弘文館、2007年)

※中世史部会との合同部会です。通常の部会と曜日が異なりますので、ご注意ください。

2020年1月22日(水)近世史部会

2020年1月22日(水)近世史部会 published on

□1月部会
日時:1月22日(水)18:30~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:松浦智博氏「近世宿駅の確立過程に関する試論―近江国柏原宿を中心に―(仮)」
参考文献:
宮川満「郷村制度と検地」(『太閤検地論 第Ⅱ部』御茶の水書房、1957年、初出1953年)
渡辺信夫「近世の交通体系」(『渡辺信夫歴史論集2 日本海運史の研究』清文堂出版、2002年、初出1993年)

2019年12月22日(日)近世史部会

2019年12月22日(日)近世史部会 published on

□12月部会
日時:12月22日(日)14:00~
場所:市立茨木公民館学習室 (阪急茨木市駅徒歩10分)
報告:栗原正東氏「近世前・中期和歌山藩における在地修験組織の支配体制」(仮)
参考文献:
高埜利彦「近世国家と本末体制」(同『近世日本の国家権力と宗教』第4章、東京大学出版会、1989年)
久保康顕「里修験の活動と組織」(時枝務・長谷川賢二・林淳編『修験道史入門』第10章、岩田書院、2015年)
※大阪歴史学会近世史部会との合同部会です。通常の部会と曜日・場所が異なりますので、ご注意ください。

2019年11月27日(水)近世史部会

2019年11月27日(水)近世史部会 published on

□11月部会(卒論報告会)
日時:11月27日(水) 18:30~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:西川雄也氏 「近世ささら説経者と地域社会-伊勢国宇治・山田を事例に-」
参考文献:
塚本明「拝田・牛谷の民-近世宇治・山田の非人集団-」(同著『近世伊勢神宮領の触穢観念と被差別民』清文堂出版、2014年、初出『人文論叢』22、2005年)
塚田孝「芸能者の社会的位置」(同著『近世身分制と周縁社会』東京大学出版会、1997年、初出、阪口弘之編『浄瑠璃の世界』世界思想社、1992年)

2019年10月12日(土)近世史部会 懇親会

2019年10月12日(土)近世史部会 懇親会 published on

大会1日目に下記要領で近世史部会の懇親会を行います。

皆様お誘い合わせの上、ふるってお越しください。

場所:龍馬 軍鶏農場 京都駅前店
(京都府京都市下京区 下ル東塩小路町736-2 京都ファーストビル)
日時:10月12日(土)18:30~
会費:3,000円程度
アクセス:JR・地下鉄京都駅 徒歩2分
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26022735/

※当日、大会会場にて、ご案内のビラをお配りいたします。