Skip to content

近世史部会では、通常第二・第四水曜日に機関紙会館三階会議室において部会を行っています。通常六時半から開催し、一時間程度の報告の後、一時間半ほどの討論を行うという形で進められています(終了後、有志で報告者慰労会)。
参加者は京阪神各地からの大学院生が中心です。報告内容は近世史全般にわたりますが、他部会との合同部会や、隣接分野の報告なども行い、日本近世史 にとどまらない幅広い学問的交流も進めたいと考えております。これらの報告、企画には部会員にとどまらず、どなたでも参加できます。部会活動をより充実さ せるために、幅広い分野からの積極的な参加を期待しております。部会での報告は随時、研究委員の方までご連絡下さい。

ご案内
部会員には、部会活動の案内をメールにてお送りします(ハガキ会員は郵送)。部会員になっていただくには、年額四〇〇円(ハガキ会員は八〇〇円)の部会費を、郵便振替口座(〇一〇〇〇―九―四八六二九 日本史研究会近世史部会)にお振り込み下さい。部会案内についてのお問い合わせ、報告などのお申し込み、その他ご意見などがございましたら、研究委員の方までご連絡下さい。

近世史部会活動方針
1. 現代社会における歴史研究の意義を考えると同時に、研究史をふまえながら近世史研究における課題を明らかにし、新たな視角からの問題提起や近世史像の構築 を目指す。そのために、定期的に部会を開催して報告・討論を行うとともに、書評会・学習会・現地見学会など多様な活動に取り組んでいく。
2. 他の時代についての研究や隣接諸科学、海外諸国での日本史研究などの成果と方法を学び、近世史研究の学問領域としての拡大と充実化を進める。そのために、他部会や他学会との合同部会を積極的に企画することなどを通じて、相互交流の促進を図る。
3. 部会での研究報告において、参加者の多様な問題関心を大切にしながら討論を充実させる。また、若手研究者だけでなく中堅層以上の世代や、幅広い専攻分野からの参加・報告が得られるよう努める。
4. 史料や歴史文化財の保存、また歴史教育などをめぐる諸問題について、現状の理解を深め、その対応に積極的に取り組む。
5. 部会の研究報告や活動が会誌に反映されるよう努力する。
6. 運営委員会はメーリングリストなどを活用し、緊密な連絡体制をとって部会の運営を円滑に進めるとともに、右記の目標を達成すべく魅力ある企画立案を行い、実行に向け努力する。

2018年6月17日(日)近世史部会(卒業論文報告会)

2018年6月17日(日)近世史部会(卒業論文報告会) published on
□6月部会(卒業論文報告会)
日時:6月17日(日)13時00分~
※通常の部会と曜日・時間が異なります。
場所:機関紙会館2階会議室
報告:
①飯場大輔氏「江戸時代の鷹場における動物保護と駆除・殺生―伊勢国一円紀州藩鷹場を事例に―」
【参考文献】
塚本学『生類をめぐる政治―元禄のフォークロアー』(講談社、2013年)
根崎光男「江戸周辺地域における鳥類保護の諸相」(『日本近世環境史料演習 改訂版』、同成社、2011年)
 
②佐藤寛子氏「京都長崎問屋の動向と役割―近世中後期を中心に―」
【参考文献】
森岡美子「三井越後屋の長崎貿易経営(1)(2)」(『史学雑誌』72(6)(7)、1963年)
賀川隆行「化政期の越後屋長崎方の流通構造」(『三井文庫論叢』12、1978年)
 
③竹内祥一朗氏「貝原益軒における歴史/地理的知識の形成と福岡藩政」
【参考文献】
上杉和央「青年期本居宣長における地理的知識の形成過程」(『人文地理』55(6)、2003年)
横山俊夫編『貝原益軒 天地和楽の文明学』(平凡社、1995年)
 
④水野拓也氏「近世伊丹酒造業―灘酒造業台頭後の販売状況―」
【参考文献】
吉田元『ものと人間の文化史 酒』(法政大学出版局、2015年)
柚木学「近世伊丹酒造業の展開と小西家―酒造家資料調査によせて―」(『地域研究いたみ』18、1989年)

2018年5月20日(日)近世史部会(第1回準備報告会)

2018年5月20日(日)近世史部会(第1回準備報告会) published on
□5月部会(第1回大会共同研究報告準備報告会)

日時:5月20日(日)13時00分~

場所:機関紙会館2階会議室
 
報告者:
東野将伸氏「近世後期における資金循環構造の変容―西国・非領国を事例として―(仮)」
【参考文献】
伊藤昭弘「近世後期の藩領国における資本循環構造と藩財政」(『歴史学研究』885号、2011年)
谷口澄夫・藤井正信「近世地方小都市の一考察―港町としての備中笠岡の場合」(『岡山史学』11号、1962年)
 
佐藤雄介氏「近世後期―幕末の貸付金と幕府・朝廷(仮)」
【参考文献】
三浦俊明『近世寺社名目金の史的研究』(吉川弘文館、1983年)
高埜利彦「後期幕藩制と天皇」『近世の朝廷と宗教』(吉川弘文館、2014年、初出は『講座・前近代の天皇2 天皇権力の構造と展開 その2』青木書店、1993年)

2018年4月25日(水)近世史部会

2018年4月25日(水)近世史部会 published on

□4月部会
日時:4月25日(水)18時30分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:ルーベック・イアン栄氏「幕末維新期における相撲の「危機」と武力的側面(仮)」
参考文献:
高埜利彦『近世日本の国家権力と宗教』(東京大学出版会、1989年)
牧原憲夫「文明開化論」(『岩波講座日本通史 第16巻 近代1』岩波書店、1994年)

2018年4月7日(土)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会)

2018年4月7日(土)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会) published on

□4月部会(大会共同研究報告業績検討会)
日時:4月7日(土)13時00分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:加藤明恵氏「東野将伸氏の業績について」
佐藤一希氏「佐藤雄介氏の業績について」
参考文献:
・東野将伸氏
「幕末期の掛屋と年貢銀収納―備中一橋領を事例として」(『歴史学研究』966号、2018年)
「近世後期の一橋徳川家における財政運営―幕府・所領との関係を中心に」(『ヒストリア』259号、2016年)
・佐藤雄介氏
「文政―天保期の朝廷財政と江戸幕府」(『近世の朝廷財政と江戸幕府』東京大学出版会、2016年、初出『史学雑誌』118-3、2009年)
「三条実万と幕末の朝廷財政」(『近世の朝廷財政と江戸幕府』東京大学出版会、2016年)

2018年3月10日(土)近世史部会(巡見)

2018年3月10日(土)近世史部会(巡見) published on

□3月部会(巡見)
巡見「大津町を歩く」(担当:加藤叡氏)
日時:3月10日(土)14時00分~
場所:14:00京阪浜大津駅集合→17:00頃京阪別所駅解散
参考文献:『歴史探検!大津百町ガイドブック』(大津市歴史博物館、2013年)

2018年2月21日 近世史部会

2018年2月21日 近世史部会 published on

□2月部会
日時:2月21日(水)18時30分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:劉晨氏「近世前期徳川将軍家の日光社参と徳川「御三家」」
参考文献:
・山澤学「日光東照宮祭祀の存立原理」(同著『日光東照宮の成立』、思文閣出版、2009年)
・根岸茂夫「寛文三年徳川家綱日光社参の行列と政治的意義」(『国史学』195、2008年)
 

2018年1月24日 近世史部会

2018年1月24日 近世史部会 published on

□1月部会
日時:1月24日(水)18時30分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:稲穂将士氏「近世後期の海村における生業と地域市場―丹後国伊根浦の漁業と「船宿」に着目して―(仮)」
参考文献:
・東幸代「丹後宮津藩政と漁獲物流通—近世後期の魚肥問題を中心に」(後藤雅知・吉田伸之編『水産の社会史』山川出版社、2002年)
・中村只吾「地域経済との関係からみた近世の漁村秩序」(『関東近世史研究』76、2014年)
 

2017年12月22日 近世史部会

2017年12月22日 近世史部会 published on

日時:12月22日(金)18:30~
場所:淀川区民センター 第2会議室(阪急電鉄十三駅より、徒歩約7分)
報告:東野将伸氏「近世後期~明治初期における質屋業者の金融活動と地域・領主―備中国後月郡西江原村簗瀬屋家を事例として―(仮)」
参考文献:
中山富広「在郷町・府中市における豪商の形成と発展過程」(同『近世の経済発展と地方社会―芸備地方の都市と農村―』清文堂出版、2005年所収〈第3章第1節〉、初出1985年)
齊藤博「小農民的商品生産の発展と農村金融」(同『質屋史の研究』新評論、1989年所収〈第6章〉、初出1965年・1967年)
※大阪歴史学会近世史部会との合同部会です。通常の部会と曜日・場所が異なりますので、ご注意ください。

2017年11月7日(火)近世史部会

2017年11月7日(火)近世史部会 published on

日時:11月7日(火) 18:30~

場所:機関紙会館2階会議室

報告:久水俊和氏

「中近世移行期の内野-神祇官・太政官庁機能の行方」

【参考文献】

日本史研究会編『豊臣秀吉と京都』(文理閣、2001年)

久水俊和「室町期の内野における存続官衙」(『駿台史学』160、2017年)

間瀬久美子「幕藩制国家における神社争論と朝幕関係」(『日本史研究』277、1985年)

※中世史部会との合同部会です。通常の部会と曜日が異なりますので、ご注意ください。