Skip to content

中世史部会は毎月1回程度開かれる部会と、随時開かれるサブグループを中心に活動しています。
部会は通常火曜日の午後6時半から9時ごろまで、日本史研究会事務所会議室で開催します。一時間半程度の報告の後、質疑・討論を行います。参加者は京阪神の大学院生が中心です。古代・近世史部会との合同部会になることもあります。サブグループでは、大会共同研究報告の準備や書評会・学習会等を行い、中世史研究全般における課題の明確化と参加者相互の研究交流を図っています。また、遺跡や展覧会等の見学会を随時行うほか、文化財保護を意識した科学運動も行っています。
部会活動にはどなたでもご自由に参加できます。より充実した活動にしたいと考えておりますので、積極的なご参加・ご発言をお願いします。部会報告のご希望もぜひお寄せ下さい。
ご案内
中世史部会では、葉書での案内送信を希望される方を一般会員、メールでの送信を希望される方をメール会員としております。会費は一般会員が1000 円、メール会員が500円です。入会を希望される方は、郵便口座(01040-7-32540 日本史研究会中世史部会)に会費をお振り込み下さい。通信欄に希望される送信方法(葉書orメール)をご記入下さるよう、お願いします。メールにてのお申し込み、部会ご参加時のお申し込みも受け付けております。
 
中世史部会活動方針

中世史研究の現状と課題を明確にし、新たな中世史像の構築を目指す。そのために、定期的に部会を開催するほか、書評や研究動向の検討を進め、議論の充実を図る。
幅広い層の参加を呼びかけて部会活動の活性化を図り、その成果を会誌に反映させるよう努力する。
大会共同研究報告については、共同研究体制を早期に立ち上げ、部会において充分に検討する。
多様な研究テーマへの理解を深めるために、他部会や他学会・隣接諸科学との交流に努める。見学会等を実施するほか、文化財保存問題にも取り組む。
運営委員会を開催して運営委員間の問題関心などについて議論を深め、部会運営の活性化・円滑化に反映させるよう努める。

2017年12月12日(火)中世史部会

2017年12月12日(火)中世史部会 published on

日時:12月12日(火)18:30~  

場所:機関紙会館2F

報告者:永山愛氏

題目:「南北朝期の惣領について」   

《参考文献》

吉田賢司「建武政権の御家人制「廃止」」(上横手雅敬編『鎌倉時代の権力と制度』思文閣出版、2008年)

田中大喜「家督と惣領」(高橋秀樹編『婚姻と教育』竹林舎、2014年)

*部会終了後に忘年会を行います。ふるってご参加ください。

 

2017年11月7日(火)中世史部会

2017年11月7日(火)中世史部会 published on

日時:11月7日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:久水俊和氏

題目:「中近世移行期の内野-神祇官・太政官庁機能の行方」

 《参考文献》

日本史研究会編『豊臣秀吉と京都』文理閣 2001年

久水俊和「室町期の内野における存続官衙」(『駿台史学』160 2017年)

間瀬久美子「幕藩制国家における神社争論と朝幕関係」(『日本史研究』277 1985年)

*近世史部会との合同部会です。

2017年10月7日(土)中世史部会 懇親会

2017年10月7日(土)中世史部会 懇親会 published on

大会1日目に下記の要領で中世史部会の懇親会を行います。

皆様お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。

 

日時:10月7日(土)18:00~

会場:浪漫屋 四条烏丸店  (電話番号050-5869-5355)

https://r.gnavi.co.jp/7v2p6yhh0000/

京都府京都市下京区四条室町西入ル北側月鉾町62 住友生命ビル B1F

四条通北側、四条烏丸の交差点から西へ徒歩1分

 

会費:4000円(修士以下3000円)程度

※当日、大会会場にて、ご案内のビラをお配りいたします。

2017年9月10日(日)中世史部会(第3回大会準備会)

2017年9月10日(日)中世史部会(第3回大会準備会) published on

日時:9月10日(日)15:00~ 

場所:機関紙会館2F

報告:長村祥知氏「中世前期の在京武力と公武権力」

*最後の準備会になります。多数のご参加をよろしくお願いいたします。

 

2017年9月19日中世史部会(大会個別報告準備会)

2017年9月19日中世史部会(大会個別報告準備会) published on

日時:9月19日(火)18:30~ 

場所:機関紙会館2F

報告:佐藤雄基氏「文書史からみた鎌倉幕府と北条氏」

《参考文献》

熊谷隆之「御教書・奉書・書下―鎌倉幕府における様式と呼称」(上横手雅敬編『鎌倉時代の権力と制度』思文閣出版、2008年)

高橋一樹「日本中世における「武家文書」の確立過程とその諸相」(小島道裕編『武士と騎士 日欧比較中近世史の研究』思文閣出版、2010年)

渡邉正男「関東御教書と得宗書状」(稲葉伸道編『中世寺社と国家・地域・史料』法蔵館、 2017年) 

2017年8月6日(日)中世史部会(卒業論文報告会)

2017年8月6日(日)中世史部会(卒業論文報告会) published on

日時:2017年8月6日(日)13時~18時
場所:機関誌会館5F大会議室 

1:平野翔太氏(神戸大学)「別当宣よりみた検非違使庁」13:00~13:40 
【参考文献】
大饗亮「検非違使の研究(一)―制度史的考察(下)―」(同『律令制下の司法と警察』、大学教育社、1979年、初出1971年)
早川庄八「九世紀・一〇世紀の宣旨の個別的検討」(同『宣旨試論』、岩波書店、1990年)

2:金沢大輔氏(大阪大学)「治承寿永内乱期における畿内近国武士の動向―木曾義仲との関係を中心に―」13:40~14:20 
【参考文献】
長村祥知「木曾義仲の畿内近国支配と王朝権威」(『古代文化』63-1、2011年)
村石正行「治承・寿永の内乱における木曾義仲・信濃武士と地域間ネットワーク」(『長野県立歴史館研究紀要』16、2010年)

3:濱野未来氏(立命館大学)「日本における地震観の歴史―龍から鯰へ―」14:20~15:00 
【参考文献】
北原糸子「本草学のナマズから鯰絵の鯰へ」(同『近世災害情報論』塙書房、2003年、初出2001年)
気谷誠「黒船と地震鯰―鯰絵の風土と時代」(宮田登ほか『鯰絵―震災と日本文化』里文出版、1995 年) 

≪休憩 15:00~15:20≫

4: 岩永紘和氏(大阪市立大学)「戦国期妙心寺派禅僧と地域権力―東海・甲信方面の事例を中心に―」15:20~16:00
【参考文献】
上田純一「書評: 竹貫元勝『日本禅宗史』」(『花園大学研究紀要』23、1991年)
鈴木泰山「妙心寺派臨済禅の地方発展」(同『禅宗の地方発展』、吉川弘文館、1983年、初出1942年)

5: 佐々木舜氏(京都大学)「戦国期における官途の一側面―越後上杉氏の事例を中心に―」16:00~16:40
【参考文献】
木下聡「山内上杉氏における官途と関東管領職の問題」(黒田基樹編『山内上杉氏』戎光祥出版、2014年、初出2005年)
黒田基樹「謙信の関東侵攻」(池享・矢田俊文編『定本 上杉謙信』高志書院、2000年)

6:池田さやか氏(立命館大学)「松永久秀の大和支配について」16:40~17:20 
【参考文献】
天野忠幸「畿内における三好政権の支配構造」(同『増補版 戦国期三好政権の研究』清文堂出版、2015年、初出2006年)
安国陽子「戦国期大和の権力と在地構造―興福寺荘園支配の崩壊過程―」(『日本史研究』341、1991年)

7:岩本晃一氏(立命館大学)「「三木合戦の発端(別所氏離反の理由)」に関する考察―反織田氏勢力との関係性を通じて―」17:20~18:00 
【参考文献】
小林基伸「三木合戦の経緯」(三木城跡及び付城跡群学術調査検討委員会編『三木城跡及び付城跡群総合調査報告書』三木市教育委員会、2010年)
山上登志美「三木合戦関係軍記の展望」(松林靖明・山上登志美編『別所記―研究と資料―』和泉書院、1996年)

※大阪歴史学会中世史部会との合同部会です。

2017年7月23日(日)中世史部会(第2回大会準備会)

2017年7月23日(日)中世史部会(第2回大会準備会) published on

日時:7月23日(日)15:00~

場所:機関紙会館2F

報告:長村祥知氏「中世前期の在京武力と公家政権(仮)」

《参考文献》

横澤大典「白河・鳥羽院政期における京都の軍事・警察制度」(『古代文化』54-12、2002年)

上横手雅敬「承久の乱の諸前提」(同『日本中世政治史研究』塙書房、1970年)

2017年7月25日(火)中世史部会(大会個別報告準備会)

2017年7月25日(火)中世史部会(大会個別報告準備会) published on

日時:7月25日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告:安藤弥氏「宗教一揆論の課題」

《参考文献》

安藤弥「戦国期宗教勢力論」(中世後期研究会編『室町戦国期研究を読みなおす』思文閣出版、2007年)

安藤弥「一向一揆研究の現状と課題」(新行紀一編『戦国期の真宗と一向一揆』吉川弘文館、2010年)

仁木宏「宗教一揆」(『岩波講座日本歴史』岩波書店、2015年)

第55回 中世史サマーセミナー

第55回 中世史サマーセミナー published on

第55回 中世史サマーセミナー  

日程:2017年8月23日(水)~25日(金) 2泊3日

 ※部分参加の場合は要相談。

宿泊:湖畔の温泉宿くにびき(島根県出雲市湖陵町二部一二三〇)

報告:「西日本海世界と石見銀山」

巡検:石見銀山、古代出雲歴史博物館、出雲大社、日御碕神社(予定)

定員:70名。7月19日(水)締切。先着申込順。定員になり次第締め切り。

参加費:2万8千円程度(全日参加の場合)

 

お申込み方法:左記連絡先までメールにて、参加希望の旨及び返信先をご記入の上、お申し込みください。折り返し申込入力フォームをお送り致します。

 ※申込入力フォームをご返信頂いてからの申込完了となります。ご注意下さい。

メールアドレス:chuseishi.summerseminar55@gmail.com

フェイスブック:https://www.facebook.com/chuseishi.summerseminar55/

 「第55回中世史サマーセミナー」で検索。

 ※申込み状況等を定期的に更新します。ぜひ、ご確認下さい。

主催:第55回中世史サマーセミナー実行委員会 (広島大学)

実行委員:本多博之(実行委員長)、藤田慧(事務局長)ほか

 

追記:8月26日に、オプショナルツアー「「益田家文書」の世界を歩く」が益田市教育委員会の主催で企画されています。第55回中世史サマーセミナーとは別にお申し込みいただく必要がありますので、詳細・お申し込みは益田市ホームページhttps://www.city.masuda.lg.jp/soshiki/182/detail-39910.htmlをご覧ください。