Skip to content

中世史部会は毎月1回程度開かれる部会と、随時開かれるサブグループを中心に活動しています。
部会は通常火曜日の午後6時半から9時ごろまで、日本史研究会事務所会議室で開催します。一時間半程度の報告の後、質疑・討論を行います。参加者は京阪神の大学院生が中心です。古代・近世史部会との合同部会になることもあります。サブグループでは、大会共同研究報告の準備や書評会・学習会等を行い、中世史研究全般における課題の明確化と参加者相互の研究交流を図っています。また、遺跡や展覧会等の見学会を随時行うほか、文化財保護を意識した科学運動も行っています。
部会活動にはどなたでもご自由に参加できます。より充実した活動にしたいと考えておりますので、積極的なご参加・ご発言をお願いします。部会報告のご希望もぜひお寄せ下さい。

ご案内
中世史部会では、メールでの部会案内送信を希望される方をメール会員としております。会費は500円です。入会を希望される方は、郵便口座(01040-7-32540 日本史研究会中世史部会)に会費をお振り込み下さい。通信欄にメールアドレスと、メール会員加入を希望される旨をご記入下さるよう、お願いします。メールにてのお申し込み、部会ご参加時のお申し込みも受け付けております。
 
中世史部会活動方針
中世史研究の現状と課題を明確にし、新たな中世史像の構築を目指す。そのために、定期的に部会を開催するほか、書評や研究動向の検討を進め、議論の充実を図る。
幅広い層の参加を呼びかけて部会活動の活性化を図り、その成果を会誌に反映させるよう努力する。
大会共同研究報告については、共同研究体制を早期に立ち上げ、部会において充分に検討する。
多様な研究テーマへの理解を深めるために、他部会や他学会・隣接諸科学との交流に努める。見学会等を実施するほか、文化財保存問題にも取り組む。
運営委員会を開催して運営委員間の問題関心などについて議論を深め、部会運営の活性化・円滑化に反映させるよう努める。

2018年10月13日(土)中世史部会 懇親会

2018年10月13日(土)中世史部会 懇親会 published on

大会1日目に下記の要領で中世史部会の懇親会を行います。

皆様お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

 

日時:10月13日(土)18:30~

会場:浪漫屋 四条烏丸店 (電話番号050-5869-5355)

https://r.gnavi.co.jp/7v2p6yhh0000/

京都市下京区四条室町西入ル北側月鉾町62 住友生命ビル B1F

四条通北側、四条烏丸の交差点から西へ徒歩1分

 

会費:4000円(修士以下3000円)程度

※当日、大会会場にて、ご案内のビラをお配りいたします。

 

2018年9月24日(月・祝)中世史部会(第3回大会準備会)

2018年9月24日(月・祝)中世史部会(第3回大会準備会) published on

日時:9月24日(月・祝)14:00~

場所:機関紙会館2F

報告:中村翼氏

題目:「東アジア海域世界の境界人と政治権力」

《参考文献》

村井章介「建武・室町政権と東アジア」(『アジアのなかの中世日本』校倉書房、1988年)

※最後の準備会となります。多数のご参加をよろしくお願いいたします。

※通常の部会と曜日・時間が異なりますので、ご注意ください。

2018年8月21日(火)中世史部会(卒業論文報告会)

2018年8月21日(火)中世史部会(卒業論文報告会) published on

日時:8月21日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告:福間優華氏(京都府立大)「室町時代における七夕花合の展開―「たて花」様式の成立―」

参考文献:小林善帆『「花」の成立と展開』和泉書院、2007年

報告:吉竹智加氏(立命館大)「石清水八幡宮と室町幕府宗教政策-「社務職」補任を中心に-」

参考文献:逵史香「石清水神人強訴と足利義満の王権」(大阪大学文学部日本史研究室編『古代中世の社会と国家』清文堂出版、1998年)

2018年8月7日(火)中世史部会(第2回大会準備会)

2018年8月7日(火)中世史部会(第2回大会準備会) published on

日時:8月7日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:中村翼氏

題目:「東アジア海域世界の境界人と政治権力― 一四世紀の分水嶺を考える ―」

《参考文献》

榎本渉『僧侶と海商たちの東シナ海』(講談社、二〇一〇年)第四章「遣明使の時代へ」

伊藤幸司「遣明船時代の日本禅林」(『ヒストリア』235号、2012年)

2018年7月1日(日)中世・近世・近現代合同部会(大会シンポジウム準備会)

2018年7月1日(日)中世・近世・近現代合同部会(大会シンポジウム準備会) published on

日時:7月1日(日)13:00~17:00
場所:機関紙会館5階大会議室
報告:東昇氏(京都府立大学)「朱印状・力者・奉先堂―近世京郊の地域史―」
   三枝暁子氏(東京大学)「文献史学とフィールドワーク―地域史の方法をめぐって―」
   小林丈広氏(同志社大学)「 東山区今村家文書研究の歩み(仮)」

※近世・近現代との合同部会です。

※今年度大会シンポジウムの準備会です。

※通常の部会と曜日・時間が異なりますので、ご注意ください。

2018年7月15日(日)中世史部会(卒業論文報告会)

2018年7月15日(日)中世史部会(卒業論文報告会) published on

日時:7月15日(日)10:30~17:00

場所:機関紙会館5階大会議室

浅井尚希氏(京都大学)

題目:「貞慶の「興福寺奏状」と承元の法難」

参考文献:坪井剛「「建永の法難」事件再考 : 訴訟過程の検討を中心として」(『古代文化』66巻1号、2014年)

植村優恵氏(大阪大学)

題目:「内親王から見る後白河王家」

参考文献:栗山圭子「中世王家の存在形態と院政」(同著『中世王家の成立と院政』吉川弘文館、2012年、初出2005年)

丸山 惇氏(同志社大学)

題目:「公武交渉における関東申次の実態について」

参考文献:森茂暁「西園寺実氏「関東申次」指名以前の朝幕交渉」(同著『鎌倉時代の朝幕関係』思文閣出版、1991年)

小松明日香氏(関西大学)

題目:「室町期の青蓮院門跡と足利将軍家」

参考文献:稲葉伸道「南北朝・室町期の門跡継承と安堵―延暦寺三門跡を中心に―」(同編『中世寺社と国家・地域・史料』法蔵館、2017年)

薮内衿子氏(京都府立大学)

題目:「足利義教の「出行」による規則性と目的について」

参考文献:桜井英治「「御物」の経済―室町幕府財政における贈与と商業 」(『国立歴史民俗博物館研究報告』92号、2002年)

荒田雄市氏(滋賀県立大学)

題目:「中世後期における地積表示について―近江国の「セマチ」「畝」「畔」―」

参考文献:下村效「太閤検地の丈量、畝制の成立」(『日本歴史』458号、1986年)

兒玉良平氏(大阪市立大学)

題目:「戦国期肥後相良氏の拠点体制と権力構造」

参考文献:服部英雄「戦国相良氏の三郡支配」(『史学雑誌』86編9号、1977年)

荒賀裕介氏(神戸大学)

題目:「上杉謙信と上田長尾氏―永禄七年上杉輝虎感状の歴史的位置―」

参考文献:片桐昭彦「長尾景虎(上杉輝虎)の感状とその展開」(同著『戦国期発給文書の研究』高志書院、2005年)

 

※大阪歴史学会中世史部会との合同です。

※通常の部会と曜日が異なりますので、ご注意ください。

2018年6月2日(土)中世史部会(第1回大会準備会)

2018年6月2日(土)中世史部会(第1回大会準備会) published on

日時:6月2日(土)14:00~

場所:機関紙会館2F

報告者:中村翼氏

題目:「東アジア海域世界の〈境界人〉と国家14世紀の転換点・再考

《参考文献》

羽田正(編)『東アジア海域に漕ぎ出す1 海から見た歴史』(東京大学出版会、2013年)第Ⅰ部「ひらかれた海 一二五〇ー一三五〇年」pp.41-105

※通常の部会と曜日が異なりますのでご注意ください。

2018年5月22日(火)中世史部会

2018年5月22日(火)中世史部会 published on

日時:5月22日(火)18:30~  

場所:機関紙会館2F

報告者:田村亨氏

題目:「鎌倉幕府理非裁断の成立過程」   

《参考文献》

古澤直人「鎌倉幕府法の展開―訴訟制度における「理非裁断」の 成立・展開とその変質―」より「二 「理非裁断」の成立と展開」(同『鎌倉幕府と中世国家』校倉書房、 1991)

川合康「荘郷地頭職の展開をめぐる鎌倉幕府と公家政権―文治二年十月八日付太政官符の歴史的位置―」(同『鎌倉幕府成立史の研究』校倉書房、2004、初出1986)

2018年4月24日(火)中世史部会

2018年4月24日(火)中世史部会 published on

日時:4月24日(火)18:30~  

場所:機関紙会館2F

報告者:永野弘明氏

題目:「荘園の立荘と領域支配」   

《参考文献》

五味文彦「平家領備後国大田庄」(『遙かなる中世』2号、1977年)

高橋一樹「王家領荘園の立荘」(『中世荘園制と鎌倉幕府』塙書房、2004年。初出は2000年)

2018年3月27日(火)大会共同研究報告業績検討会

2018年3月27日(火)大会共同研究報告業績検討会 published on

日時:3月27日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

内容:大会共同研究報告者 中村翼氏業績検討会

報告者:橘悠太氏

《検討対象論文》

「日元貿易期の海商と鎌倉・室町幕府」『ヒストリア』241、2013年12月

 「鎌倉禅の形成過程とその背景」『史林』 97(4)、2014年7月

「鎌倉幕府と禅宗」村井章介(編)『東アジアのなかの建長寺』勉誠出版、2014年10月

*2018年度大会共同研究報告者の中村翼氏にもお越しいただきます。