Skip to content

中世史部会は毎月1回程度開かれる部会と、随時開かれるサブグループを中心に活動しています。
部会は通常火曜日の午後6時半から9時ごろまで、日本史研究会事務所会議室で開催します。一時間半程度の報告の後、質疑・討論を行います。参加者は京阪神の大学院生が中心です。古代・近世史部会との合同部会になることもあります。サブグループでは、大会共同研究報告の準備や書評会・学習会等を行い、中世史研究全般における課題の明確化と参加者相互の研究交流を図っています。また、遺跡や展覧会等の見学会を随時行うほか、文化財保護を意識した科学運動も行っています。
部会活動にはどなたでもご自由に参加できます。より充実した活動にしたいと考えておりますので、積極的なご参加・ご発言をお願いします。部会報告のご希望もぜひお寄せ下さい。
ご案内
中世史部会では、葉書での案内送信を希望される方を一般会員、メールでの送信を希望される方をメール会員としております。会費は一般会員が1000 円、メール会員が500円です。入会を希望される方は、郵便口座(01040-7-32540 日本史研究会中世史部会)に会費をお振り込み下さい。通信欄に希望される送信方法(葉書orメール)をご記入下さるよう、お願いします。メールにてのお申し込み、部会ご参加時のお申し込みも受け付けております。
 
中世史部会活動方針

中世史研究の現状と課題を明確にし、新たな中世史像の構築を目指す。そのために、定期的に部会を開催するほか、書評や研究動向の検討を進め、議論の充実を図る。
幅広い層の参加を呼びかけて部会活動の活性化を図り、その成果を会誌に反映させるよう努力する。
大会共同研究報告については、共同研究体制を早期に立ち上げ、部会において充分に検討する。
多様な研究テーマへの理解を深めるために、他部会や他学会・隣接諸科学との交流に努める。見学会等を実施するほか、文化財保存問題にも取り組む。
運営委員会を開催して運営委員間の問題関心などについて議論を深め、部会運営の活性化・円滑化に反映させるよう努める。

第55回 中世史サマーセミナー

第55回 中世史サマーセミナー published on

第55回 中世史サマーセミナー  

日程:2017年8月23日(水)~25日(金) 2泊3日

 ※部分参加の場合は要相談。

宿泊:湖畔の温泉宿くにびき(島根県出雲市湖陵町二部一二三〇)

報告:「西日本海世界と石見銀山」

巡検:石見銀山、古代出雲歴史博物館、出雲大社、日御碕神社(予定)

定員:70名。7月12日(水)締切。先着申込順。定員になり次第締め切り。

参加費:2万8千円程度(全日参加の場合)

 

お申込み方法:左記連絡先までメールにて、参加希望の旨及び返信先をご記入の上、お申し込みください。折り返し申込入力フォームをお送り致します。

 ※申込入力フォームをご返信頂いてからの申込完了となります。ご注意下さい。

メールアドレス:chuseishi.summerseminar55@gmail.com

フェイスブック:https://www.facebook.com/chuseishi.summerseminar55/

 「第55回中世史サマーセミナー」で検索。

 ※申込み状況等を定期的に更新します。ぜひ、ご確認下さい。

主催:第55回中世史サマーセミナー実行委員会 (広島大学)

実行委員:本多博之(実行委員長)、藤田慧(事務局長)ほか

 

追記:8月26日に、オプショナルツアー「「益田家文書」の世界を歩く」が益田市教育委員会の主催で企画されています。第55回中世史サマーセミナーとは別にお申し込みいただく必要がありますので、詳細・お申し込みは益田市ホームページhttps://www.city.masuda.lg.jp/soshiki/182/detail-39910.htmlをご覧ください。

2016年5月23日(火)中世史部会

2016年5月23日(火)中世史部会 published on

日時:5月23日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:山本康司氏

題目:「南北朝期における足利家と執事」

《参考文献》

小要博「発給文書よりみたる足利義詮の地位と権限」(日本古文書学会編『日本古文書学論集7 中世3』吉川弘文館、1986年、初出1976年)

吉田賢司「「主従制的支配権」と室町幕府軍制研究」(『鎌倉遺文研究』26、2010年)
 

 

2016年5月21日(日)中世史部会(第1回大会準備会)

2016年5月21日(日)中世史部会(第1回大会準備会) published on

日時:5月21日(日)15:00~

場所:機関紙会館5F大会議室

報告者:長村祥知氏

題目:「中世前期の在京武力と馬政機関(仮)」

《参考文献》

木村真美子「中世の院御厩司について」(『学習院大学史料館紀要』10、1999年)

髙橋昌明「平忠盛と鳥羽院政」(同『増補改訂 清盛以前』文理閣、2004年)
 

 

2017年4月25日(火)中世史部会

2017年4月25日(火)中世史部会 published on

日時:4月25日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:村上絢一氏

題目:「室町・戦国期における葛川行者中の組織と経営」

《参考文献》

長谷川裕峰「葛川明王院における行者中」『日本仏教綜合研究』8、2010年

山口大輔「中世山間地域における生業の展開」『市大日本史』10、2007年

 

2017年3月28日(火)中世史部会

2017年3月28日(火)中世史部会 published on

【3月部会】

日時:3月28日(火)18:45~

場所:機関紙会館2F

内容:大会共同研究報告者 長村祥知氏業績検討会

報告者:田村亨氏

《検討対象論文》

長村祥知「後鳥羽院政期の在京武士と院権力」(同『中世公武関係と承久の乱』吉川弘文館、2015年、初出2008年)

同「木曾義仲の畿内近国支配と王朝権威」(『古代文化』63―1、2011年)

同「治承・寿永内乱期の在京武士」(『立命館文学』624、2012年)

通常と時間が異なります。ご注意ください。

 2017年度大会共同研究報告者の長村祥知氏にもお越しいただきます。

2017年2月21日(火)中世史部会

2017年2月21日(火)中世史部会 published on

日時:2月21日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:水嶋彩乃氏

題目:「中世における宮廷行事「五節」の展開」

《参考文献》

服藤早苗「新嘗祭と五節舞姫」『平安王朝の五節舞姫・童女  天皇と大嘗祭・新嘗祭』塙書房、2015年

沖本幸子「白拍子・乱拍子の登場ー五節の乱舞を中心に」

『今様の時代―変容する宮廷芸能』東京大学出版会、2006年、初出2003年

 

2017年1月24日(火)中世史部会

2017年1月24日(火)中世史部会 published on

日時:2017年1月24日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:大島佳代氏

題目:「鎌倉幕府草創期における幕府と奥羽―大河兼任の乱の意味―」

《参考文献》

川合康「奥州合戦ノート」(『鎌倉幕府成立史の研究』校倉書房、2004年、184~230頁、初出1989年)

塩谷順耳「兼任の乱の歴史的意義―奥州藤原氏と出羽の関係を通して―」

(『秋田地方史の研究』今村教授退官記念会編、金沢文庫、1973年、71~87頁)

 

 

2016年12月20日(火)中世史部会

2016年12月20日(火)中世史部会 published on

日時:12月20日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:黄霄龍氏

題目:「中世後期地方寺院における集団的展開とその歴史的意義―越前国大谷寺の「惣」をめぐって―」

《参考文献》

宮島敬一「戦国期地方寺社と地域社会」(『戦国期社会の形成と展開』吉川弘文館、1996年、初出1990年)

本川幹男「越知山修験道の展開と変遷」(高瀬重雄編『白山・立山と北陸修験道』名著出版、1977年)

*部会終了後に忘年会を行います。ふるってご参加ください。

2016年11月29日(火)中世史部会

2016年11月29日(火)中世史部会 published on

日時:11月29日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:田中誠氏

題目:「足利義詮期における大名―佐々木導誉を中心に―」

《参考文献》

家永遵嗣「足利義詮における将軍親裁の基盤―「賦」の担い手を中心に―」(『室町幕府将軍権力の研究』東京大学日本史学研究室、1992年)

山本康司「南北朝期室町幕府における恩賞方と仁政方」(『日本史研究』645号、2016年)