Skip to content

中世史部会は毎月1回程度開かれる部会と、随時開かれるサブグループを中心に活動しています。
部会は通常火曜日の午後6時半から9時ごろまで、日本史研究会事務所会議室で開催します。一時間半程度の報告の後、質疑・討論を行います。参加者は京阪神の大学院生が中心です。古代・近世史部会との合同部会になることもあります。サブグループでは、大会共同研究報告の準備や書評会・学習会等を行い、中世史研究全般における課題の明確化と参加者相互の研究交流を図っています。また、遺跡や展覧会等の見学会を随時行うほか、文化財保護を意識した科学運動も行っています。
部会活動にはどなたでもご自由に参加できます。より充実した活動にしたいと考えておりますので、積極的なご参加・ご発言をお願いします。部会報告のご希望もぜひお寄せ下さい。

ご案内
中世史部会では、メールでの部会案内送信を希望される方をメール会員としております。会費は500円です。入会を希望される方は、郵便口座(01040-7-32540 日本史研究会中世史部会)に会費をお振り込み下さい。通信欄にメールアドレスと、メール会員加入を希望される旨をご記入下さるよう、お願いします。メールにてのお申し込み、部会ご参加時のお申し込みも受け付けております。
 
中世史部会活動方針
中世史研究の現状と課題を明確にし、新たな中世史像の構築を目指す。そのために、定期的に部会を開催するほか、書評や研究動向の検討を進め、議論の充実を図る。
幅広い層の参加を呼びかけて部会活動の活性化を図り、その成果を会誌に反映させるよう努力する。
大会共同研究報告については、共同研究体制を早期に立ち上げ、部会において充分に検討する。
多様な研究テーマへの理解を深めるために、他部会や他学会・隣接諸科学との交流に努める。見学会等を実施するほか、文化財保存問題にも取り組む。
運営委員会を開催して運営委員間の問題関心などについて議論を深め、部会運営の活性化・円滑化に反映させるよう努める。

2020年9月13日(日)中世史部会 大会共同研究報告準備会

2020年9月13日(日)中世史部会 大会共同研究報告準備会 published on

日時:9月13日(日)14:30~

*通常の部会の曜日・時間帯と異なります。ご注意ください。

場所:オンラインにて開催(zoomを使用)

報告者:前田英之氏

題目:「鎌倉期の荘園制と複合的荘域」

《参考文献》
高橋一樹「中世荘園制の形成」(『中世荘園制と鎌倉幕府』塙書房、2004年[初出2002年])
上島享「庄園制と知行国制」(『日本中世社会の形成と王権』名古屋大学出版会、2010年)

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、今回の準備会はオンラインの形式で行います。

参加をご希望の方は、前日までに中世史部会のメールアドレス(medieval@nihonshiken.jp)へ、氏名を明記してご連絡ください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

2020年4月21日(火)中世史部会

2020年4月21日(火)中世史部会 published on

日時:4月21日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:兒玉良平氏

題目:「大永度遣明船と島津豊州家」

《参考文献》
福島金治「室町期の日向国の社会と文化」(『宮崎県史 通史編 中世』、1998年)
伊藤幸司「大内氏の琉球通交」(『年報中世史研究』28号、2003年)

※本部会は、昨今の新型コロナウイルスの影響に鑑み、延期とさせていただきます。報告者、参加者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。代替日程につきましては、改めてご案内させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年4月7日(火)中世史部会

2020年4月7日(火)中世史部会 published on

日時:4月7日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:葛栩婷氏

題目:「慈円の中国認識について―『愚管抄』を中心に」

《参考文献》
大隅和雄「『愚管抄』における「漢家」と「日本国」」(『史論』44、1991年)
平田俊春「帝王編年記の批判」(『私撰国史の批判的研究』国書刊行会、1982年)

※本部会は、昨今の新型コロナウイルスの影響に鑑み、延期とさせていただきます。報告者、参加者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。代替日程につきましては、改めてご案内させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年7月2日(土) 中世史部会(第2回 大会準備報告会)

2016年7月2日(土) 中世史部会(第2回 大会準備報告会) published on

日時:7月2日(土)15:00~
場所:機関紙会館2F
報告者:生駒孝臣氏
題目:「中世国家と畿内の武士社会」(仮)

《参考文献》

  • 熊谷隆之「摂津国長洲荘悪党と公武寺社」(勝山清次編『南都寺院文書の世界』思文閣出版、2007年)
  • 山田徹「室町領主社会の形成と武家勢力」(『ヒストリア』223号、2010年) 


*通常の部会と曜日が異なりますのでご注意ください。 

2020年3月24日(火)中世史部会大会共同研究報告業績検討会

2020年3月24日(火)中世史部会大会共同研究報告業績検討会 published on

日時:3月24日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

内容:大会共同研究報告者 前田英之氏業績検討会

報告者:金澤木綿氏

《検討対象論文》

「平家政権と国家的収取体制―一国平均役「本所沙汰」弁済の成立―」(『平家政権と荘園制』吉川弘文館、2017年、初出2013年)

「鎌倉前・中期における一国平均役徴収方式」(『平家政権と荘園制』吉川弘文館、2017年)

「一国平均役の制度と運用実態―伊勢公卿勅使駅家雑事役の検討から―」(『ヒストリア』269号、2018年)

*2020年度大会共同研究報告者の前田英之氏にもお越しいただきます。

2016年6月28日(火) 中世史部会

2016年6月28日(火) 中世史部会 published on

日時:6月28日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:勅使河原拓也氏

題目:「内乱期の西国御家人制と源義経」

《参考文献》

川合康「治承・寿永の「戦争」と鎌倉幕府」(『鎌倉幕府成立史の研究』校倉書房、2004年、初出1991年)

高橋典幸「御家人役研究の一視角」(『鎌倉幕府軍制と御家人制』吉川弘文館、2008年、初出1996年)

高橋典幸「御家人制の周縁」(同上、初出1999年)

2020年2月25日(火)中世史部会

2020年2月25日(火)中世史部会 published on

日時:2月25日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:相馬和将氏

題目:「室町・戦国期の青蓮院門跡の存続と法流相承」

《参考文献》
小山聡子「中世後期の青蓮院門跡における三昧流と二九一聖教の相承」(『地方史研究』52-1、2002年2月)
安藤弥「戦国期の大坂本願寺教団と比叡山延暦寺」(同『戦国期宗教勢力論』法藏館、2019年、初出2018年)

2020年2月4日(火)中世史部会

2020年2月4日(火)中世史部会 published on

日時:2月4日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:金建佑氏

題目:「織豊期における神職吉田家-『兼見卿記』の分析を通じて」(仮)

《参考文献》
萩原龍夫「吉田神道の発展と祭礼組織」(『増補版・中世祭祀組織の研究』吉川弘文館、2013年(初版は1962年))
井上智勝「室町期の吉田家と神祇官」(『近世の神社と朝廷権威』吉川弘文館、2007年)

※近世史部会との合同部会です。

2016年6月11日(土) 中世史部会

2016年6月11日(土) 中世史部会 published on

日時:6月11日(土)14:00~

場所:機関紙会館2F

報告者:アンドリュー・ゴーブル氏

題目:「中近世移行期の都市における医療文化の展開―「町医」山科言経と天満・六条本願寺寺内町を中心に―」

《参考文献》

アンドリュー・ゴーブル「織豊期に於ける曲直瀬家の医療文化の展開―毛利大名家との関係を例に―」(武田科学振興財団杏雨書屋編『曲直瀬道三と近世日本医療社会』武田科学振興財団、2015年)

同「山科言経日記(言経日記)の診療録的記載―『医学天正記』を背景に―」(同上)

 

*近世史部会との合同部会です。通常と曜日が異なりますのでご注意ください。

 

2020年1月28日(火)中世史部会

2020年1月28日(火)中世史部会 published on

日時:1月28日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:窪田頌氏

題目:「豊後「国衆」考」

《参考文献》
勝俣鎮夫「戦国法」(同『戦国法成立史論』東京大学出版会、1979年、初出1976年)
黒田基樹「戦国期外様国衆論」(同『戦国大名と外様国衆』文献出版、1997年)