Skip to content

近現代史部会は、毎月2回程度の部会と随時開かれるサブグループを中心に活動しています。
部会は原則として、木曜日の午後6時半から9時ごろまで、おもに日本史研究会事務所会議室で開催し、一時間程度の報告の後、質疑・討論を行います。
参加者は関西各所の若手研究者が中心で、中堅層以上の参加も呼びかけています。報告内容は近現代史全般にわたりますが、他部会・他学会との合同部会 や、外国史・隣接諸学問に関する企画を実施することをつうじて、当部会から新たな近現代史像を発信できるよう努力していきたいと考えています。
サブグループでは、大会共同研究報告に関わるテーマの研究会や書評会等を行い、大会テーマに関する論点を深めていくとともに、そこから照射される現在の歴史認識についても議論する等、近現代史研究の現状と課題とを明確にしたうえで、それに対する日本史研究会の方向性を模索する場として位置づけたいと考えております。
また今年度も、歴史学研究会との合同企画等を予定しておりますので、こちらの方にもふるってご参加下さい。これらの部会活動には、部会員に限らずど なたでも参加できます。多様な関心をもった人々が多くつどい、より活発な議論を行うことで、一層充実した活動が行えるように、部会を運営していきたいと考 えております。また研究報告のご希望も是非お寄せ下さいますよう、お願いいたします。
案内
部会案内は、年額800円(メール配信の場合年額500円)の部会費をお支払いくだされば、どなたにでも郵送いたします。左記の部会担当者に直接お渡しいただくか、郵便振替口座(01000-3-19958 日本史研究会近現代史部会)をご利用下さい。
その他にも、部会に対するご意見・ご要望やお問い合わせ、また研究報告のご希望等ございましたら、研究委員の方までご連絡ください。
近現代史部会活動方針

1. 部会員の多様な問題関心をふまえ、近現代史の新たな方向性を模索する。また、さまざまな分野からの報告を求め、近現代史像の総体的把握につながる議論の場を作るよう努力する。
2. 近現代史研究の新たな動向に対して、書評会などの企画に積極的な取り組みを行う。
3. 他学会・部会との協力を行うとともに、隣接諸学との学問的交流をすすめる。
4. 部会への広範な参加者が得られるよう、運営面でも努力する。その際、討論の成果を会誌に反映できるよう努める。
5. 昨年に引き続き、彙報の早期掲載に努力する。

2020年9月5日(土)  9月部会(大会共同研究報告第2回準備会)

2020年9月5日(土)  9月部会(大会共同研究報告第2回準備会) published on

9月部会を以下の通り開催します。
◆2020年度日本史研究会9月部会(大会共同研究報告第2回準備会)
・日時 2020年9月5日(土) 14:00~18:00

・会場 オンライン配信で開催(zoomを使用)

報告① 山口明日香氏「戦前日本の漁業発展と水産資源:トロール・機船底曳網漁業を中心に」
〈参考文献〉
・片岡千賀之「戦前の東シナ海・黄海における底魚漁業の発達と政策対応」『国際常民文化研究叢書2 』2013
 
 
 
 

報告② 高柳友彦氏「近代日本における資源利用の相克と地域社会-温泉資源を事例に-」(仮題)
〈参考文献〉
・高柳友彦「産業化 に よ る 資源 利用 の 相克」『社会経済史学』77巻4号、2012年。

注意:配信方法について
感染症が蔓延する状況を考慮し、9月部会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、前日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

なお、これまで暫定的に出席者を部会員のみに限定しておりましたが、今回から一般の方もご参加いただけます

2020年7月19日(土) 7月部会(大会共同研究報告第1回準備会)

2020年7月19日(土) 7月部会(大会共同研究報告第1回準備会) published on

7月部会を以下の通り開催します。
◆2020年度日本史研究会7月部会(大会共同研究報告第1回準備会)
・日時 2020年7月19日(日) 9:00~12:00

・会場 オンライン配信で開催(zoomを使用)

報告① 山口明日香氏「戦前日本の漁業発展と水産資源:トロール・機船底曳網漁業を中心に」
〈参考文献〉
・片岡千賀之「戦前の東シナ海・黄海における底魚漁業の発達と政策対応」『国際常民文化研究叢書2 』2013
・藤井賢二「日韓漁業問題の歴史的背景」『東アジア近代史』第5号、2002
 
 
 

報告② 高柳友彦氏「近代日本における資源利用の相克と地域社会-温泉資源を事例に-」(仮題)

〈参考文献〉
・小田康徳「公害問題史研究の現状と課題」『日本史研究』 第149 号 、1975 年
・菅井益郎「日本資本主義の公害問題(一) (二): 四大銅山鉱毒・煙害事件」『社會科學研究』 30(4)(6) 1979年
・高柳友彦「産業化 に よ る 資源 利用 の 相克」『社会経済史学』77巻4号、2012年。

注意:配信方法について
感染症が蔓延する状況を考慮し、7月部会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、前日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。
オンライン配信の特性から、本ミーティングの参加者は近現代史部会員のみ(このメールを受け取られた方)に限定させていただきます。URL・IDなどをHPに掲載する予定はございません、本来なら学会活動を公開して広く参加を呼びかけたいところですが、このような次第ですのでご承知おきください。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 

2016年6月4日(土)近現代史部会(第1回卒業論文報告会)

2016年6月4日(土)近現代史部会(第1回卒業論文報告会) published on

近現代史部会 第1回卒業論文報告会

※大阪歴史学会近代史部会・大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会と共催

 

日時 2016年6月4日(土)13:00~

場所 機関紙会館2階会議室

京都市上京区新町通り丸太町上ル東側
(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)

 

報告① 13:00~13:50 ※報告30分・質疑20分(以下同)

長谷川達朗氏(一橋大学)

「日本村落近代化過程における「村の組織化」―兵庫県宍粟郡与位村を事例として―」

〈参考文献〉

・松沢裕作『明治地方自治体制の起源』(東京大学出版会、2009年)
・庄司俊作編『市町村合併と村の再編』(農産漁村文化協会、2014年)
・今村直樹「近代移行期の地域資産をめぐる官と民」(『史林』91-6、2008年)

 

報告② 13:50 ~14:40

十河和貴氏(立命館大学)
「大正後期の政界と元老再生産―松方正義・牧野伸顕・平田東助を中心として―」

〈参考文献〉

・永井和「西園寺公望、最後の元老となる」(『青年君主昭和天皇と元老西園寺』京都大学学術出版会、2003年、第3章)

・村井良太「転換期における首相選定―加藤高明内閣成立にいたる政治変動―1918-1924」(法学政治学篇『六甲台論集』第45巻第1号、1998年)

・荒船俊太郎「大正後期の松方正義と「元老制」の再編」(『史學雑誌』122-1、2013年)

 

報告③ 15:00~15:50

川髙純貴氏(京都大学)

「大戦間期満州における「大陸主義」―金子雪斎とその思想的影響―」

〈参考文献〉

・松沢哲成「満州事変と「民族協和」運動」(『国際政治』43号、1970年)

・山室信一『キメラ 満洲国の肖像 増補版』(中央公論新社、2004年)第二・三章

・渡辺龍策『大陸浪人 明治ロマンチシズムの栄光と挫折』(番町書房、1967年)第5章

 

報告④ 15:50~16:40

牧野竜也氏(神戸大学)

「一九三〇年代前半の日本における対ソ政策形成過程―北満鉄道譲渡交渉をめぐる外務省と陸軍―」

〈参考文献〉

・佐藤元英「北満鉄道譲渡交渉をめぐる日ソ関係」(『駒沢大学文学部研究紀要』54、1996年)

・北岡伸一「陸軍派閥対立(1931〜35)の再検討」(近代日本研究会編『昭和期の軍部』山川出版社、1979年)

・酒井哲哉『大正デモクラシー体制の崩壊』(東京大学出版会、1992年)

 

報告⑤ 16:50~17:40

佐藤圭祐氏(京都府立大学)
「『非常時外交の適任者』広田弘毅の検証―1933年『非常時日本』に関連して―」

〈参考文献〉

・服部龍二『広田弘毅「悲劇の宰相」の実像』(中央公論新社、2008年)
・北岡伸一『日本の近代5 1924~1941政党から軍部へ』(中央公論新社、1999年)
・酒井哲哉『大正デモクラシー体制の崩壊 内政と外交』(東京大学出版会、1992年)

2020年5月30日(土) 近現代史部会 5月部会(大会共同研究報告業績検討会)

2020年5月30日(土) 近現代史部会 5月部会(大会共同研究報告業績検討会) published on

5月部会を以下の通り開催します。
◆2020年度日本史研究会5月部会(大会共同研究報告業績検討会)
・日時 2020年5月30日(土) 14:30〜18:00頃

・会場 オンライン配信で開催(zoomを使用予定、報告者の山口氏・高柳氏も参加されます)
※参加方法について、下記をお読みください。

・報告 海野大地氏 「山口明日香氏の研究業績について」

    濱田恭幸氏 「高柳友彦氏の研究業績について」

 
・参考文献
◆海野報告
・山口明日香『森林資源の環境経済史:近代日本の産業化と木材』(慶應義塾大学出版会、2015年)
◆濱田報告
・高柳友彦「温泉地における源泉利用―戦前期熱海温泉を事例に―」(『歴史と経済』191号、2006年)

・同「産業化による資源利用の相克―戦前期常磐湯本温泉を事例に―」(『社会経済史学』77巻4号、2012年)

・同「源泉利用と通じた地域行財政運営の歴史的変容―戦前期道後湯之町を事例―」(『歴史と経済』56巻3号、2014  年)

※注意:配信方法について
感染症が蔓延する状況を考慮し、5月部会はミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、前日の5月29日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。IDの配布は5月20日以降の予定です。
オンライン配信の特性から、本ミーティングの参加者は近現代史部会員のみに限定させていただきます。URL・IDなどをHPに掲載する予定はございません。
本来なら学会活動を公開して広く参加を呼びかけたいところですが、このような次第ですのでご承知おきください。

2016年8月6日(土)近現代史部会(第2回卒業論文報告会)

2016年8月6日(土)近現代史部会(第2回卒業論文報告会) published on

近現代史部会 第2回卒業論文報告会

※大阪歴史学会近代史部会・大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会と共催

 

日時 2016年8月6日(土)11:00~ ※第一回目と開始時間が異なるのでご注意下さい

場所 機関紙会館2階会議室

京都市上京区新町通り丸太町上ル東側
(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)

 

報告① 11:00~11:50 ※報告30分・質疑20分(以下同)

林和樹氏(京都大学)

「明治前期における鉄道の論理と地域の論理―日本鉄道八戸支線の検討―」

〈参考文献〉

・青木栄一「鉄道忌避伝説に対する疑問」(日本地理教育学会編『新地理』29―4、帝國書院、1982年)

・宇田正「明治前期東北幹線鉄道建設計画と地方事情―史料紹介を中心に―」(『追手門経済論集』4―1、1969年)

・八戸市史編纂委員会編『新編八戸市史通史編Ⅲ近現代』第1章(八戸市、2014年)

 

報告② 12:00~12:50

苧野瑞生氏(大阪大学)

「明治期キリスト者のアジア主義―大日本海外教育会を中心に―」

〈参考文献〉

・稲葉継雄「京城学堂について―旧韓末日語学校の一事例―」(『日本の教育史学:教育史学会紀要』29、1986年)

・松谷基和「明治期クリスチャンと朝鮮開化派―キリスト教徒アジア主義の交錯―」(『アジア主義は何を語るのか』ミネルヴァ書房、2013年)
・中川未来『明治日本の国粋主義思想とアジア』(吉川弘文館、2016年)

報告③ 14:00~14:50

石塚洋介氏(京都大学)

「近代日本における結核対策の構想とその実際―明治末期から昭和初期―」

〈参考文献〉

・小松良夫「明治以後の結核史をいかに区分したらよいか」(『医学史研究』第1号、1960年)

・青木純一『結核の社会史―国民病対策の組織化と結核患者の実像を追って』(御茶の水書房、2004年)
・常石敬一『結核と日本人―医療政策を検証する』(岩波書店、2011年、特に第二章)

 

報告④ 15:00~15:50

立花大咲氏(京都大学)

「『協力内閣』運動と『憲政常道』の転換点」

〈参考文献〉

・坂野潤治「『憲政常道』と『協力内閣』」(『近代日本の外交と政治』研文出版、1985年)

・小山俊樹「『協力内閣』構想と元老西園寺公望」(『史林』84号、2001年)

・川田稔『満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘』(講談社、2010年)第8章

 

報告⑤ 16:00~16:50

松原章太氏(同志社大学)

「神武天皇「聖蹟」試論」

〈参考文献〉

・森本和男「明治天皇聖跡と国民精神総動員」(『文化財の社会史』彩流社、2010年)
・鈴木良編『奈良県の百年』(山川出版社、1985年)

2016年近現代史サマーセミナーのお知らせ

2016年近現代史サマーセミナーのお知らせ published on

近現代史サマーセミナーとは、大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会・大阪歴史学会近代史部会・日本史研究会近現代史部会の有志による実行委員会が毎年主催する、研究報告会・書評会・フィールドワークを軸とする合宿形式のイベントです。

今年は以下の要領で開催します。どうぞ奮ってご参加下さい。

 

【日時】2016年9月10~11日(土~日)

集合 東舞鶴駅北口(12:30)

 

【1日目】書評・研究報告(13:00~)

・書評

対象:白川哲夫『「戦没者慰霊」と近代日本 殉難者と護国神社の成立史』(勉誠出版、2015年)

評者:原田敬一氏(佛教大学)、山口一樹氏(立命館大学)

※書評会には著者の白川氏も来られます。

・研究報告

朴海仙氏(立命館大学)「帝国の民衆―大本教と普天教を中心に―(仮)」

 

【2日目】研究報告・フィールドワーク(9:30~)

・研究報告

橋本紘希氏(名古屋大学)「国家における「歴史」の形成と地域―長慶天皇陵治定問題を題材として―(仮)」

・フィールドワーク

対象:舞鶴市東地区・舞鶴引揚記念館

 

【会場・宿泊】

会場 舞鶴東コミュニティセンター1階会議室

(京都府舞鶴市浜2021番地 会場には駅からタクシーで向かいます)

宿泊 ポートシャインホテル

(京都府舞鶴市溝尻140-1 東舞鶴駅北口徒歩17分)

 

【参加費】15,000円(全日程参加の場合)

 

【定員】30名程度

 

【申込期間】7月1日~定員到達次第

 

【参加受付】サマーセミナー実行委員・濱田恭幸

kansai910kindaisamasemi◆gmail.com(送信する際は◆を@に変換してください)

2020年2月20日(木) 近現代史部会 2月部会

2020年2月20日(木) 近現代史部会 2月部会 published on

 

2月部会を以下の通り開催します。

・日時 2020年2月20日(木) 18:30~20:30

・会場 機関紙会館2階 会議室(京都府京都市上京区春帯町新町通丸太町上る350)

・報告 津田壮章氏(京都大学大学院人間・環境学研究科)
「隊友会と国防―戦後地域社会における在郷軍人会・民兵・民間防衛―」

参考文献
〈参考文献〉
 河木邦夫「民間防衛の史的変遷について」(『防衛大学校紀要社会科学分冊』100集,pp.57-80,2010年)
 樋口恒晴「〝郷土防衛隊〟構想の消長」(『政教研紀要』22集, pp.113-133,1998年)
 佐道明広『自衛隊史論』(吉川弘文館,2015年)

 

2016年7月17日(日)近現代史部会(第1回大会準備報告会)

2016年7月17日(日)近現代史部会(第1回大会準備報告会) published on

近現代史部会 大会共同研究報告 第1回準備会

 

日時: 2016年7月17日(日)14:00~

場所: 機関紙会館2階会議室

(京都市上京区新町通り丸太町上ル東側)

  • 報告: 内山一幸氏「旧誼と朝臣―明治零年代における天皇・華族・士族―」(仮)
  • ≪参考文献≫

・大久保利謙『華族制の創出』(吉川弘文館、1993年)
・真辺将之「明治期『旧藩士』の意識と社会的結合―旧下総佐倉藩士を中心に―」(『史学雑誌』114-1、2005年)

2020年1月17日(金) 近現代史部会 1月部会

2020年1月17日(金) 近現代史部会 1月部会 published on

1月部会を以下の通り開催します。
※大阪歴史学会近代史部会との合同部会となります。

・日時:1月17日(金)18:30~21:00

・場所:機関紙会館2階会議室
(京都府京都市上京区春帯町新町通丸太町上る350、京都市営地下鉄丸太駅下車徒歩10分)

・報告 加藤真生「19世紀ヨーロッパにおける軍事医療ネットワークの形成と日本陸軍軍医部」

 
 
・参考文献
羽賀祥二「明治維新と「政表」の編製」(『日本史研究』388)、1994年)
W・マクニール(佐々木昭夫訳)『疫病と世界史(下)』(中公文庫、2007年)
黒沢文貴「近代日本と赤十字」(黒沢文貴 河合利修編『日本赤十字社と人道援助』東京大学出版会、2009年所収)

 

2019年12月19日(木) 近現代史部会 12月部会

2019年12月19日(木) 近現代史部会 12月部会 published on

12月部会を下記の通り開催します。

・日時  2019年12月19日(木) 18:30-20:30

・会場  機関紙会館2階 会議室(京都府京都市上京区春帯町新町通丸太町上る350)

・報告  池田さなえ 氏(京都大学人文科学研究所)
    「藩閥政治家の社会的基盤――品川弥二郎の北海道農牧場経営と浄土真宗本願寺派・産業界との関わりから」

・参考文献
 串山まゆら「初期議会期における品川弥二郎と本願寺派役僧」『日本宗教文化史研究』7(1)、2003
 小川功・深見泰孝「近江商人・初代伊藤忠兵衛のリスク管理と信仰の相克」『滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要』(39)、2006