Skip to content

近現代史部会は、毎月2回程度の部会と随時開かれるサブグループを中心に活動しています。
部会は原則として、木曜日の午後6時半から9時ごろまで、おもに日本史研究会事務所会議室で開催し、一時間程度の報告の後、質疑・討論を行います。
参加者は関西各所の若手研究者が中心で、中堅層以上の参加も呼びかけています。報告内容は近現代史全般にわたりますが、他部会・他学会との合同部会 や、外国史・隣接諸学問に関する企画を実施することをつうじて、当部会から新たな近現代史像を発信できるよう努力していきたいと考えています。
サブグループでは、大会共同研究報告に関わるテーマの研究会や書評会等を行い、大会テーマに関する論点を深めていくとともに、そこから照射される現在の歴史認識についても議論する等、近現代史研究の現状と課題とを明確にしたうえで、それに対する日本史研究会の方向性を模索する場として位置づけたいと考えております。
また今年度も、歴史学研究会との合同企画等を予定しておりますので、こちらの方にもふるってご参加下さい。これらの部会活動には、部会員に限らずど なたでも参加できます。多様な関心をもった人々が多くつどい、より活発な議論を行うことで、一層充実した活動が行えるように、部会を運営していきたいと考 えております。また研究報告のご希望も是非お寄せ下さいますよう、お願いいたします。
案内
部会案内は、年額800円(メール配信の場合年額500円)の部会費をお支払いくだされば、どなたにでも郵送いたします。左記の部会担当者に直接お渡しいただくか、郵便振替口座(01000-3-19958 日本史研究会近現代史部会)をご利用下さい。
その他にも、部会に対するご意見・ご要望やお問い合わせ、また研究報告のご希望等ございましたら、研究委員の方までご連絡ください。
近現代史部会活動方針

1. 部会員の多様な問題関心をふまえ、近現代史の新たな方向性を模索する。また、さまざまな分野からの報告を求め、近現代史像の総体的把握につながる議論の場を作るよう努力する。
2. 近現代史研究の新たな動向に対して、書評会などの企画に積極的な取り組みを行う。
3. 他学会・部会との協力を行うとともに、隣接諸学との学問的交流をすすめる。
4. 部会への広範な参加者が得られるよう、運営面でも努力する。その際、討論の成果を会誌に反映できるよう努める。
5. 昨年に引き続き、彙報の早期掲載に努力する。

2017年8月31日(木)近現代史部会(大会個別報告準備会)

2017年8月31日(木)近現代史部会(大会個別報告準備会) published on

日時:8月31日(木)18:00~

場所:大阪市立淀川区民センター 第3会議室(阪急十三駅 徒歩7分) 
https://www.osakacommunity.jp/yodogawa/access.html

※通常の部会と開始時間・場所が異なりますのでご注意下さい。

報告:安岡健一氏
 「「老い」に集団でむきあうということ―戦後日本の地域社会を事例に―」

(参考文献)
・天野正子『老いへのまなざし』(平凡社ライブラリー、2006年)
・安岡健一 「高度成長期地域社会における高齢者の研究」(『農業史研究』50号、2016年)

2017年9月2日(土)近現代史部会(第2回大会準備報告会)

2017年9月2日(土)近現代史部会(第2回大会準備報告会) published on

日時:9月2日(土)13:00~ 
 ※第1回準備会と開始時間が異なりますのでご注意下さい

場所:機関紙会館2階会議室(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)   

報告①:久保田裕次氏
 「満蒙政策と政友会―大正期における野田卯太郎と山本条太郎―」
(参考文献)
・伊藤之雄『大正デモクラシーと政党政治』(山川出版社、1987年)
・有馬学「東拓時代の野田卯太郎」(西南地域史研究会編『西南地域の史的展開』思文閣出版、1988年)
・小林道彦『政党内閣の崩壊と満州事変』(ミネルヴァ書房、2010年)序章

報告②:宮地忠彦氏
 「日本警察の「大正民主主義」再考―「立憲法治ノ警察」と「皇国警察」の間―」
(参考文献)
・大日方純夫『警察の社会史』(岩波書店、1993年)
・関根謙一「明治憲法下における警察の概念」(西谷剛ほか編『政策実現と行政法』有斐閣、1998年)
・渡辺治「天皇制警察の理念」(法学セミナー増刊『現代の警察』日本評論社、1980年)

*大会ではコメント報告者として季武嘉也氏が加わります。

2017年近現代史サマーセミナーin下伊那のご案内

2017年近現代史サマーセミナーin下伊那のご案内 published on

近現代史サマーセミナーとは、大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会・大阪歴史学会近代史部会・日本史研究会近現代史部会の有志による実行委員会が毎年主催する、研究報告会・書評会・フィールドワークを軸とする合宿形式のイベントです。今年は以下の要領で開催します。どうぞ奮ってご参加下さい。

<日時>
2017年9月9~10日(土・日)

<会場・宿泊>
熊谷元一写真童画館(長野県下伊那郡阿智村)/鶴巻荘(同左)

<集合>
中央道昼神温泉停留所(阿智PAに併設)13:00予定
 

<プログラム>

◇1日目:書評会◇

『日本近代の歴史』(吉川弘文館)1~3巻書評会

評者①:前田結城氏(神戸大学)
    第1巻 奥田晴樹『維新と開化』
    第2巻   大日方純夫『「主権国家」成立の内と外』
評者②:中村尚史氏(東京大学)
    第3巻   飯塚一幸『日清・日露戦争と帝国日本』
※著者の方も参加予定です。

◇2日目:研究報告会・フィールドワーク◇

研究報告:小島庸平氏(東京大学)
 「近代日本の地主制をどう捉えるか―長野県の事例を中心に―」
(参考文献)
・黒崎卓「第6章 生産要素の取引とインターリンケージ」『開発のミクロ経済学――理論と応用』岩波書店、2001年
・小島庸平「1930年代日本の養蚕型地帯における地主小作関係−−長野県埴科郡五加村を事例として」CIRJE-J-275、2016年4月
  ( http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/research/dp/2016/2016cj275ab.html で入手可能)
・坂根嘉弘『<家と村>日本伝統社会と経済発展』農山漁村文化協会、2011年

フィールドワーク:満蒙開拓平和記念館および飯田市内の各所(下伊那教育会館など)
 

<参加費>
18,000円程度(予定、全日参加の場合)

<申し込み方法>
①氏名、②性別、③郵便番号・住所、④電話番号、⑤メールアドレスを明記の上、下記猪原のアドレスまでお申し込みください。申込者には後日詳細な実施要領をお知らせします。

申し込み期間:6月12日(月)~定員30名程度到達次第

受付:サマーセミナー実行委員・猪原透 inohara◆silk.ocn.ne.jp(送信する際は◆を@に変換してください)

 

 

 

2017年7月8日(土)近現代史部会(第1回大会準備報告会)

2017年7月8日(土)近現代史部会(第1回大会準備報告会) published on

近現代史部会 大会共同研究報告 第1回準備会

日時:7月8日(土)14:00~

場所:機関紙会館2階会議室
 (地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)   

報告①:久保田裕次氏
 「鮮満経営と政友会―大正期における野田卯太郎と山本条太郎を中心に―」

(参考文献)
・伊藤之雄『大正デモクラシーと政党政治』(山川出版社、1987年)
・有馬学「東拓時代の野田卯太郎」(西南地域史研究会編『西南地域の史的展開』思文閣出版、1988年)
・小林道彦「大陸政策と人口問題」(伊藤之雄・川田稔編著『環太平洋の国際秩序の模索と日本』山川出版社、1999年)

報告②:宮地忠彦氏
 「日本警察の「大正民主主義」再考―「立憲法治ノ警察」と「皇国警察」の間―」

(参考文献)
・大日方純夫『警察の社会史』(岩波書店、1993年)
・関根謙一「明治憲法下における警察の概念」(西谷剛ほか編『政策実現と行政法』有斐閣、1998年)
・渡辺治「1920年代における天皇制国家の治安法制再編成をめぐって」(『社会科学研究』(東京大学)第27巻第5/6合併号、1976年)

*なお大会ではコメント報告者として季武嘉也氏が加わります。

2017年7月16日(日)近現代史部会・卒業論文報告会

2017年7月16日(日)近現代史部会・卒業論文報告会 published on

近現代史部会 卒業論文報告会

*大阪歴史学会近代史部会・大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会と共催

日時:7月16日(日)13:00~

場所:機関紙会館2階会議室(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)  

報告①:海野大地氏(立命館大学)
 「官民協調体制への移行期における有力党員の結集―「政友会院外団」の成立を題材に」(仮)

(参考文献)
・高橋彦博「院外団の形成―竹内雄氏からの聞き書を中心に」(『社會勞働研究』30-3・4、1984年)
・伊藤之雄『立憲国家と日露戦争―外交と内政1898~1905』(木鐸社 、2000年)
・伊東久智「政友会の院外団と「院外青年」」(安在邦夫・真辺将之・荒船俊太郎編著『近代日本の政党と社会』日本経済評論社、2009年)
 

報告②:跡部史浩氏(神戸大学)
 「初期社会主義における農村社会論―農村問題をめぐる議論の展開過程―」

(参考文献)
・牧原憲夫「明治社会主義の農民問題論」(『歴史評論』第339号、1978年)
・林彰「座間止水の思想的転回―日本における初期社会主義思想の受容の一形態―」(『史学雑誌』第104編第3号、1995年)
 

報告③:望月みわ氏(大阪大学)
 「日露戦争後における電信利権をめぐる対外交渉の展開」

(参考文献)
・有山輝雄『情報覇権と帝国日本Ⅲ 東アジア電信網と朝鮮通信支配』(吉川弘文館、2016年)
・薛軼群『近代中国の電信建設と対外交渉 多国間協調・対立関係の変容』(勁草書房、2016年)
 

報告④:森島香恋氏(京都大学)
 「女性雑誌に見る日本の第一次世界大戦観」

(参考文献)
・慶應義塾大学法学部政治学科玉井清研究会『第一次世界大戦参戦と日本のマスメディア』(2006年)
・高橋富子「婦人雑誌にみる日露戦争―『女学世界』と『婦人界』を中心に―」(近代女性文化史研究会『婦人雑誌の夜明け』大空社、1989年)

2017年6月14日(水)近世・近現代合同部会

2017年6月14日(水)近世・近現代合同部会 published on

日時:2017年6月14日(水)18:30~ 

場所:機関紙会館2階会議室

報告者:竹ヶ原 康佑氏

「文久~慶応前期東国情勢下における仙台藩の政治的位置に関する一考察」

【参考文献】

・栗原伸一郎『幕末戊辰仙台藩の群像-但木土佐とその周辺-』(国宝大崎八幡宮、2015)

・奈良勝司「幕末政治と〈決断〉の制度化-江戸幕閣の動向からみる-」(『ヒストリア』第223号、2010)

2017年6月10日(土)古代・近現代史合同部会「世界遺産と天皇陵古墳を問う」

2017年6月10日(土)古代・近現代史合同部会「世界遺産と天皇陵古墳を問う」 published on

日時:2017年6月10日(土)13:30~17:00

場所:機関紙会館5階大会議室 京都市上京区新町通丸太町上る春帯町350
(地下鉄烏丸線丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)

報告:
 今尾文昭「4・5世紀の近畿中部の王墓と「記紀」系譜―考古学の現況と構成資産名称の矛盾」       
 大平聡「世襲王権の成立と前方後円墳」
コメンテーター:
 高木博志・山田邦和

※入場無料。一般来場者歓迎。先着60名です。予約制ではございませんので、当日満席となる場合もございますが、悪しからずご了承ください。

2017年5月3日(水)近現代史部会・大会業績検討会

2017年5月3日(水)近現代史部会・大会業績検討会 published on

2017年度大会共同研究報告業績検討会

日時:2017年5月3日(水)14:00〜 *通常と開始時間が異なりますのでご注意ください。

場所:機関紙会館2階会議室
 (地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)   

報告①:藤井崇史氏
「久保田裕次氏の業績検討」
〈参考文献〉久保田裕次『対中借款の政治経済史ー「開発」から二十一ヵ条要求へー』(名古屋大学出版会、2016年)

報告②:十河和貴氏
「宮地忠彦氏の業績検討」
〈参考文献〉宮地忠彦『震災と治安秩序構想ー大正デモクラシー期の「善導」主義をめぐってー』(クレイン、2012年)

 

2017年4月20日(木)近現代史部会

2017年4月20日(木)近現代史部会 published on

日時:4月20日(木)18:00~ ※通常と開始時間が異なりますのでご注意ください。

場所:機関紙会館2階会議室
 (地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)   

報告:平野明香里氏(奈良女子大学博士課程)
 「平泉澄の歴史理論の展開—大正末期から終戦時を中心に—」

参考文献:
・永原慶二『皇国史観』(岩波書店、1983年)
・若井敏明『平泉澄—み国のために我つくさなむ』(ミネルヴァ書房、2006年)
・昆野伸幸『近代日本の国体論—“ 皇国史観”再考』(ぺりかん社、2008年)

2017年3月20日(月・祝)近現代史部会

2017年3月20日(月・祝)近現代史部会 published on

日時:2017年3月20日(月・祝)14:00~

場所:機関紙会館2階会議室

 京都市上京区新町通り丸太町上ル東側(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下 車すぐ)

※大阪歴史学会近代史部会・大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会との合同部会です

 

報告 津熊友輔氏(神戸大学大学院)

 「明治前期府県分合に関する基礎的研究―奈良県再設置運動を事例に―」(仮)

(参考文献)

・大島美津子『明治国家と地域社会』(岩波書店、1994年)
・谷山正道「奈良県再設置運動研究序説」(『日本文化史研究』25 、1996年)
・山上豊「明治政府の府県管治政策と人民の対応」(『近代史研究』 18、1977年)

 

報告② 出水清之助氏(神戸大学大学院)

 「愛国社系「請願」路線の形成と展開―植木枝盛の思想的変遷を中心に―」

(参考文献)

・坂野潤治「「愛国社路線」の再評価」(『社会科学研究』39-4、1987年)

・金井隆典「「哀訴」という思想―国会開設建白・請願にみる「主体」形成の過程―」(新井勝紘編『近代移行期の民衆像』青木書店、 2000年)

・小畑隆資「自由民権運動家・植木枝盛の誕生―「自由ハ土佐ノ山間 ヨリ―」」(『岡山大学法学会雑誌』50-3・4、2001年)