Skip to content

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、部会活動は2020年8月現在も、集会型(対面型)を避け、Zoomなどを活用し、10月実施予定の大会に向けた準備を中心に進めています。状況によって、各部会担当研究委員の判断で、運営委員会など、範囲・規模を限った形で会がもたれる場合(ここに情報が掲載されない場合)もございますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2021年6月6日(日)古代史部会【卒業論文大報告会】

2021年6月6日(日)古代史部会【卒業論文大報告会】 published on

2021年度 日本史研究会古代史部会・続日本紀研究会合同卒業論文大報告会

日時:2021年6月6日(日)10:30 ~ 16:30(10:15 開場)

会場:「Zoom」を利用してのオンライン開催

*通常の部会と日時が異なります。ご注意ください。

 

報告者(報告順)

桐島和大氏(神戸大学)「日本古代文書様式に関する基礎的研究―正倉院文書の写経機関に注目して―」

〈参考文献〉

・近藤毅大「八世紀における「所」と令外官司:奉写御執経所と奉写一切経司の検討から」(『史学雑誌』106-3、1997年)

・早川庄八「公式様文書と文書木簡」(『日本古代の文書と典籍』吉川弘文館、1997年、初出1985年)

栗山惠輔氏(大阪大学)「六国史にみえる臨時奉幣・奉献」

〈参考文献〉

・西宮秀紀「『続日本紀』に見える幣・幣帛記事について」(『律令国家と神祇祭祀制度の研究』塙書房、2004年)

中納雅司氏(大阪市立大学)「奈良時代の地方仏教行政について―国師制度を中心に―」

〈参考文献〉

・柴田博子「国師制度の展開と律令国家」(『ヒストリア』125、1989年)

・前田慶一「諸国講読師制度の成立と展開」(『南都仏教』84、2004年)

小髙みずき氏(同志社大学)「系譜様式・用語からみた『新撰姓氏録』皇別条と「蘇我石川両氏系図」の基礎的研究」

〈参考文献〉

・田中卓「新撰姓氏録における皇別の系譜」(『新撰姓氏録の研究』国書刊行会、1996年)

・星野良作「蘇我石川両氏系図の一考察」(『法政史学』18、1966年)

・義江明子「天寿国繍帳銘の一考察―出自論と王権論の接点―」(『日本古代系譜様式論』、吉川弘文館、2000年、初出1989年)

吉次律氏(京都大学)「追善供養からみた山陵と寺院の分布の変容―仁明天皇以降を通じて―」

〈参考文献〉

・西山良平「<陵寺>の誕生―嘉祥寺再考―」(大山喬平教授退官記念会編『日本古代の史的特質―古代・中世―』思文閣出版、1997年)

・古瀬奈津子「『国忌』の行事について」(『日本古代王権と儀式』吉川弘文館、1998年)

 

参加無料・一般来聴歓迎。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【開催方法】

①参加をご希望の方は、63日(木)までに下記URLからお申込みをお願いいたします。

(定員※1に達し次第、締め切りとさせていただきます)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfmKZT9XkgPEN9STJj5tjZzlba3jvdjKtlmM8UJTPW0I3Uhlw/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0

②後日、お申込みをいただいた方にZoomのミーティング情報(ID・パスワード・URL)、報告資料をメールにてお送りします※2。

③当日10:15より、Zoomのミーティングルームを開きます。適宜ご参加をお願いいたします。

※1 定員は100名(先着順)となっております。お早めにご連絡いただきますよう、お願いいたします。

※2 事前にZoomアプリのインストール(無料)をお願いいたします。

2021年5月24日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】

2021年5月24日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】 published on

5月24日(月)18:30~21:00 オンラインにて開催(zoomを使用)

◆第1回大会共同研究報告準備会◆

報告者:駒井 匠氏「8・9世紀の天皇と仏教」

〈参考文献〉

堀裕「平安新仏教と東アジア」(『岩波講座日本歴史』第4巻・古代4、岩波書店、2015年)

*注意:参加方法について

 参加をご希望の方は、前日までに古代史部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご了承ください。

2021年5月23日(日)近世史部会(第1回大会共同研究報告準備報告会)

2021年5月23日(日)近世史部会(第1回大会共同研究報告準備報告会) published on

□5月部会 第1回大会共同研究報告準備報告会
日時:5月23日(日) 13:00~
会場:オンライン形式(Zoomを使用)
報告:
後藤敦史氏「幕末政治史と「摂海」防備」(仮)
参考文献:
原剛『幕末海防史の研究』(名著出版、1988年)
髙久智広「畿内・近国の社会と幕末の台場築造」(後藤敦史・髙久智広・中西裕樹編
『幕末の大阪湾と台場』戎光祥出版、2018年)
後藤敦史「幕末期における幕府の大坂湾防備政策と堺台場―川村修就と勝海舟に着目して」
(『ヒストリア』280号、2020年)

千葉拓真氏「近世後期における京都の藩機構と公武関係」(仮)
参考文献:
笹部昌利「京よりの政治情報と藩是決定―幕末期鳥取藩池田家の情報収集システム―」(家近良樹編『もうひとつの明治維新 幕末史の再検討』有志舎、2006年)
千葉拓真『加賀藩前田家と朝廷』(山川出版社、2020年)

*参加を希望される方は、お手数ですが、開催前日の5月22日(土)の21:00までに、日本史研究会近世史部会のメールアドレス(earlymodern@nihonshiken.jp)まで、御名前と御自身のメールアドレスをお知らせください。報告前日に、お知らせいただいたメールアドレスに研究委員よりZoomの参加URLをお送り致します。

2021年5月19日(水)近世史部会

2021年5月19日(水)近世史部会 published on

□5月部会
日時:5月19日(水) 18:30~
会場:オンライン形式(Zoomを使用)
報告:安岡達仁氏「近世前期土佐山内家の政治構造-二代忠義の隠居とその後の位置に注目して-」

参考文献:
三宅正浩「近世初期大名家隠居政治考―蜂須賀蓬庵の場合」(『歴史評論』705、2009年、後に同『近世大名家の政治秩序』(校倉書房、2014年)に再録)
石躍胤央「土佐藩「寛文の改替」の一考察」(京都大学読史会『国史論集(二)』1959年)
高野信治『大名の相貌-時代性とイメージ化-』(清文堂出版、2014年)

*参加を希望される方は、お手数ですが、開催前日の5月18日(火)の21:00までに、日本史研究会近世史部会のメールアドレス(earlymodern@nihonshiken.jp)まで、御名前と御自身のメールアドレスをお知らせください。報告前日に、お知らせいただいたメールアドレスに研究委員よりZoomの参加URLをお送り致します。

2021年5月29日(土)中世史部会(大会共同研究報告第1回準備会)

2021年5月29日(土)中世史部会(大会共同研究報告第1回準備会) published on

日時:5月29日(土)18:30~

*通常の部会の曜日と異なります。ご注意ください。

場所:オンラインにて開催(zoomを使用)

報告者:酒匂由紀子氏

題目:「室町幕府と京都の社会構造」

《参考文献》
林屋辰三郎「町衆の成立」(『中世文化の基調』東京大学出版会、1953年、初出1950年)
豊田武「座と土倉」(『座の研究』吉川弘文館、1982年、初出1963年)

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

参加をご希望の方は、前日までに中世史部会のメールアドレス(medieval@nihonshiken.jp)へ、氏名を明記してご連絡ください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

2021年5月18日(火)中世史部会

2021年5月18日(火)中世史部会 published on

日時:5月18日(火)18:30~

場所:オンラインにて開催(zoomを使用)

報告者:倉田 尚明氏

題目:「室町期祇園会と室町幕府-義詮・義満期を中心に-」

《参考文献》
河内将芳「室町期祇園会に関する一考察」(『中世京都の都市と宗教』思文閣出版、2006年、初出2004年)
三枝暁子「室町幕府の京都支配」(『比叡山と室町幕府』東京大学出版会、2011年、初出2009年)

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

参加をご希望の方は、前日までに中世史部会のメールアドレス(medieval@nihonshiken.jp)へ、氏名を明記してご連絡ください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

2021年5月8日(土) 5月部会

2021年5月8日(土) 5月部会 published on

5月部会を以下の通り開催します。
◆2021年度5月部会
・日時 2021年5月8日(土) 14:30~17:00

・会場 オンライン配信で開催(Zoomを使用)

 
 
・報告 望月みわ氏(大阪大学大学院文学研究科)
 日清戦後経営期における在清日本郵便局の展開
 
・参考文献
石井寬治「日清戦後経営」(『岩波講座日本歴史16 近代3』岩波書店、1976年)
森勝彦「在中国日本秘密郵便局の立地」(同『中華郵便局の歴史地理』中国書店、2012年)
渡辺千尋「日清戦争後の対清経済政策と居留地経営」(『交通史研究』94号、2019年)

注意:配信方法について
感染症が蔓延する状況を考慮し、5月部会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、5月7日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

なお、部会員以外の一般の方もご参加いただけます

2021年4月25日(日) 大会業績検討会

2021年4月25日(日) 大会業績検討会 published on

2021年度大会業績検討会を以下の通り開催します。
◆2021年度大会 業績検討会
・日時 2021年4月25日(日) 14:00~17:00

・会場 オンライン配信で開催(zoomを使用)

 
 
・報告①高岡萌氏(福井県学芸員) 「田中智子氏の業績検討」
〈参考文献〉
①田中智子『近代日本高等教育体制の黎明―交錯する地域と国とキリスト教界』(思文閣出版、2012年)※特に第Ⅰ部
②長谷川洋治「ベリー、ゴードン、テイラー、アダムズとスカッダー―来日宣教医(1)アメリカン・ボードの人びと」(宗田一・蒲原宏・石田純郎編『医学近代化と来日外国人』、世界保健通信社、1988年)
③田中智子「京都看病婦学校開設運動の再検討:地域の支持形態に着目して」(『キリスト教社会問題研究』(61)、2013年)
 
・報告②堀雄高氏(京都大学大学院) 「塩原佳典氏の業績検討」
〈参考文献〉
①塩原佳典「明治前期における公立病院の興亡―長野県松本地方の医療環境をめぐる「公」の行方」(『研究論叢』89号、京都外国語大学、2017年)
②同「一八七九年コレラ流行と公立病院―長野県松本地方の医療環境」(『地方史研究』390号、2017年)
③同「松本藩(県)から筑摩県への移行期における病院・医学校政策の転回」(『信濃』[第3次]71巻2号、2019年)
 
※大会報告者の田中智子氏・塩原佳典氏も参加されます。
 
注意:配信方法について
感染症が蔓延する状況を考慮し、ミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、4月24日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

なお、部会員以外の一般の方もご参加いただけます

2021年4月27日(火)中世史部会

2021年4月27日(火)中世史部会 published on

日時:4月27日(火)18:30~

場所:オンラインにて開催(zoomを使用)

報告者:佐藤悠氏

題目:「南北朝内乱と紀伊国所在の石造物紀年銘」

《参考文献》
『和歌山県史 中世』(第二章 紀州の室町時代)和歌山県、1994年
巽三郎、愛甲昇寛編『紀伊国金石文集成』熊野速玉大社、1974年 巽三郎、愛甲昇寛、小賀直樹編『紀伊国金石文集成 続編』真陽社、1995年

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

参加をご希望の方は、前日までに中世史部会のメールアドレス(medieval@nihonshiken.jp)へ、氏名を明記してご連絡ください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

2021年4月18日(日) 4月部会

2021年4月18日(日) 4月部会 published on

4月部会を以下の通り開催します。
◆2021年度4月部会
・日時 2021年4月18日(日) 14:30~17:00

・会場 オンライン配信で開催(zoomを使用)

 
 
・報告 中井悠貴氏(立命館大学大学院文学研究科)
「「国際的民本主義」から「人類の祖国日本」へ―藤澤親雄の世界認識―」
 
・参考文献
酒井哲哉『近代日本の国際秩序論』(岩波書店、2007年)
臼井裕之「国際派からオカルト・ナショナリストへ―藤澤親雄の足跡を追う―」(『エスペラント研究』第4号、2010年)
藤村一郎『吉野作造の国際政治論』(有志舎、2012年) 

 
 
注意:配信方法について
感染症が蔓延する状況を考慮し、4月部会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、4月16日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

なお、部会員以外の一般の方もご参加いただけます
 
※近世史部会と日程が重なっていますがZoomは別になります。