Skip to content

2010年5月30日 中世史部会

2010年5月30日 中世史部会 published on

【卒業論文報告会】(大阪歴史学会中世史部会と合同)

 日時 5月30日(日)13:00~

 場所 機関紙開館5F

横丁裕紀子氏「中世祇園社の綿座支配」

高木純一氏「細川氏内衆による『評定衆』形成について」

中村明氏「足利義教による絵巻の蒐集・供覧とその意義について

      ─後花園天皇・伏見宮貞成親王との授受を中心に─」

鷺佳宏氏「応仁・文明期大内氏に見える家臣団の変化」

2010年6月15日 中近世合同サブグループ

2010年6月15日 中近世合同サブグループ published on

【特集号「移行期から見た中世と近世」スピンオフ企画 論文読み会】

 日時 6月15日(火)18:30~

 場所 機関紙会館3F

大河内勇介氏「勝俣鎮夫「戦国時代の村落」」

正岡義朗氏「山本博文「豊臣政権「取次」の特質」」

早島大祐氏「勝俣鎮夫「戦国法」」

前田学氏「三鬼清一郎「御掟・御掟追加をめぐって」」

2010年6月29日 中世史部会

2010年6月29日 中世史部会 published on

 日時 6月29日(火)18:30~

 場所 機関紙会館3F

呉座勇一氏「国人一揆研究の成果と課題」

《参考文献》

菊池浩幸ほか「中世在地領主研究の成果と課題」(『歴史評論』674号、2006年)

中世後期研究会編『室町・戦国期研究を読みなおす』(思文閣出版、2007年)

【大会共同研究報告第二回準備報告会】

【大会共同研究報告第二回準備報告会】 published on

日 時:9月4日(土) 13:00〜17:00(※延長の場合あり、曜日と時間にご注意ください) 
場 所:日本史研究会会議室(機関紙会館3階) 
●報告者:三宅正浩氏「幕藩政治秩序の成立―大名家からみた家光政権―」 
参考文献:山本博文『寛永時代』(吉川弘文館、1989)

修士論文報告会(3)

修士論文報告会(3) published on

■□修士論文報告会(3)□■

日 時:7月25日(日)13:00~17:00

場 所:機関紙会館3階会議室

 

報者①:眞杉侑里氏

論 題:「1930年代に於ける公娼廃止と売春取締の変化」

《参考文献》

・藤野豊『性の国家管理』(不二出版、2001年)、特に第2章

・小野沢あかね『近代日本社会と公娼制度―民衆史と国際関係史の視点から』(吉川弘文館、2010年)

 

報告②:長谷川一氏

論 題:「日中戦争下の兵士像」

《参考文献》

・藤井忠俊『兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く』(朝日新聞社、2000年)

・鹿野政直「軍事郵便にみる兵士」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第101集、2003年)

 

大阪歴史学会近代史部会、大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会との共催です。

2010年7月古代史部会

2010年7月古代史部会 published on

7月5日(月)  18:30 ~ 21:00 機関紙会館3階
本庄総子氏「志摩国輸庸帳をめぐる一試論」

(参考文献)
北條秀樹「文書行政より見たる国司受領化」
(同『日本古代国家の地方支配』、吉川弘文館、2000年、初出1975年)

○大会共同研究報告第二回準備会
7月19日(月)  18:00 ~21:00 機関紙会館3階
加藤麻子氏「律令文書行政の構築とその理念(仮)」

(参考文献)
川尻秋生「日本古代における合議制の特質」(『歴史学研究』763号、2002年)
所功「意見封進制度の成立」(『皇学館論叢』1巻1号、1968年)