Skip to content

2010年7月古代史部会

2010年7月古代史部会 published on

7月5日(月)  18:30 ~ 21:00 機関紙会館3階
本庄総子氏「志摩国輸庸帳をめぐる一試論」

(参考文献)
北條秀樹「文書行政より見たる国司受領化」
(同『日本古代国家の地方支配』、吉川弘文館、2000年、初出1975年)

○大会共同研究報告第二回準備会
7月19日(月)  18:00 ~21:00 機関紙会館3階
加藤麻子氏「律令文書行政の構築とその理念(仮)」

(参考文献)
川尻秋生「日本古代における合議制の特質」(『歴史学研究』763号、2002年)
所功「意見封進制度の成立」(『皇学館論叢』1巻1号、1968年)

【修士論文報告会】

【修士論文報告会】 published on

日時:7月8日(木) 18:30〜21:00(曜日にご注意下さい)
場 所:日本史研究会会議室(機関紙会館3階)
●報告者:澤井廣次氏「幕末期大坂における都市騒擾とその歴史的意義」(仮)
参考文献:坂井一「慶応二年大坂周辺打毀しについて」(『国史論集二』京都大学読史会、1959)
       佐々木潤之介編『世直し』(三省堂、1974)
       岩田浩太郎『近世都市騒擾の研究』(吉川弘文館、2004)

(近現代史部会、および大阪歴史学会近世・近代史部会との合同開催)

【大会共同研究報告第一回準備報告会】

【大会共同研究報告第一回準備報告会】 published on

日 時:7月4日(日) 13:00〜17:00(曜日と時間にご注意ください)
場 所:機関紙会館5階大会議室(会場にご注意ください)
●報告者:三宅正浩氏「幕藩政治秩序の形成と家老―大名家からみた家光政権―」(仮)
参考文献:山本博文『寛永時代』(吉川弘文館、1989)

卒業論文報告会(近世史部会との合同開催)

卒業論文報告会(近世史部会との合同開催) published on

□■卒業論文報告会■□

日 時:612日(土)

場 所:機関紙会館3階会議室

報告①:金澤真嗣氏「近世後期における講の様相―富士講を中心に―」

《参考文献》

青柳周一「富士講と交通」(『交通史研究』331994)

澤登寛聡「富士信仰儀礼と江戸幕府の富士講取締令」(『法政大学文学部紀要』472001)

 

報告②:田中有美氏「戊辰戦争期における宇都宮藩―政治的事象としての藩主・戸田忠友処遇問題の考察―」
《参考文献》

原口 清『原口清著作集3 戊辰戦争論の展開』(岩田書院、2008年)
小林友雄『宇都宮藩を中心とする戊辰戦史』(宇都宮観光協会、1970年)

 

 

報告③:松平智史氏「幕末期水戸藩「鎮派」の意識と行動」
《参考文献》

鈴木暎一『水戸藩学問・教育史の研究』(吉川弘文館、1987)

 

 

近世史部会との合同開催です

 

 

 

 

 

 

 

2010年6月古代史部会

2010年6月古代史部会 published on

【部会】
6月6日(日)  10:00 ~ 17:00 ウイングス京都セミナー室B
○卒業論文大報告会

土屋義弘氏(立命館大)
「律令国家における田租の意義―8世紀の免租からみた田租―」

佐藤早紀子氏(京都大)
「摂関期を中心にみる、雑袍勅許の性質と成立について」

齋藤美悠紀氏(奈良大)
「日本古代における贄について」

内田敦士氏(大阪大)
「景雲一切経の写経・勘経事業と称徳・道鏡政権」

前澤正之氏(神戸大)
「律令制祭祀における八十島祭の位置づけ」

会場アクセス
http://www.wings-kyoto.jp/01wings/03access.html

大会共同研究報告第一回準備会

大会共同研究報告第一回準備会 published on

日時 5月17日(月)  18:30 ~ 21:00

場所 機関紙会館3階

報告者 加藤麻子氏

報告 「律令文書行政の構築とその理念」(仮)

参考文献 吉川真司「律令太政官制と合議制」・「上宣制の成立」(『律令官僚制の研究』1998年、塙 書房)

2010年5月部会(古代史)

2010年5月部会(古代史) published on
日時 5月8日(土)  14:00 ~ 17:00
場所 機関紙会館3階
報告者 服部一隆氏(明治大学)
報告 「天聖令研究の現状と大宝令復原研究」
参考文献
  • 大津透「北宋天聖令の公刊とその意義」(『東方学』114、2007年)
  • 服部一隆「日唐田令の比較と大宝令」(『文学研究論集』18、2003年)