Skip to content

古代史部会では、毎月1,2回程度の部会を中心にサブグループ、現地見学会等の活動を行っています。部会は、原則として第1・第3月曜日の午後6時半~9時まで、日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の報告を行った後、質疑・討論をしています。参加者は、京阪神の大学院生・OD・教員が中心です。報告内容は古代史全般にわたり、他部会との合同部会や、考古学をはじめとする隣接諸分野の報告等も随時行っています。これを補うサブグループは、大会共同研究報告の準備やそれに関連した学習会・書評会の場となっています。こうした幅広い学問交流のなかから、日本古代史研究の現状と課題を把握していきたいと考えています。部会活動は、どなたでも参加できます。より充実した研究活動・交流の場にしたいと考えておりますので、積極的にご参加下さい。報告の希望も随時受け付けておりますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

ご案内
部会案内がご入り用の方は、年額1200円(メールの場合は500円)を研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替(01010-0-24636 日本史研究会古代史部会)をご利用ください。
また、部会案内についてのお問い合わせ、その他ご意見等はnihonshiken.kodai@gmail.comまでお願いいたします。

古代史部会活動方針
古代史研究の現状と課題を踏まえ、新たな指針を打ち出すべく議論を重ねる。そのために定期的な部会活動のみならず、研究動向の把握のための企画立案等、部会運営の方法の見直しを随時行う。
他の時代や考古学・国文学・美術史学など隣接諸分野の研究成果を摂取しつつ、実証的な古代史研究の構築に努める。
定例の部会活動に関しては、恒常的な参加者の確保に努め、若手研究者の積極的参加・発言を促す。大会共同研究報告については、業績検討会・準備報告会などを設け、その報告内容を綿密に議論し、その成果が報告に反映されるよう努める。
部会活動の成果が速やかに会誌に反映されるよう努める。
文化財保存問題については、総務委員会・他部会・他団体と連携するとともに、部会内部での情報共有に努め、現地見学会の実施や部会活動への反映に積極的に取り組む。
他部会・他学会との連携・交流を積極的に行い、継続的な企画となるよう努める。
上記の目的を達成するため、運営委員会を定期的に開催するとともに、その体制を強化し、部会員の主体的な参加による活発かつ円滑な部会運営を図る。

◎部会費未納入の方は下記口座までお振り込み下さい。
01010-0-24636 日本史研究会古代史部会
年会費は1200円(メール会員500円)です。滞納のある方には、3月のアンケート送付時にお知らせいたします。

2023年11月27日(月)古代史部会【大会共同研究報告反省会】

2023年11月27日(月)古代史部会【大会共同研究報告反省会】 published on

◆2023年度大会共同研究報告反省会◆
11月27日(月) 18:30~21:00  対面(機関紙会館2F)・オンライン(Zoom)併用開催
  報告者:加藤 かしこ 氏
*大会共同研究報告者の大艸 啓氏も参加されます。
*部会終了後は、対面参加者による懇親会を予定しております。

*注意:参加方法について
参加をご希望の方は、前日(11月27日)12:00までに、参加申込フォーム
https://forms.gle/SW5wjSFHKodyt9Ea9
にアクセスの上、お申し込みください。
当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。
(対面参加の方には会場にて報告資料をお渡しいたします。)

○当日は、記録作成のため運営側でレコーディングを行います。予めご了承ください。

・本年度の古代史部会は櫻井 智・浅野 咲の両名にて運営してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
・なお、部会報告の希望も随時受け付けております。ご希望の方は、ご氏名・ご所属等を明記の上、日本史研究会古代史部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)までご連絡をお願いいたします。
-----------------------------
  京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
  日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp/

 

 

 

 

 

 

 

2023年9月11日(月)古代史部会【第3回大会共同研究報告準備会】

2023年9月11日(月)古代史部会【第3回大会共同研究報告準備会】 published on

9月11日(月) 18:30~21:00  オンラインにて開催(Zoomを使用)
◆第3回大会共同研究報告準備会◆

報告者:大艸 啓 氏 「平安京と寺院建立―京外建立の背景をめぐって―」

〈参考文献〉
・佐藤泰弘「桓武朝の復古と革新」(『年報都城』12号、2000年)
・堀裕「平安京と寺々―平安初期の構造と歴史―」(西山良平・鈴木久男編『古代の都3 恒久の都 平安京』吉川弘文館、2010 年)

※ 参加をご希望の方は、前日(9月10日)12:00までに、参加申し込みフォームURL(https://forms.gle/qJzZSdcoG4dkUfRv6)よりお申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp/

2023年8月28日(月) 古代史部会【大会共同研究報告援助報告会②】

2023年8月28日(月) 古代史部会【大会共同研究報告援助報告会②】 published on

8月28日(月) 18:30~21:00  オンラインにて開催(Zoomを使用)
◆大会共同研究報告援助報告会②◆

報告者:山田 邦和 氏 「平安京と仏堂・寺院」

〈参考文献〉
・山田邦和『京都の中世史7「変貌する中世都市京都」』(東京、吉川弘文館、2023年)
・山田邦和『京都都市史の研究』(東京、吉川弘文館、2009年)

* 参加をご希望の方は、前日(8月27日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/1i9maj8HvQc313Hq8)よりお申し込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
 日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年8月21日(月) 古代史部会【大会共同研究報告援助報告会①】

2023年8月21日(月) 古代史部会【大会共同研究報告援助報告会①】 published on

8月21日(月) 18:30~21:00  オンラインにて開催(Zoomを使用)
◆大会共同研究報告援助報告会①◆

報告者:堀 裕 氏 「平安京遷都前後の仏教―政治史・制度史を中心に―」

※ 参加をご希望の方は、前日(8月20日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/6qepfi37e7c7RkQr5)よりお申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
 日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年7月31日(月) 古代史部会

2023年7月31日(月) 古代史部会 published on

7月31日(月) 19:00~21:30  オンラインにて開催(Zoomを使用)
※ 開始時刻・終了予定時刻が通常の部会と異なります。ご注意ください

報告者:村上 孟謙 氏「山城国海印三昧寺の創立」

〈参考文献〉
・三浦圭一「海印寺寂照院の歴史」(長岡京市教育委員会『寂照院総合調査報告書』長岡京市文化財調査報告書第16集、1985年)
・中林隆之「平安前・中期の華厳宗と古代王権」(『古代文化』67-4、2016年)

※ 参加をご希望の方は、前日(7月30日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/tT29kA9UCrqQdwMr9)よりお申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階  
日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年7月24日(月) 古代史部会

2023年7月24日(月) 古代史部会 published on

7月24日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

報告者:佐野 啓生 氏「10-11世紀における東宮傅の位置づけとその展開」

〈参考文献〉
・笠井剛「東宮傅・東宮学士の研究」(『皇學館論叢』31巻4号、1998年)
・吉川真司「摂関政治の転成」(『律令官僚制の研究』塙書房、1998年、初出1995年)

※ 参加をご希望の方は、前日(7月23日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/WSFFSXVxPS4TNcCo6)よりお申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階  
日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年7月17日(月祝)古代史部会【第2回大会共同研究報告準備会】

2023年7月17日(月祝)古代史部会【第2回大会共同研究報告準備会】 published on

7月17日(月祝) 18:30~21:00  オンラインにて開催(Zoomを使用)
◆第2回大会共同研究報告準備会◆

報告者:大艸 啓 氏 「平安京と寺院建立(仮)」

〈参考文献〉
・佐藤泰弘「桓武朝の復古と革新」(『年報都城』12号、2000年)
・堀裕「平安京と寺々―平安初期の構造と歴史―」(西山良平・鈴木久男編『古代の都3 恒久の都 平安京』吉川弘文館、2010 年)

※ 参加をご希望の方は、前日(7月16日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/DgUYJJCPDA33bC1D8)よりお申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階  
日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年6月11日(日) 古代史部会【卒業論文大報告会】

2023年6月11日(日) 古代史部会【卒業論文大報告会】 published on

2023年度 日本史研究会古代史部会・続日本紀研究会 合同卒業論文大報告会のご案内

※通常の部会と日時が異なります。ご注意ください

【日時】 2023年6月11日(日)10:30 ~ 15:00 (10:15 開場)
【会場】 Zoomを利用してのオンライン開催
【報告者】
① 10:40~11:25 三好啓介 氏(神戸大学)「凡河内国造をめぐる基礎的考察」
〈参考文献〉
 ・吉田晶「凡河内直氏と国造制」(『日本古代国家成立史論』東京大学出版会、1973年)
 ・八木充「凡直国造とミヤケ」(『日本古代政治組織の研究』塙書房、1986年、初出1977年)
② 11:25~12:10 竹内舜典 氏(大阪大学)「9・10世紀の地方支配と藤原純友の乱」
〈参考文献〉
 ・寺内浩「地方支配の変化と天慶の乱」(『岩波講座日本歴史 古代4』岩波書店、2015年)
③ 13:20~14:05 飯田なつみ 氏(京都大学)「説話集における「穢」の諸相」(仮)
〈参考文献〉
 ・西山良平「王朝都市と《女性の穢れ》」(『日本女性生活史1 原始・古代』東京大学出版会、1990年)
 ・山本幸司「貴族社会に於ける穢と秩序」(『日本史研究』287、1986年)
④ 14:05~14:50 佐々木涼 氏(同志社大学)「『諏訪大明神絵詞』の成立過程と制作意図―諏訪円忠・諏訪満嗣の視点から―」
〈参考文献〉
 ・石井裕一朗「『諏訪大明神絵詞』外題・奥書考」(『信濃』72-12、2020年)
 ・同「『諏訪大明神絵詞』成立についての試論」(『諏訪信仰の歴史と伝承』三弥井書店、2019年)

※参加無料、会員・非会員を問わず、広くご参加をお待ちしております。
※当日は記録作成のため、運営側で録音・録画を行います。あらかじめご了承ください

【開催方法】
① 参加をご希望の方は、6月9日(金)までに下記URLからお申込みをお願いいたします(定員※1に達し次第、締め切りとさせていただきます)。
  参加申し込みURL https://forms.gle/n37Cb23woXbZmuF49
② 後日、お申込みをいただいた方にZoomのミーティング情報(ID・パスワード・URL)、報告資料をメールにてお送りします※2。
③ 当日10:15より、Zoomのミーティングルームを開きます。適宜ご参加をお願いいたします。
※1)定員は100名(先着順)となっております。お早めにお申込みいただきますようお願いいたします。
※2)事前にZoomアプリのインストール(無料)をお願いいたします。

※ なお、卒業論文報告会に関するお問い合わせは、続日本紀研究会(大坂歴史学会古代史部会)(e-mail:daireki_syokunihongi@yahoo.co.jp)まで、お願いをいたします。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
 日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年6月26日(月) 古代史部会

2023年6月26日(月) 古代史部会 published on

6月26日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

報告者:亀松 花奈氏 「即位宣命からみる「治天下」天皇と「大八嶋国知らす」天皇」

〈参考文献〉
早川庄八「律令国家・王朝国家における天皇」(『天皇と古代国家』講談社学術文庫、2000、初出1987)
熊谷公男「プロローグ 「天下」の支配者」(『日本の歴史第3巻大王から天皇へ』講談社、2001)

*注意:参加方法について 
参加をご希望の方は、前日(6月25日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/nrYW5hAveKMYYzSB7)よりお申し込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
 日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年6月12日(月) 古代史部会【2023年度大会個別報告準備会】

2023年6月12日(月) 古代史部会【2023年度大会個別報告準備会】 published on

6月12日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)
◆2023年度大会個別報告準備会◆

報告者:廣瀬 憲雄氏 「6世紀中盤の朝鮮半島情勢と東部ユーラシア」

〈参考文献〉
・熊谷公男「国家形成期の倭国の対外関係と軍事」(『日本史研究』654、2017)
・井上直樹「570年代の高句麗の対倭外交と華北情勢」(同『高句麗の史的展開過程と東アジア』塙書房、2021、初出2008)

*注意:参加方法について 
・参加をご希望の方は、前日(6月11日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/tkDwm4wEpeU7dqGQ9)よりお申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
 日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp