Skip to content

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、部会活動は2020年8月現在も、集会型(対面型)を避け、Zoomなどを活用し、10月実施予定の大会に向けた準備を中心に進めています。状況によって、各部会担当研究委員の判断で、運営委員会など、範囲・規模を限った形で会がもたれる場合(ここに情報が掲載されない場合)もございますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2023年4月23日(日)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会)

2023年4月23日(日)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会) published on

□大会共同研究報告業績検討会
日時:4月23日(日)13:00~
形式:機関紙会館二階会議室にて、オンライン(zoom)併用
報告:田中琢登氏「清水翔太郎氏の業績について」
   山村陽仁氏「林大樹氏の業績について」
参考文献:
・清水翔太郎氏
「近世前期における国持大名家の縁組」(『日本史研究』681号、2019年)
「近世前期仙台城二の丸中奥の構成員とその処遇」(野本禎司・藤方博之編『仙台藩の武家社会と政治空間』岩田書院、2022年)
・林大樹氏
「宝暦事件の再検討」(林大樹『天皇近臣と近世の朝廷』吉川弘文館、2021年)
「宝暦事件後の朝廷─宝暦一二年の蔵人頭任免を中心に─」(『学習院史学』54号、2016年、改題「宝暦事件後の朝廷」『天皇近臣と近世の朝廷』吉川弘文館、2021年)
*通常と開催曜日が異なりますのでご注意ください。
【対面参加希望の場合】お手数ですが、準備の都合上、4月17日(月)までに、日本史研究会近世史部会のメールアドレス(nihonshiken.kinsei@gmail.com)へ参加希望の旨をご連絡いただきますようお願いいたします。なお、対面での参加申し込みが多数の場合は、オンラインによるご参加をお願いする場合がございますので、予めご承知おきいただけますと幸いです。
【オンライン参加希望の場合】お手数ですが、開催前日の4月22日(土)21:00までに、日本史研究会近世史部会のメールアドレス(nihonshiken.kinsei@gmail.com)まで、御名前と御自身のメールアドレスをお知らせください。同日の同時刻以降に、お知らせいただいたメールアドレスへZoomの参加URLとレジュメをお送りいたします。

 

 

2023年4月29日(土)近現代史部会(大会共同研究報告業績検討会)

2023年4月29日(土)近現代史部会(大会共同研究報告業績検討会) published on

2023年度大会近現代史部会共同研究報告者の業績検討会を以下の通り開催いたします。

日時:4月29日(土)14:00~

場所:オンライン形式で開催(Zoomを使用)

 

①報告

海野大地氏(立命館大学大学院)「池田真歩氏の業績検討」

 

【検討文献】

・池田真歩『首都の議会-近代移行期東京の政治秩序と都市改造-』(東京大学出版会、2023年)   主に第2章・第4章・第5章

 

②報告

西明正晃氏(京都府立大学大学院)「吉田武弘氏の業績検討」

 

【検討文献】

・吉田武弘「両院縦断の系譜」(『次世代人文社会研究』11号、2015年)

https://researchmap.jp/1603/published_papers/13672515/attachment_file.pdf

 

・吉田武弘「上院像の相克と近代日本」(『人文学の正午』8号、2018年)

http://www.fragment-group.com/shogo/wp-content/themes/pdf/yoshida_article08.pdf

 

・吉田武弘「貴衆両院関係の出発」(『ヒストリア』227号、2019年)

 

注意:配信方法について

ミーティングアプリZoomを使用したオンライン会議方式で開催いたします。参加をご希望の方は、4月27日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

部会員以外の一般の方もご参加いただけます。

※なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮ください。当日の報告・討論へのご参加をよろしくお願いいたします。

2023年5月6日(土)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】

2023年5月6日(土)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】 published on

◆2023年度関東・名古屋・関西交流会◆
※添付をしておりますチラシもご確認ください。

【日時】:5月6日(土)13:00~ Zoomによるオンライン開催
【報告者及び報告内容】
櫻井 智 氏(日本史研究会・京都大学)「天皇即位儀における見物行為の成立と儀式空間」
花畑 佳奈 氏(歴史学研究会・國學院大学)「皇太子の政務儀礼と後見」
杉江 綾乃 氏(名古屋古代史研究会・愛知県立大学)「院政期熊野詣の成立」

《ご参加方法》
①  参加希望者は5月4日(木)までに以下のURL(https://forms.gle/SwpTQZmPU7bkF8mLA)よりお申し込みください。
② お申し込みいただいた方々へ、5月5日(金)中に、名古屋古代史研究会より当日のZoomのURLと報告資料を送付いたします。
③ 当日の12:45よりZoomを開きますので、ご参加をお願いいたします。

※参加可能人数には上限がございます(100 名)。早めのお申込みをお願い申し上げます。
※前日中にZoomのURLや報告資料が届かない場合は、名古屋古代史研究会 (n_kodaishi@yahoo.co.jp)までご連絡ください。

《タイムスケジュール》
 12:45  Zoomのミーティングルーム開放・受付
 13:00  櫻井報告(報告 60 分・質疑 30 分)
 14:30  10 分休憩
 14:40  花畑報告(報告 60 分・質疑 30 分)
 16:10  10 分休憩
 16:20  杉江報告(報告 60 分・質疑 30 分)
 17:50  10 分休憩
 18:00  懇親会(☆)
  ☆懇親会にご参加いただける方は、報告終了後もミーティングルームにお残りください。
  ☆恐れ入りますが、飲食物はご自身でご用意ください。

-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp

2023年度関東・名古屋・関西交流会チラシ(完成版)

 

2023年4月10日(月)古代史部会【大会共同研究報告者業績検討会】

2023年4月10日(月)古代史部会【大会共同研究報告者業績検討会】 published on

4月10日(月) 18:30~21:00  オンラインにて開催(Zoomを使用)

◆大会共同研究報告者業績検討会◆
報告者:鷲見 涼太氏・矢島 朋弥

〈対象論文〉
・大艸啓「造東大寺司における官人社会―「阿弥陀悔過知識交名」に見る―」
            (『奈良時代の官人社会と仏教』法蔵館、2014年)
・大艸啓「正倉院文書に見える「供奉礼仏」」(同上書)

*注意:参加方法について
・参加をご希望の方は、前日(4月9日)12:00までに参加申込フォーム(https://forms.gle/Bv8bTQopmfDhTNo18)よりお申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。

・古代史部会では、部会報告の希望を随時受け付けております。ご希望の方は、ご氏名・ご所属等を明記の上、日本史研究会古代史部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)までご連絡をお願いいたします。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp/

2023年3月27日(月)古代史部会

2023年3月27日(月)古代史部会 published on

日本史研究会 古代史部会 2023年3月のご案内
【部 会】
3月27日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

報告者:岡田 康佑 氏 「『続日本紀』における賑給記事の再検討」

〈参考文献〉
・寺内浩「律令制支配と賑給」(『日本史研究』241号、1982年)
・舟尾好正「続日本紀の編纂をめぐる二、三の問題」(『続日本紀研究』200号、1978年)

*注意:参加方法について
参加をご希望の方は、前日(3月26日)12:00までに、参加申込フォーム(https://forms.gle/hbB6eAmFVpEfBgyb6)にアクセスの上、お申込みください。当日中にZoomのミーティング情報と報告資料を、メールにてお送りいたします。

・当日は記録作成のため運営側で録音・録画を行います。予めご了承下さい。

・ 古代史部会では、部会報告の希望を随時受け付けております。ご希望の方は、ご氏名・ご所属等を明記の上、日本史研究会古代史部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)までご連絡をお願いいたします。
-----------------------------
京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町 機関紙会館2階
日本史研究会  https://www.nihonshiken.jp/

※ 本部会につきましては、諸事情により中止(延期)とさせていただきます。代替の日程等につきましては、決定次第ご案内をさせていただきます。ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2023年3月25日(土)近現代史部会(修士論文報告会)

2023年3月25日(土)近現代史部会(修士論文報告会) published on
 
 

3月部会(修士論文報告会)を以下の通り開催します。

◆3月部会                           
・日時 2023年3月25日(土)13:00~ 

・会場 オンライン配信で開催(Zoomを使用)

報告①

戸部愛菜氏(神戸大学)「近代神戸における町村合併と近郊地域社会の変容―大正9(1920)年・須磨町編入を中心に―」
 
参考文献
・ 洲脇一郎「明治・大正期の市域拡張―都市の膨張と「大神戸」構想―」(『都市政策』第55号、1989年)
・大西比呂志「市域拡張と地域政治―一九二七年横浜市第三次拡張をめぐって―」(大西比呂志・梅田定宏編『「大東京」空間の政治史―1920~30年代―』日本経済評論社、2002年)。
・ 高嶋修一『都市近郊の耕地整理と地域社会 東京・世田谷の郊外開発』(日本経済評論社、2013年)
 

報告②

金子豊氏(京都大学)「満洲事変直前の在満日本人社会と満蒙鉄道問題」
 
参考文献
・芳井研一「「満蒙」鉄道交渉と「世論」」(『人文科学研究』第68輯、1985年)
・尾形洋一「東北交通委員会と所謂「満鉄包囲鉄道網計画」」(『史学雑誌』第86編第8号、1977年)
・塚瀬進『満洲の日本人』(吉川弘文館、2004年)
 

注意:配信方法について

新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況を考慮し、1月部会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、3月23日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。
部会員以外の一般の方もご参加いただけます。
※なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮ください。当日の報告・討論へのご参加をよろしくお願いいたします。

2023年3月29日(水)近世史部会

2023年3月29日(水)近世史部会 published on

□3月部会
日時:3月29日(水)18:30~
形式:オンライン形式
報告:小倉宗氏「大坂からみた吉宗政権」
参考文献:
・深井雅海「享保前期における「御用取次政治」―加納久通と有馬氏倫の役割を中心に―」(同『徳川将軍政治権力の研究』吉川弘文館、1991年、第1編第3章)※初出、「享保前期における「将軍専制政治」の一考察―『撰要類集』に見える立法過程の分析を中心に―」(林陸朗先生還暦記念会編『近世国家の支配構造』雄山閣出版、1986年)
・勝亦貴之「元文の貨幣改鋳と「松平乗邑体制」の成立」(『愛知学院大学大学院文学研究科 文研会紀要』13、2002年)
*参加を希望される方は、お手数ですが、開催前日の3月28日(火)21:00までに、日本史研究会近世史部会のメールアドレス(nihonshiken.kinsei@gmail.com)まで、御名前と御自身のメールアドレスをお知らせください。同日の同時刻以降に、お知らせいただいたメールアドレスへZoomの参加URLとレジュメをお送りいたします。

 

2023年4月18日(火)中世史部会

2023年4月18日(火)中世史部会 published on

日時:4月18日(火)18:30〜

場所:オンラインにて開催(zoomを使用) *報告者、研究・運営委員のみ機関紙会館二階会議室にて対面の形になります。

報告者:坂本陽太氏

題目:「院政期における藤氏長者の制度的転換―就任儀礼を中心に―」

《参考文献》
橋本義彦「藤氏長者と渡領」(『平安貴族社会の研究』吉川弘文館、1976年、初出1972年) 樋口健太郎「藤氏長者宣下の再検討」(『中世王権の形成と摂関家』吉川弘文館、2018年、初出2011年)

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

*参加を希望される方は、前日までに参加申込フォーム(https://forms.gle/QX45ZnM96jB39Fki9) より申し込みください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご諒解ください。

2023年4月4日(火)中世史部会

2023年4月4日(火)中世史部会 published on

日時:4月4日(火)18:30〜

場所:オンラインにて開催(zoomを使用) *報告者、研究・運営委員のみ機関紙会館二階会議室にて対面の形になります。

報告者:山岡史氏

題目:「弁官からみる中世公家の家格(仮)」

《参考文献》
玉井力「「院政」支配と貴族官人層」(『平安時代の貴族と天皇』岩波書店、2000年、初出1987年) 樋口健太郎「准大臣制の確立と貴族社会」(『中世摂関家の家と権力』校倉書房、2011年、初出2009年)

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

*参加を希望される方は、前日までに参加申込フォーム(https://forms.gle/RJ7wSwP2xDw6fxAv7) より申し込みください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご諒解ください。

2023年3月26日(日)中世史部会大会共同研究報告業績検討会

2023年3月26日(日)中世史部会大会共同研究報告業績検討会 published on

日時:3月26日(日)13:00~

*通常の部会の曜日と異なります。ご注意ください。

場所:オンラインにて開催(zoomを使用) *報告者、研究・運営委員のみ機関紙会館二階会議室にて対面の形になります。

内容:大会共同研究報告者 川口成人氏業績検討会

報告者:戎野修平氏

《検討対象論文》

「大名被官と室町社会」(『ヒストリア』271、2018年) 「室町期の大名被官と都鄙の文化的活動」(芳澤元編『室町文化の座標軸—遣明船時代の列島と文事―』勉誠出版、2021年)

*2023年度大会共同研究報告者の川口成人氏にもお越しいただきます。

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

*参加を希望される方は、前日までに参加申込フォーム(https://forms.gle/gKAm8xXCdsD4T9Vo9) より申し込みください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご諒解ください。