Skip to content

2016年9月例会

2016年9月例会 published on

2016年9月例会

日 時 9月18日(日) 午後2時~6時

場 所 機関紙会館5階大会議室

(京都市上京区新町通り丸太町上ル東側

地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分

市バス府庁前下車すぐ)

 

テーマ 「維新変革における儒学と国家」

報告   池田勇太(山口大学)「元田永孚の西洋観と国家像」

奈良勝司(立命館大学)「会沢正志斎の秩序観と幕末政局」

コメント 前田勉(愛知教育大学)

 

従来、幕末維新期の政治思想は、この時期の政治動向や近代のナショナリズムとの連続・断絶との関係性のなかでしばしば言及されながらも、その政治思想における国家像が正面から論じられることは少なかった。最近の研究はその空白を埋めると同時に、維新変革の理解に対しても新しい展望を開きつつある。特に、儒学的国家像に関する研究の深化は著しく、これまで西洋化として論じられてきた維新変革を、儒教理念の実践として理解するという試みがなされている。それはまた、維新変革を通して実現された「近代」をトータルに捉えなおす試みであると言えるだろう。本例会ではこうした研究動向を踏まえて、会沢正志斎と元田永孚という二人の儒者を事例として、維新期の国家像の特質に迫りたい。

 

一般来聴歓迎。予約不要。入場無料。

お問い合わせは、日本史研究会075-256-9211

2016年大会

2016年大会 published on

2016年度 日本史研究会 総会・大会

日時:2016年10月8日(土)・9日(日)

会場:立命館大学・大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市岩倉町 2-150)

書籍展示受付 学会団体 書店団体

 

大会テーマ 日本史における国家と戦争

10月8日(土)
総会 9時~11時30分
全体会シンポジウム 13時~17時
  テーマ 日本古代の国家と戦争
    「日本古代の対外関係と軍事・外交」 熊谷公男
    「日本古代の国制と戦争」  吉野秋二
    関連報告「古代国家論と戦争論―考古学からの提言―」  下垣仁志
    コメント 仁藤敦史
       
10月9日(日)
  共同研究報告
  [第一会場]
   古代史部会  報告 9時50分~11時20分 討論 13時30分~15時10分
    「律令国家と「天平の転換」」 本庄総子
   中世史部会  報告 11時30~13時 討論 15時20分~17時
    「中世国家と畿内武士」 生駒孝臣
  [第二会場]
   近世史部会  、
    10時30分~12時 「近世的領主・領民関係の構築過程」  谷 徹也
    13時30分~15時 「近世前期の土豪と地域社会」 小酒井大悟
    15時15分~17時 討論  
  [第三会場]
  近現代史部会 報告10時30分~11時45分 コメント・討論 13時30分~17時

 

  「旧誼と朝臣―明治零年代における天皇・華族・士族―」 内山一幸
    コメント 奥村 弘
    コメント 西川 誠
懇親会 18時

※会場整理費 会員 1000円、非会員 1500円、学部生 500円

*出張依頼状をご入り用の方は、返信用封筒を同封の上、お申し込みください。