日本史研究会
2016年5月例会
2016年5月例会
「古墳時代の国家と戦争」
 

本年度、日本史研究会では、秋の大会で「日本古代の国家と戦争」をテーマとするシンポジウムを企画し、準備を進めている。都出比呂志氏による前方後円墳体制論(1990年度日本史研究会大会シンポジウム「前近代国家論の再生のために」)の提唱と、それ以後の研究動向を踏まえ、戦争に焦点をあてて、5~7世紀の日本古代国家の歴史的特質を追究するものである。本例会では、秋の大会シンポを念頭に置き、磐井の乱を素材として、5・6世紀の倭王権の特質について、近年の日朝関係史の進展も踏まえ議論する。多方面のご来聴を期待している。

 

日時 5月22日(日)午後1時~5時

会場 機関紙会館5階大会議室

京都市上京区新町通り丸太町上ル東側

(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分 市バス府庁前下車すぐ)

 

報告

吉野 秋二氏(京都産業大学)「大化前代の国制と磐井の乱」

熊谷 公男氏(東北学院大学)「五・六世紀の対外関係と磐井の乱」

高田 貫太氏(国立歴史民俗博物館)「日朝関係史と磐井の乱 -考古学の立場から-」

 

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。お問い合わせは日本史研究会075-256-9211

最終更新 2016年 4月 28日(木曜日) 11:05