Skip to content

日本史研究会12月例会

日本史研究会12月例会 published on

「近世近代移行期の「地域資産」」

 

日時 2022年12月10日(土) 13時~17時30分

開催方法 オンライン開催(ZOOMを使用)

報告  

平下義記氏(広島経済大学)

「「陰徳」の会社経営と近代法―福山「義倉社」を中心に―」

大月英雄氏(滋賀県立公文書館)

「大水害と向き合う地域結社―滋賀県伊香西浅井郡相救社の罹災救助事業―」

コメント 今村直樹氏(熊本大学)

 

趣旨説明

近年の近世近代移行期地域史研究において、近世後期の民間社会で蓄積された「地域資産」が人々の生活の安定に寄与し、近代以降の住民自治や地域共同体を維持する機能を果たしていたことが注目されている。これらの研究では主にその持続性や連続性に着目する一方、地租改正による個別土地所有権の確立や近代法体系の整備といった移行期における社会編成原理の変容をどのようにふまえるのかについては、課題として残されている。

本例会では、近代法体系が整備されていくなかで、近世以来の「地域資産」の運用や管理体制がどのように変容したのか。また、これらの「地域資産」が住民の生活保障にどのような役割を果たしたのかを検討する。以上を通じて、移行期における社会変容の特質と地域の共同性のあり方について議論する場としたい。

 

*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本例会はオンライン形式で行います。参加無料。参加をご希望の方は12月7日(水)23:59までに下記の参加申込フォームよりお申込みください。

 

参加申込書フォームは下記 

日本史研究会12月例会 「近世近代移行期の「地域資産」」 (google.com)

 

 

問い合わせ先:kingendai.nihonshiken@gmail.com

 

声明 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を強く非難し、近時の日本国内における動向を憂慮する

声明 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を強く非難し、近時の日本国内における動向を憂慮する published on

 二〇二二年二月二四日に開始されたロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、未だ終結の兆しがみえず更なる長期化の様相を呈している。既に民間人を含む多くの人命が失われ、攻撃による被害は教育機関や文化施設にも及んでおり、史資料の散失や文化財の破壊が現実のものとなっている。このたびの侵攻は、武力をもって他国の主権を脅かす明らかな侵略行為であり、世界の平和と秩序を乱すものである。さらに、こうした行為の正当化のために、歴史を悪用したプロパガンダが行われていることは、決して看過できるものではない。また、核兵器使用の可能性への言及や、原子力発電所への攻撃は、断じて容認することはできず、ここに強く非難する。

Continue reading 声明 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を強く非難し、近時の日本国内における動向を憂慮する

部落問題研究所の活動へのご支援のお願い

部落問題研究所の活動へのご支援のお願い published on

本会友好団体の公益社団法人部落問題研究所から、下記の依頼が届きましたので、委員会の議を経て本会ウェブサイトに掲載します。

2022年10月3日 日本史研究会

日頃は部落問題研究所の活動にご理解・ご支援いただき、ありがとうございます。

Continue reading 部落問題研究所の活動へのご支援のお願い

【声明】農林業センサスの農業集落調査廃止に反対する

【声明】農林業センサスの農業集落調査廃止に反対する published on

 農林水産省は、二〇二二年七月二八日に行われた農林業センサス研究会において、次回二〇二五年度の調査より農業集落調査を廃止する方針を提起した。

Continue reading 【声明】農林業センサスの農業集落調査廃止に反対する

2023年度会費納入のお願い

2023年度会費納入のお願い published on

 平素より日本史研究会の活動に御賛同・御協力を賜り、誠にありがとうございます。

 日本史研究会は、2022年9月号より新年度(2023年度)となります。つきましては、2022年9月~2023年8月(721~732号)分会費のお振込みをお願いいたします。
 日本史研究会は自動継続です。720号で退会(定期購読の停止)を御希望の方は、2022年9月2日(金)までにその旨をお知らせください。
 8月22日発行の720号に「日本史研究会会費納入のお願い」を同封いたしましたので、ご確認ください。
 なお、既に732号までの会費を納入いただいている方、終身会員の方には次年度の会費請求が発生しないため封入いたしません。
 領収書を御希望の方は、お振込みの際にお知らせください。
 新たに終身会員へ切替をご希望の方は【若手会員制度および終身会員制度について】を御参照の上、申込書(WordPDF)と年齢確認ができる書類を日本史研究会事務所にお送りください。

■送金先■

1.郵便振替の場合 01070-6-25712番
2.銀行振込の場合 京都銀行 府庁前支店(普通)835974 日本史研究会 代表 横田 冬彦

*払込取扱票をご利用の場合、お名前の記載がない方はご入金が確認できません。
 楷書ではっきりとお書きください。

■各種会費一覧■

個人会費 8,500円
若手会費(生年が1993年以降で希望される方) 5,000円
連名会費 9,350円
海外会費 9,500円

■退会等連絡先■

メール:info【a】nihonshiken.jp
    【a】は@に置き換えてください。

F A X :075-256-9212

郵 送:〒602-8026
    京都市上京区新町通丸太町上る春帯町350
    機関紙会館2階 

『日本史研究』掲載論文等の著作権譲渡のお願い

『日本史研究』掲載論文等の著作権譲渡のお願い published on

 日本史研究会は、1945年の創立以来、学会誌『日本史研究』を刊行して参りました。70年余の長きにわたり会誌を刊行できましたことは、ひとえに会員・著者各位のご支援、ご協力の賜物と深く感謝しております。

Continue reading 『日本史研究』掲載論文等の著作権譲渡のお願い