Skip to content

古代史部会では、毎月1,2回程度の部会を中心にサブグループ、現地見学会等の活動を行っています。部会は、原則として第1・第3月曜日の午後6時半~9時まで、日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の報告を行った後、質疑・討論をしています。参加者は、京阪神の大学院生・OD・教員が中心です。報告内容は古代史全般にわたり、他部会との合同部会や、考古学をはじめとする隣接諸分野の報告等も随時行っています。これを補うサブグループは、大会共同研究報告の準備やそれに関連した学習会・書評会の場となっています。こうした幅広い学問交流のなかから、日本古代史研究の現状と課題を把握していきたいと考えています。部会活動は、どなたでも参加できます。より充実した研究活動・交流の場にしたいと考えておりますので、積極的にご参加下さい。報告の希望も随時受け付けておりますので、ぜひ一度お気軽にお越し下さい。

ご案内
部会案内がご入り用の方は、年額1200円(メールの場合は500円)を研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替(01010-0-24636 日本史研究会古代史部会)をご利用ください。
また、部会案内についてのお問い合わせ、その他ご意見等はancient@nihonshiken.jpまでお願いいたします。

古代史部会活動方針
古代史研究の現状と課題を踏まえ、新たな指針を打ち出すべく議論を重ねる。そのために定期的な部会活動のみならず、研究動向の把握のための企画立案等、部会運営の方法の見直しを随時行う。
他の時代や考古学・国文学・美術史学など隣接諸分野の研究成果を摂取しつつ、実証的な古代史研究の構築に努める。
定例の部会活動に関しては、恒常的な参加者の確保に努め、若手研究者の積極的参加・発言を促す。大会共同研究報告については、業績検討会・準備報告会などを設け、その報告内容を綿密に議論し、その成果が報告に反映されるよう努める。
部会活動の成果が速やかに会誌に反映されるよう努める。
文化財保存問題については、総務委員会・他部会・他団体と連携するとともに、部会内部での情報共有に努め、現地見学会の実施や部会活動への反映に積極的に取り組む。
他部会・他学会との連携・交流を積極的に行い、継続的な企画となるよう努める。
上記の目的を達成するため、運営委員会を定期的に開催するとともに、その体制を強化し、部会員の主体的な参加による活発かつ円滑な部会運営を図る。

◎部会費未納入の方は下記口座までお振り込み下さい。
01010-0-24636 日本史研究会古代史部会
年会費は1200円(メール会員500円)です。滞納のある方には、3月のアンケート送付時にお知らせいたします。

2020年11月29日(月)古代史部会【大会共同研究報告反省会】

2020年11月29日(月)古代史部会【大会共同研究報告反省会】 published on

11月29日(月)18:30~21:00 オンラインにて開催(zoomを使用)

◆2021年度大会共同研究報告反省会◆

  報告者:前野 智哉氏

*大会共同研究報告者の駒井匠氏も参加されます。

*注意:配信方法について

参加をご希望の方は、前日までに古代史部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

2021年9月20日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】

2021年9月20日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】 published on

9月20日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

◆第3回大会共同研究報告準備会◆

報告者:駒井匠氏「8・9世紀の天皇における仏教的国王観の受容と展開」

〈参考文献〉

・河上麻由子「清和天皇の受菩薩戒について」(『日本仏教綜合研究』第11号、2013年)

※終了後、オンラインにて懇親会を開催予定。

——————————————————————————————————————–

*注意:参加方法について

 参加希望の方は、当部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、前日までに氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご了承ください。

2021年9月5日(日)古代史部会【大会共同研究報告援助報告会】

2021年9月5日(日)古代史部会【大会共同研究報告援助報告会】 published on

 9月5日(日) 13:30~16:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

◆大会共同研究報告援助報告会◆

報告者:斎木涼子氏「『灌頂御願記』と『真言付法纂要抄』―真言僧の仏教史観と天皇―」

〈参考文献〉

・土谷恵「小野僧正仁海像の再検討―摂関期の宮中真言院と醍醐寺を中心に―」(青木和夫先生還暦記念会編『日本古代の政治と文化』吉川弘文館、1987年)

・西弥生「中世真言宗教団の構造と秩序―天竺・唐と日本―」(『日本仏教学会年報』84、2019年)

※通常の部会と日時が異なりますのでご注意ください

——————————————————————————————————————–

*注意:参加方法について

 参加希望の方は、当部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、前日までに氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

古代史サマーセミナー(分科会のみ開催)

古代史サマーセミナー(分科会のみ開催) published on

古代史サマーセミナー(分科会のみ開催)のご案内

日時:2021年8月28日(土)10:20~17:30(10:10 開場、終了後懇親会を開催)

会場:Zoom」を利用してのオンライン開催

 

タイムスケジュール ※報告50分程度+討論2、30分程度を目安

10:20~10:30 開会挨拶

10:30~12:00 佐藤 亮介 氏(國學院大學)「行幸の分類とその変遷」

12:00~13:00 休憩

13:00~14:30 高橋 透 氏(宮城県教育庁文化財課)「発掘資料からみた陸奥国府と馬」

14:30~16:00 鮎川 礼 氏(立命館大学)「九世紀初頭における畿内の土地政策―班田を中心に―」

16:00~17:30 田中 昇一 氏(神戸大学)「古代地方行政における実務官人の編成 ―相模国調邸の郡司代をめぐって―」

18:00~20:00 懇親会

参加無料

 

《開催方法》

①参加をご希望の方は、825日(水)までに下記URLからお申込みください。

(※定員に達し次第、締め切らせていただきます)

https://forms.gle/KMxycrFNqNJtK88cA

 

②後日、お申込みをいただいた方にZoomのミーティング情報(ID・パスワード・URL)、報告資料をメールにてお送りします。事前にZoomアプリのインストール(無料)をお願いいたします。

 

③当日10:10より、Zoomのミーティングルームを開きます。適宜ご参加ください。

 

④報告・討論の間、報告者以外の方々は映像・音声をオフにしていただきますようお願いします。

 

⑤討論でのご発言には「チャット機能」をご利用ください。チャット欄に「氏名・所属(ある方のみで結構です)」をご記入いただきましたら司会が指名いたしますので、映像・音声をオンにしていただき、ご発言ください。質疑応答が終了した後、再び映像と音声をお切りください。

 

⑥終了後、2時間程度を目安に懇親会を開催いたします。奮ってご参加下さい。

 

《お問い合わせ先》

お申し込み方法等に関して:歴史学研究会日本古代史部会

e-mail:kodaishibukai@yahoo.co.jp

当日の進行等に関して:続日本紀研究会(大阪歴史学会古代史部会)

e-mail:daireki_syokunihongi@yahoo.co.jp

2021年7月26日(月)古代史部会

2021年7月26日(月)古代史部会 published on

 7月26日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

◆古代史サマーセミナー準備報告◆

報告者:鮎川 礼氏「九世紀初頭における畿内の土地政策(仮)」

〈参考文献〉

・虎尾俊哉「班田収授法の施行とその崩壊」(同『班田収授法の研究』吉川弘文館、1961年)

・三谷芳幸「古代の土地制度」(『岩波講座 日本歴史』第4巻・古代4、岩波書店、2015年)

——————————————————————————————————————–

*注意:参加方法について

 参加希望の方は、当部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、前日までに氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご了承ください。

2021年7月18日(日)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】

2021年7月18日(日)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】 published on

2021年度関東・名古屋・関西交流会

日時:2021718日(日) 1300(開場 12:45~)

会場:「zoom」を利用してのオンライン開催

*通常の部会と日時が異なります。ご注意ください。

*歴史学研究会日本古代史部会・名古屋古代史研究会との合同開催です。

〈報告者〉

森田大貴氏(早稲田大学)「律令期における里と村」

渡部敦寛氏(茅ヶ崎市文化資料館)「『和名類聚抄』国郡部の再検討」

村上孟謙氏(京都大学)「俗界より見たる山寺の機能」

 

【タイムスケジュール】

12:45~、「zoom」のミーティングルーム開放・受付

13:00~14:30、森田氏の報告(報告60分・質疑30分)

14:30~14:40、10分休憩

14:40~16:10、渡部氏の報告(報告60分・質疑30分)

16:10~16:20、10分休憩

16:20~17:50、村上氏の報告(報告60分・質疑30分)

17:50~18:00、10分休憩

18:00~20:00、懇親会(☆)

☆懇親会にご参加いただける方は、ご報告終了後もミーティングルームにお残りください。

☆恐れ入りますが、おつまみ・お酒等はご自身でご用意ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【開催方法】

①参加希望者は716日(金)までに以下のURLから参加希望の旨をご回答ください。

https://forms.gle/pD7YnSMd1HFkJxkS6

②参加希望のご回答をいただいた方々に、前日までに歴史学研究会日本古代史部会より「zoom」のミーティングルームのIDとURL、および報告資料を送付いたします。

③当日の12:45より「zoom」のミーティングルームを開きますので、ご参加をお願いいたします。

④ご報告中はマイクをミュート設定にしてください。また質疑応答の際には「zoom」のチャット機能を利用いたします。

※参加可能人数には上限がございます。早めのご回答をお願い申し上げます。

※前日までに「zoom」の ID や報告資料が届かない場合は、歴史学研究会日本古代史部会(E-mail:kodaishibukai@yahoo.co.jp)までご連絡ください。

2021年7月12日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】

2021年7月12日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】 published on

7月12日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

◆第2回大会共同研究報告準備会◆

報告者:駒井 匠氏「8・9世紀の天皇と仏教」

〈参考文献〉

・勝浦令子「八世紀における「崇仏」天皇の特質」(大橋一章・新川登亀男編『「仏教」文明の受容と君主権の構築─東アジアのなかの日本』勉誠出版、2012年)

・堀裕「平安新仏教と東アジア」(『岩波講座日本歴史』第4巻・古代4、岩波書店、2015年)

——————————————————————————————————————–

*注意:参加方法について

 参加希望の方は、当部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、前日までに氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご了承ください。

2021年6月28日(月)古代史部会

2021年6月28日(月)古代史部会 published on

6月28日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

報告者:黒羽亮太氏「鋳銭額からみた周防鋳銭司の展開」

〈参考文献〉

・八木充「長門・周防の鋳銭司」(『山口県史 通史編 原始・古代』山口県、2008年)

・栄原永遠男「鋳銭司の組織と生産体制」(『日本古代銭貨研究』清文堂出版、2011年、初出2003年)

——————————————————————————————————————–

*注意:参加方法について

 参加をご希望の方は、前日までに古代史部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご了承ください。

2021年6月6日(日)古代史部会【卒業論文大報告会】

2021年6月6日(日)古代史部会【卒業論文大報告会】 published on

2021年度 日本史研究会古代史部会・続日本紀研究会合同卒業論文大報告会

日時:2021年6月6日(日)10:30 ~ 16:30(10:15 開場)

会場:「Zoom」を利用してのオンライン開催

*通常の部会と日時が異なります。ご注意ください。

 

報告者(報告順)

桐島和大氏(神戸大学)「日本古代文書様式に関する基礎的研究―正倉院文書の写経機関に注目して―」

〈参考文献〉

・近藤毅大「八世紀における「所」と令外官司:奉写御執経所と奉写一切経司の検討から」(『史学雑誌』106-3、1997年)

・早川庄八「公式様文書と文書木簡」(『日本古代の文書と典籍』吉川弘文館、1997年、初出1985年)

栗山惠輔氏(大阪大学)「六国史にみえる臨時奉幣・奉献」

〈参考文献〉

・西宮秀紀「『続日本紀』に見える幣・幣帛記事について」(『律令国家と神祇祭祀制度の研究』塙書房、2004年)

中納雅司氏(大阪市立大学)「奈良時代の地方仏教行政について―国師制度を中心に―」

〈参考文献〉

・柴田博子「国師制度の展開と律令国家」(『ヒストリア』125、1989年)

・前田慶一「諸国講読師制度の成立と展開」(『南都仏教』84、2004年)

小髙みずき氏(同志社大学)「系譜様式・用語からみた『新撰姓氏録』皇別条と「蘇我石川両氏系図」の基礎的研究」

〈参考文献〉

・田中卓「新撰姓氏録における皇別の系譜」(『新撰姓氏録の研究』国書刊行会、1996年)

・星野良作「蘇我石川両氏系図の一考察」(『法政史学』18、1966年)

・義江明子「天寿国繍帳銘の一考察―出自論と王権論の接点―」(『日本古代系譜様式論』、吉川弘文館、2000年、初出1989年)

吉次律氏(京都大学)「追善供養からみた山陵と寺院の分布の変容―仁明天皇以降を通じて―」

〈参考文献〉

・西山良平「<陵寺>の誕生―嘉祥寺再考―」(大山喬平教授退官記念会編『日本古代の史的特質―古代・中世―』思文閣出版、1997年)

・古瀬奈津子「『国忌』の行事について」(『日本古代王権と儀式』吉川弘文館、1998年)

 

参加無料・一般来聴歓迎。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【開催方法】

①参加をご希望の方は、63日(木)までに下記URLからお申込みをお願いいたします。

(定員※1に達し次第、締め切りとさせていただきます)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfmKZT9XkgPEN9STJj5tjZzlba3jvdjKtlmM8UJTPW0I3Uhlw/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0

②後日、お申込みをいただいた方にZoomのミーティング情報(ID・パスワード・URL)、報告資料をメールにてお送りします※2。

③当日10:15より、Zoomのミーティングルームを開きます。適宜ご参加をお願いいたします。

※1 定員は100名(先着順)となっております。お早めにご連絡いただきますよう、お願いいたします。

※2 事前にZoomアプリのインストール(無料)をお願いいたします。

2021年5月24日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】

2021年5月24日(月)古代史部会【大会共同研究報告準備会】 published on

5月24日(月)18:30~21:00 オンラインにて開催(zoomを使用)

◆第1回大会共同研究報告準備会◆

報告者:駒井 匠氏「8・9世紀の天皇と仏教」

〈参考文献〉

堀裕「平安新仏教と東アジア」(『岩波講座日本歴史』第4巻・古代4、岩波書店、2015年)

*注意:参加方法について

 参加をご希望の方は、前日までに古代史部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご了承ください。