Skip to content

◆近代天皇制思想史研究会2023年度公開研究会(第2回)のご案内

◆近代天皇制思想史研究会2023年度公開研究会(第2回)のご案内 published on

【テーマ】人権と国体
【ゲスト報告者】森島 豊 氏(キリスト教神学・思想史/青山学院大学
【報告概要】
 日本には人権があるが、欧米とはどこか違うと感じたことはないだろうか?実は、日本には独自の人権理念がある。それは国体に基礎づけられた人権である。これは災禍に国民をテロリズム的行動に駆り立てた過去がある。一体どのようにして成立したのか。今日どんな影響があるのか。本報告ではこのことを論じる。

【日時】2024年3月27日(水)13:00~15:30
【会場】Zoomによるオンライン開催

Continue reading ◆近代天皇制思想史研究会2023年度公開研究会(第2回)のご案内

●シンポジウム「警察史の可能性:近代日本国家史研究への新たな扉」のお知らせ

●シンポジウム「警察史の可能性:近代日本国家史研究への新たな扉」のお知らせ published on

日時:2024年3月10日(日)13:00~17:30

会場:早稲田大学戸山キャンパス36号館582教室

報告:
・藤井なつみ「「警察の民衆化と民衆の警察化」‐警視庁・大阪府警察部による興行取締の視点から‐」

・野間龍一「警察の政治史-1930年代の警察官僚の動向とその影響に着目して-」

・大日方純夫「戦後・占領期の警察‐警察官の「日記」から‐」

コメント:高岡裕之、伊藤俊介Continue reading ●シンポジウム「警察史の可能性:近代日本国家史研究への新たな扉」のお知らせ

【歴史科学協議会 第57回大会開催のご案内】

【歴史科学協議会 第57回大会開催のご案内】 published on

日 時:2023年12月2日(土)・3日(日)
会 場:早稲田大学早稲田キャンパス(東京都新宿区戸塚町1-104)
    JR高田馬場駅より都バス「学02」で早大正門まで8分
参加費 :1,200円(修士課程1,000円、学部生以下は無料)Continue reading 【歴史科学協議会 第57回大会開催のご案内】

民衆史研究会2023年度シンポジウム 「中近世移行期における対外関係史像の構築」

民衆史研究会2023年度シンポジウム 「中近世移行期における対外関係史像の構築」 published on

◆日時:2023年12月17日(日)13:00~17:30
◆会場:早稲田大学戸山キャンパス34号館453教室 【対面・オンラインのハイブリッド開催】
*会場参加は資料代¥300を頂戴します。
*オンライン(zoom)参加のみ事前申し込みが必要です。Googleフォームより、【12月15日(金)】までにご登録ください。開催前日に、zoomのリンクと報告資料を配信します。
https://forms.gle/7ZUNHepCYWGgh7776

Continue reading 民衆史研究会2023年度シンポジウム 「中近世移行期における対外関係史像の構築」

■静岡大学情報学部情報社会学科(博物館学等)公募のお知らせ(2023年11月6日 必着)

■静岡大学情報学部情報社会学科(博物館学等)公募のお知らせ(2023年11月6日 必着) published on

[機関・部署]
静岡大学 学術院情報学領域 情報社会学系列

[募集人員(職名・採用人数等)]
准教授または講師1名(任期なし、年俸制)

[専門分野]
博物館学とこれに隣接した人文社会科学

[着任時期(採用日、着任日等)]
2024年4月1日以降のできるだけ早い時期

[募集〆切]
2023年11月6日(月) 必着Continue reading ■静岡大学情報学部情報社会学科(博物館学等)公募のお知らせ(2023年11月6日 必着)

◆近代天皇制思想史研究会2023年度公開研究会(第1回)のご案内

◆近代天皇制思想史研究会2023年度公開研究会(第1回)のご案内 published on

書評会 田中希生著『存在の歴史学―近代日本における未成の者たち』(有志舎 20212021)

【書評】堀田新五郎氏(政治思想史/奈良県立大学)
【リプライ】田中希生氏(日本近現代史/奈良女子大学)

【日時】2023年9月16日(土)14:00~17:00
【会場】Zoomによるオンライン開催

※参加費は無料です。

※参加をご希望の方は、9月14日(木)までに、こちらのGoogleフォームよりお申し込み頂くか、下記事務局までご所属・お名前(フルネームでお願いします)を記載のうえメールでお申し込みください。後日、お申込みいただいた方にZoomのミーティング情報をお送りします。(開催日前日9月15日(金)の17時までにミーティング情報の連絡が無い場合は、事務局までメールでご連絡ください。)
※事前にZoomアプリのインストール(無料)をお願いいたします。

<事務局連絡先>
e-mail:kindaitennouken[at]gmail.com
※[at]を@に置き換えてお送りください。
近代天皇制思想史研究会事務局(科研・基盤B)
住友陽文・林尚之(大阪公立大学)

※案内チラシはこちらからダウンロードできます。

福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館 開館1周年・朝倉義景没後450年記念特別展「朝倉義景の一生」

福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館 開館1周年・朝倉義景没後450年記念特別展「朝倉義景の一生」 published on

展示情報

期間限定
予約不要
開催期間 2023年7月22日(土)9:00~2023年9月3日(日)17:00
場所 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館 特別展示室
料金 一般・大学生1200円、70歳以上700円、高校生800円、小中学生500円(団体割引あり)
   朝倉義景は何のために生まれ、何を成し遂げたのか―。
朝倉義景の評価は現在も様々なかたちで議論を呼んでいます。令和5年は、義景の没後450年の節目の年にあたります。そして当館の開館1周年を記念し、5代100年にわたり栄華を極めた戦国大名 朝倉氏最後の当主、朝倉義景の一生に焦点をあてる展覧会を開催します。本展では、義景の40年の生涯を年代順に紹介し、義景を支えた一族と家臣団、越前の人々、義景と通好、あるいは抗争した大名たち、彼らと義景との関係性を紐解いてゆきます。選りすぐりの展示資料から、義景が乱世を生きる中で会得した「列島を俯瞰する知略」を明らかにし、織田信長に敗れ去った武将の一言では片付けられない、「新しい朝倉義景像」を知ることができる展覧会です。Continue reading 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館 開館1周年・朝倉義景没後450年記念特別展「朝倉義景の一生」

第40回歴史地震研究会(小田原大会)のお知らせ

第40回歴史地震研究会(小田原大会)のお知らせ published on

歴史地震研究会では,関東大震災から100年を迎える今年,
2023年9月1日(金)から3日(日)の3日間にわたって,
神奈川県小田原市において第40回歴史地震研究会(小田原大会)を開催いたします.
皆様のご参加をお待ち申し上げております.
開催概要やプログラムに関する詳細は,歴史地震研究会のホームページをご覧ください.

http://www.histeq.jp/kenkyukai.html

第39回歴史学入門講座

第39回歴史学入門講座 published on

「出土文字から新しい古代史の構築
講師 平川南氏(国立歴史民俗博物館名誉教授・日本古代史)
日時 2023年7月9日(日) 13:30~16:30(質疑応答含む)
会場 大阪歴史博物館4階講堂
参加費 500円(学部生300円) 事前予約不要
※今年度は講演会後の懇親会を実施いたします。こちらも是非ご参加ください。(当日申込)

主催: 第39回歴史学入門講座実行委員会
共催: 大阪歴史博物館
後援: 大阪歴史科学協議会・大阪歴史学会
<お問い合わせ>第39回歴史学入門講座実行委員会
メール nyumonkoza_osaka@live.jp
HP https://nyumonkoza.at-ninja.jp