Skip to content

近現代史部会は、毎月2回程度の部会と随時開かれるサブグループを中心に活動しています。
部会は原則として、木曜日の午後6時半から9時ごろまで、おもに日本史研究会事務所会議室で開催し、一時間程度の報告の後、質疑・討論を行います。
参加者は関西各所の若手研究者が中心で、中堅層以上の参加も呼びかけています。報告内容は近現代史全般にわたりますが、他部会・他学会との合同部会 や、外国史・隣接諸学問に関する企画を実施することをつうじて、当部会から新たな近現代史像を発信できるよう努力していきたいと考えています。
サブグループでは、大会共同研究報告に関わるテーマの研究会や書評会等を行い、大会テーマに関する論点を深めていくとともに、そこから照射される現在の歴史認識についても議論する等、近現代史研究の現状と課題とを明確にしたうえで、それに対する日本史研究会の方向性を模索する場として位置づけたいと考えております。
また今年度も、歴史学研究会との合同企画等を予定しておりますので、こちらの方にもふるってご参加下さい。これらの部会活動には、部会員に限らずど なたでも参加できます。多様な関心をもった人々が多くつどい、より活発な議論を行うことで、一層充実した活動が行えるように、部会を運営していきたいと考 えております。また研究報告のご希望も是非お寄せ下さいますよう、お願いいたします。
案内
部会案内は、年額800円(メール配信の場合年額500円)の部会費をお支払いくだされば、どなたにでも郵送いたします。左記の部会担当者に直接お渡しいただくか、郵便振替口座(01000-3-19958 日本史研究会近現代史部会)をご利用下さい。
その他にも、部会に対するご意見・ご要望やお問い合わせ、また研究報告のご希望等ございましたら、研究委員の方までご連絡ください。
近現代史部会活動方針

1. 部会員の多様な問題関心をふまえ、近現代史の新たな方向性を模索する。また、さまざまな分野からの報告を求め、近現代史像の総体的把握につながる議論の場を作るよう努力する。
2. 近現代史研究の新たな動向に対して、書評会などの企画に積極的な取り組みを行う。
3. 他学会・部会との協力を行うとともに、隣接諸学との学問的交流をすすめる。
4. 部会への広範な参加者が得られるよう、運営面でも努力する。その際、討論の成果を会誌に反映できるよう努める。
5. 昨年に引き続き、彙報の早期掲載に努力する。

2011年6月19日 近現代史部会

2011年6月19日 近現代史部会 published on

■□ 6月部会のご案内(再) □■
日時:2011年6月19日(日)15:00~17:30
場所:機関紙会館3階会議室

報告者:岡 佑哉氏
「内田良平「純正普選」運動の再検討(仮)」
参考文献:
初瀬龍平『伝統的右翼内田良平の研究』第8章「大正デモクラシーとの「対決」」、第10章「大日本生産党―ファシズム運動への適応―」(九州大学出版会、1980年)
平井一臣『「地域ファシズム」の歴史像―国家改造運動と地域政治社会』第1章「近代福岡と国家主義」(法律文化社、2000年)
西矢貴文「大正期の葦津耕次郎」(神道宗教学会『神道宗教』第204・205号、2007年)

2011年6月19日 近現代史部会

2011年6月19日 近現代史部会 published on
■□ 6月部会のお知らせ □■ 日時:6月19日(日)15:00~17:30 場所:機関紙会館3階会議室  報告者:岡 佑哉氏 「内田良平「純正普選」運動の再検討(仮)」 参考文献: 初瀬龍平『伝統的右翼内田良平の研究』第8章「大正デモクラシーとの「対決」」、第10章「大日本生産党―ファシズム運動への適応―」(九州大学出版会、1980年) 平井一臣『「地域ファシズム」の歴史像―国家改造運動と地域政治社会』第1章「近代福岡と国家主義」(法律文化社、2000年) 西矢貴文「大正期の葦津耕次郎」(神道宗教学会『神道宗教』第204・205号、2007年) 

2011年5月29日 近現代史部会

2011年5月29日 近現代史部会 published on
■□ 第1回 近現代史部会・大会共同研究報告準備会のご案内 □■ 日時:5月29日(日)13:00~17:00 場所:機関紙会館5階会議室  ◎報告者(1):松沢 裕作氏 「地租改正と制度的主体」(仮) 参考文献: 松沢裕作『明治地方自治体制の起源』(東京大学出版会、2009年) 福島正夫『地租改正の研究 [増訂版]』(有斐閣、1970年) 奥村弘「三新法体制の歴史的位置」(『日本史研究』290号、1986年)  ◎報告者(2):松村 寛之氏 「保田輿重郎-日本近代における〈主体〉をめぐって-」(仮) 参考文献: 橋川文三「日本浪曼派批判序説」(橋川『日本浪曼派批判序説』未来社、1960年) ケヴィン・マイケル・ドーク『日本浪曼派とナショナリズム』(柏書房、1999年) 松村寛之「近代の二重性」(小路田泰直編『戦後的知と私利私欲』柏書房、2001年)

2011年5月7日 近現代史部会

2011年5月7日 近現代史部会 published on

■□ 史創研究会/日本史研究会近現代史部会合同緊急シンポジウム □■
「想定外」と日本の統治(ガバナンス)―ヒロシマからフクシマへ

 3月11日におきた東日本大震災、とりわけ福島第一原発事故が、やがて日本の歴
史を大きく変えた事件として記憶されることは、疑いのない事実だろう。したが
ってこの事件をどう理解するかは、すぐれて歴史家の責任である。そしてその理
解は、現下の危機を切り抜けるためにも、また今後本格的な復興を遂げていくた
めにも必要だ。そこで歴史家の団体として、我々はその責任をはたしたい。今回
の出来事が、決して「思いがけない天災」だけではなく「予想された人災」でも
あったことを心に刻み、その歴史的必然を解き明かしたい。奮ってご参集いただ
ければ幸いである。

パネラー:
西谷地 晴美「災害史の現状によせて」
布川 弘「「冥王」プルトニウムの誘惑―ヒロシマからフクシマへの軌跡」
住友 陽文「戦後民主主義と原子力問題―人智の想定領域を設定する」
小路田 泰直「熊取町京大研究用原子炉誘致問題からみえる歴史学の課題―仁科
芳雄・湯川秀樹・中曽根康弘の苦悩再考」

兼司会:小林 啓治/佐藤 太久磨

参考文献:
熊取町教育委員会編『「京都大学研究用原子炉」の誕生』(熊取町史紀要第4号、1996
年)

日時:2011年5月7日(土)13:00~17:00
場所:機関紙会館5階大会議室

主催:
史創研究会 奈良女子大学文学部小路田研究室気付 0742-20-3311
日本史研究会近現代史部会 機関紙会館3階日本史研究会 075-256-9211

2011年5月3日 近現代史部会

2011年5月3日 近現代史部会 published on

■□ 2011年度大会全体会シンポジウム関連企画・書評会 □■
日時:5月3日(火・祝)13:30~17:00
場所:機関紙会館3階会議室

対象:高岡裕之『総力戦体制と「福祉国家」―戦時期日本の「社会改革」構想』
(岩波書店、2011年)
評者:佐々木 拓哉氏、大串 潤児氏
※当日は著者の高岡裕之氏も来られます。

2011年5月1日 近現代史部会

2011年5月1日 近現代史部会 published on

■□ 修士論文報告会 □■
日時:5月1日(日)13:00~17:00
場所:機関紙会館3階会議室

◎報告者(1):猪原 透氏
論題:「社会の発見」再考
参考文献:
飯田泰三「吉野作造―ナショナルデモクラットと「社会の発見」」1980年(『批
判精神の航跡』筑摩書房、1997年)
東條由紀彦『近代・労働・市民社会』ミネルヴァ書房、2005年

◎報告者(2):大月 英雄氏
論題:「明治期における相互扶助結社の成立―滋賀県伊香相救社を事例に」
参考文献:
大門正克「序説『生存』の歴史学」(『歴史学研究』846、2008年)
大川啓「近代日本における『慈善』と『不穏』」(『歴史学研究』804、2005年)
小池桂「地域的救済事業と地方救済体制の成立」(元村智明編『日本の社会事業
』社会福祉形成史研究会、2010年)

※大阪歴史学会近代史部会、大阪歴史科学協議会帝国主義部会と合同です。

2011年4月29日 近現代史部会

2011年4月29日 近現代史部会 published on

■□ 近現代史部会・大会共同研究報告業績検討会のご案内 □■
日時:4月29日(金・祝)13:00~17:00
場所:機関紙会館3階会議室

◎報告者(1):前田 結城氏「松澤裕作氏の業績について」
◎報告者(2):佐藤 太久磨氏「松村寛之氏の業績について」
※当日は大会報告者の松村寛之氏が来られます。

2011年3月20日 近現代史部会

2011年3月20日 近現代史部会 published on

■□3月部会□■

日時:2011年3月20日(日) 15:00~
※日程が木曜日でなく日曜日です。
場所:機関紙会館5階会議室
※会場が3階ではなく5階です。お気をつけください。
報告者:長尾 宗典氏
論題:「日露戦後における芸術批評の位相―姉崎正治を中心として―」
参考文献:

  • 磯前順一・深澤英隆編『近代日本における知識人と宗教』(東京堂出版、2001年)
  • 長尾宗典「高山樗牛の「日本主義」思想」(『日本歴史』第667号、2003年12月)
  • 長尾宗典「姉崎正治と雑誌『時代思潮』」(『メディア史研究』第20号、2006年)

◆概要:
高山樗牛の盟友として知られ、樗牛没後にはその思想的後継者として目され、石川啄木を始めとする年少の知識青年層の支持を受けた姉崎正治の思想について、日露戦後における彼の芸術批評を軸に、近代日本思想史における「美」と「ナショナリズム」の問題を考察する。

2011年2月17日 近現代史部会

2011年2月17日 近現代史部会 published on

日時:2011年2月17日(木)18:30~

場所:機関紙会館3階会議室

報告:田中希生氏「実証主義とはなにか?―19世紀の国家と実証精神―」

《参考文献》

  • ロラン・バルト(藤本治訳)『ミシュレ』(みすず書房、1974年)
  • 『世界の名著36 コント スペンサー』(中央公論社、1970年)
  • 家永三郎『植木枝盛研究』(岩波書店、1960年)

2011年1月近現代史部会

2011年1月近現代史部会 published on

日時:2011年1月13日(木) 18:30~
場所:機関紙会館3階会議室
報告者:延廣壽一氏
論題:「日清戦争における軍事郵便―従軍日記・書簡から―」
参考文献:
新井勝紘「軍事郵便の基礎的研究(序)」(一ノ瀬俊也編『近代日本の兵士に関する諸問題の研究』第126集、国立歴史民俗博物館、2006年)
大江志乃夫『兵士たちの日露戦争―五○○通の軍事郵便から』(朝日新聞社、1988年)
渡辺奎二編『筆の運びは拙いが―日清・日露出征兵士の手紙』(越書房、1982年)