Skip to content

2017年1月例会

2017年1月例会 published on

儀礼から見る近世武家社会

報 告:千葉 拓真氏(飯田市歴史研究所)    「近世武家社会における「両敬」」

      畑 尚子氏(江戸東京博物館)       「江戸城大奥第三の役割

                                ―祈祷に関わる寺院との儀礼を中心に」

日 時:2017年1月28日(土)午後1時 ~ 午後5時

場 所: 機関紙会館5階大会議室

(京都市上京区新町通り丸太町上ル東側 

地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)  

政治・社会秩序の形成や更新に寄与する儀礼行為は、将軍・大名、公家・寺社、領民を包摂する形で、広範かつ複合的に行われた。研究史上、年中行事・殿中儀礼・贈答儀礼・冠婚葬祭儀礼などに関する蓄積が見られる一方、近年、将軍家や大名家といった「家」に注目し、その交際実態や、奥向の役割に注目する新たな成果も産み出されている。

本例会では多面化・深化する儀礼研究の動向を踏まえ、二報告を用意した。儀礼そのものの内実・展開はもちろん、儀礼が成立する背景にある近世国家・社会の価値観やメカニズムについても、議論が及べば幸いである。

入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。 お問い合わせは日本史研究会075-256-9211

第33回 平安京・京都研究集会

第33回 平安京・京都研究集会 published on

「京都」の奈良時代-山城が山背だったころ-

日時 12月18日(日)13時~17時
会場 機関紙会館5階大会議室
   (京都市上京区新町通丸太町上ル東側)
   地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口より西へ3筋目を北へ

報告
毛利 憲一氏(平安女学院大学 日本古代史)
  「山背北部地域の奈良時代」
堀 大輔氏(京都市文化財保護課 考古学)
  「遺跡から見た奈良時代の京都」
佐々木 尚子氏(京都府立大学 植生史)
  「京都周辺地域の植生変化と人間活動
     ―花粉分析から見た奈良・平安時代―」

司会  上杉 和央氏(京都府立大学 歴史地理学)
     山本 雅和氏(京都市埋蔵文化財研究所 日本考古学)

主催 平安京・京都研究集会
後援 日本史研究会

※参加自由。要資料代。

2016年度 総会・大会

2016年度 総会・大会 published on

2016年度 日本史研究会総会・大会

期 日 2016年10月8日(土)・9日(日)
会 場 立命館大学 大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市岩倉町)
大会テーマ 日本史における国家と戦争

本年度の大会は無事終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

10月8日(土)
総 会 9:00~11:30(A棟2階AC231教室)


全体会シンポジウム 13:00~17:00(A棟2階AC230教室)
テーマ 日本古代の国家と戦争
熊谷 公男 日本古代の対外関係と軍事・外交
吉野 秋二 日本古代の国制と戦争
関連報告 下垣 仁志 古代国家論と戦争論̶考古学からの提言̶
コメント 仁藤 敦史


10月9日(日)共同研究報告
[第一会場](A棟2階AC230教室)
古代史部会
報 告 9:50~11:20 討 論 13:30~15:10
本庄 総子 律令国家と「天平の転換」
中世史部会
報 告 11:30~13:00 討 論 15:20~17:00
生駒 孝臣 中世国家と畿内武士


[第二会場](A棟2階AC231教室)
近世史部会
報 告 10:30~15:00 討 論 15:15~17:00
谷 徹也 近世的領主・領民関係の構築過程
小酒井 大悟 近世前期の土豪と地域社会


[第三会場](A棟2階AS251教室)
近現代史部会
報 告 10:30~11:45 コメント・討論 13:30~17:00
内山 一幸 旧誼と朝臣̶明治零年代における天皇・華族・士族̶
コメント 奥村 弘・西川 誠


懇親会 18:00~(C棟1階OIC Cafeteria)

会場整理費  会員1000円、 非会員1500円、 学部生500円

11月例会

11月例会 published on

11月例会

中世都市論のこれまでとこれから


報告: 高橋慎一朗氏(東京大学史料編纂所)  「中世における「宿」の実像」
報告: 綿貫友子氏(大阪教育大学)        「中世湊津の支配をめぐって」
コメント: 高谷知佳氏(京都大学)


日時: 2016年11月27日(日)午後1時~午後5時半
場所: 京都大学吉田キャンパス本部構内文学部新館2階第3講義室
     京都市左京区吉田本町
    (市バス「京大正門前」または「百万遍」下車)


 網野善彦氏の「中世都市論」は、様々な「都市ないし都市的な場」を、中世前期~後期の長期的なスパンで、かつ中世社会の全構造の中で把握しようとするものであった。その後、個々の「都市ないし都市的な場」や都市類型については数多の研究が蓄積されたが、それら諸都市の歴史的展開や、中世社会における位置づけについては未だ十分な見通しを得られていないように思われる。

 そこで今回は、中世都市にかかわる課題を追究してこられた高橋慎一朗氏・綿貫友子氏を招き、中世都市研究の成果と課題を再考する機会としたい。


入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。
お問い合わせは日本史研究会075-256-9211

2016年10月8日(土)近現代史部会 大会懇親会

2016年10月8日(土)近現代史部会 大会懇親会 published on

 大会1日目の終了後に、近現代史部会の懇親会を下記のとおり開催しますので、ご案内申し上げます。
 皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 日時:10月8日(土)18時~
 会場:うまいもん酒家 鼓 JR西口本店(http://r.gnavi.co.jp/k194100/
     大阪府茨木市西駅前町8-7(JR茨木駅西口から徒歩1分)
 会費:4000円程度

 

鎌倉市円覚寺結界遺構の保存を求める声明

鎌倉市円覚寺結界遺構の保存を求める声明 published on

 私たちは鎌倉市が計画している円覚寺西側結界遺構の削平工事に強く反対します。

 JR横須賀線北鎌倉駅下り線ホームに北から伸びた岩塊は、鎌倉を代表する寺院の一つ円覚寺の寺域範囲を示す西側結界遺構であります。円覚寺境内は国指定史跡であり、現在、結界遺構は、指定範囲外とはなっていますが、寺域の重要な構成要素であることは疑う余地がありません。

 この結界遺構は、国重要文化財「円覚寺境内絵図」(建武年間)にも明確に描かれている重要遺構です。さらに遡れば、この遺構は、円覚寺創建以前に鎌倉幕府第三代執権北条泰時がおこなった境界祭祀の隣接地であることから、中世鎌倉そのものの西側境界であった可能性すらあります。まさしくこれは、中世鎌倉の景観を今に伝えるきわめて重要な歴史遺産であります。

 冒頭述べたようにこの結界遺構に対して、削平計画が進められています。鎌倉市は遺構を削平する根拠として、明治期の鉄道建設で遺構は損傷しており価値が損なわれているという見解をあげています。これは結界遺構が往時の様相を良好な形で保っているという厳然たる事実に眼をそむけるもので、理解に苦しみます。また、最近になって中世史研究者による地形図の詳細な検討の結果、損傷を受けていないことが新たに提起されてもいます。こうした懸念がある以上、国指定史跡の重要な構成要素である結界遺構の破壊につながる行為は、慎重に検討されるべきと思量します。

 荒々しい岩盤の造形で表現された谷戸の中に神社仏閣がおさまり、山裾に中世墳墓窟のやぐらが開口するという風景こそ、中世以来の鎌倉の特色と言っていいでしょう。円覚寺結界遺構はそのような中世鎌倉の景観をよく伝えるものであり、これを保全し、町づくりの中に活かしていくことが、今、私たちに強く求められていると考えます。

 鎌倉市は、この計画の無謀さを認識し、賢明な判断を下すことを求めます。

                                                以上

 

 2016年9月1日

日本歴史学協会

戦国史研究会

東京歴史科学研究会

地方史研究協議会

日本史研究会

日本風俗史学会

日本考古学協会埋蔵文化財保護対策委員会

文化財保存全国協議会

歴史科学協議会

歴史学研究会

歴史教育者協議会