Skip to content

近現代史部会は、毎月1、2回程度の部会を中心に活動しています。
部会は原則として、木曜日の午後6時半から9時ごろまで、おもにオンライン・日本史研究会事務所会議室で開催し、1時間程度の研究報告の後、討論をするという形式で行っています。参加者は関西各所の大学院生やオーバードクターなどが中心ですが、最近ではオンラインを併用することによって、中堅層以上、他地域の方々にも積極的に参加していただいております。報告内容は幕末から第二次世界大戦後までの長いスパンを対象としており、分野も多岐にわたります。また、他部会・他学会との合同部会や、「外国」史・隣接諸学に関する企画なども開催しています。また、こうした部会活動を通じて、「日本近現代史」研究の現状と課題に関する相互理解を深め、「歴史学」のあり方や今日的意味などについても考えていこうと努力しています。
これらの部会活動には、部会員に限らず、どなたでも参加できます。多様な研究関心をもった人々が多く集い、活発な議論を行い、盛んに交流する、充実した研究活動の場として部会を運営していきますので、積極的にご参加ください。また、研究報告のご希望も随時受け付けておりますので、その際には是非ともご一報いただきますようお願いいたします。

ご案内
部会案内は、年額500円の部会費をお支払いくだされば、メール配信にてどなたにでもお送りします。左記の研究委員に直接お渡しいただくか、郵便振替口座(01000-3-19958 日本史研究会近現代史部会)をご利用ください。その他、部会に対するご意見やお問い合わせなどございましたら、研究委員までご連絡ください。(kingendai.nihonshiken@gmail.com)

近現代史部会活動方針
1. 現代社会における歴史学の意義と課題を意識した部会運営に努める。近現代史研究の水準を向上させるため、研究をめぐる討論と発信の場として、月1回以上部会を開催する。また、書評会や合同部会などを開き、研究の進展に沿った幅広い活動を目指す。
2. 大学院生および若手研究者に研究報告と交流の機会を提供し、学問の新たな担い手を育成する。そのために他学会との連携を密にし、卒業論文報告会、修士論文報告会、サマーセミナー等の開催に尽力する。
3. 近現代史研究におけるテーマの多様性を踏まえ、隣接諸科学との学問的交流を積極的にすすめる。
4. 歴史学と社会との接点を維持発展させるため、学校教育や博物館、アーカイブズなどからの参加者を募る。また相互に現状の理解を図る。
5. 部会の研究報告や活動内容が速やかに発信されるよう、引き続き会員への周知および会誌への掲載に努力する。
6. 通常ならば参加できない方が参加可能になるといったオンライン方式によるメリットを活かし、今後も柔軟かつ積極的な部会運営に取り組む。

修士論文報告会(3)

修士論文報告会(3) published on

■□修士論文報告会(3)□■

日 時:7月25日(日)13:00~17:00

場 所:機関紙会館3階会議室

 

報者①:眞杉侑里氏

論 題:「1930年代に於ける公娼廃止と売春取締の変化」

《参考文献》

・藤野豊『性の国家管理』(不二出版、2001年)、特に第2章

・小野沢あかね『近代日本社会と公娼制度―民衆史と国際関係史の視点から』(吉川弘文館、2010年)

 

報告②:長谷川一氏

論 題:「日中戦争下の兵士像」

《参考文献》

・藤井忠俊『兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く』(朝日新聞社、2000年)

・鹿野政直「軍事郵便にみる兵士」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第101集、2003年)

 

大阪歴史学会近代史部会、大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会との共催です。

卒業論文報告会(近世史部会との合同開催)

卒業論文報告会(近世史部会との合同開催) published on

□■卒業論文報告会■□

日 時:612日(土)

場 所:機関紙会館3階会議室

報告①:金澤真嗣氏「近世後期における講の様相―富士講を中心に―」

《参考文献》

青柳周一「富士講と交通」(『交通史研究』331994)

澤登寛聡「富士信仰儀礼と江戸幕府の富士講取締令」(『法政大学文学部紀要』472001)

 

報告②:田中有美氏「戊辰戦争期における宇都宮藩―政治的事象としての藩主・戸田忠友処遇問題の考察―」
《参考文献》

原口 清『原口清著作集3 戊辰戦争論の展開』(岩田書院、2008年)
小林友雄『宇都宮藩を中心とする戊辰戦史』(宇都宮観光協会、1970年)

 

 

報告③:松平智史氏「幕末期水戸藩「鎮派」の意識と行動」
《参考文献》

鈴木暎一『水戸藩学問・教育史の研究』(吉川弘文館、1987)

 

 

近世史部会との合同開催です