Skip to content

2019年6月2日(日)近世史部会(第1回大会共同研究報告準備報告会)

2019年6月2日(日)近世史部会(第1回大会共同研究報告準備報告会) published on

□第1回大会共同研究報告準備報告会

日時:6月2日(日)13時00分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:
林晃弘氏「成立期の江戸幕府寺社奉行(仮)」
【参考文献】
・杣田善雄「近世前期の寺院行政」(同『幕藩権力と寺院・門跡』思文閣出版、2003年、初出1981年)
・朴澤直秀「近世の仏教」(『岩波講座 日本歴史』第11巻近世2、岩波書店、2014年)

平野仁也氏「幕府の編纂事業と諸家の歴史 -『寛永諸家系図伝』の検討-(仮)」
【参考文献】
・井上泰至「近世刊行軍書がもたらした歴史観」(『民衆史研究』89、2015年)
・堀新「徳川史観と織豊期政治史」(『民衆史研究』89、2015年)

2019年5月20日(月)古代史部会

2019年5月20日(月)古代史部会 published on

5月20日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室

報告者:金 玄耿氏「家格としての公達の成立」

〈参考文献〉

玉井力「「院政」支配と貴族官人層」

(同『平安時代の貴族と天皇』岩波書店、2000年、初出1987年)

百瀬今朝雄「諸大夫に関する一考察」

(同『弘安書札礼の研究』東京大学出版会、2000年、初出1993年)

2019年5月28日(火)中世史部会

2019年5月28日(火)中世史部会 published on

日時:5月28日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:濱野未来氏

題目:「室町期の地震と満済」

《参考文献》

黒田俊雄「中世における顕密体制の展開」(『黒田俊雄著作集 第二巻』法蔵館、1994年、初出1975年)

森茂暁「日記に引用された文書とその性格—『満済准后日記』を素材として—」(同『中世日本の政治と文化』思文閣、2006年、初出2001年)

2019年5月13日(月)古代史部会

2019年5月13日(月)古代史部会 published on

5月13日(月)18:30~21:00 機関紙会館2階会議室

◆大会共同研究報告第1回準備会◆

報告者:堀井 佳代子氏「外交文書の展開(仮)」

〈参考文献〉

渡邊誠「平安貴族の対外意識と異国牒状問題 」

(『歴史学研究』823、2007年)

田島公「外交と儀礼」(『日本の古代』7 中央公論社、1986年)

 

2019年5月15日(水)近世史部会

2019年5月15日(水)近世史部会 published on

□5月部会

日時:5月15日(水)18時30分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:高橋伸拓氏「京都代官の旧料・除料支配―課役の検討を中心に―」
参考文献:
・佐藤雄介「近世後期の京都代官と朝廷財政」(同著『近世の朝廷財政と江戸幕府』東京大学出版会、2016年、第Ⅱ部第一章所収)
・岩城卓二「村高をめぐる公儀と百姓―国役賦課を中心に―」(『ヒストリア』125号、1989年)

近現代史部会 共同研究報告業績検討会

近現代史部会 共同研究報告業績検討会 published on

本年度10月開催予定の大会では、大川啓氏・町田祐一氏のお二人を報告者に迎え、共同研究報告を予定しています。
共同研究報告にあたり、業績検討会を以下のように実施いたします。

 

日時 2019年5月11日(土)14:30~

会場 機関紙会館2階 会議室
  
報告 山口一樹氏(立命館大学大学院)
   「大川啓氏の研究業績について」

   笠松敬太氏(神戸大学大学院)
   「町田祐一氏の研究業績について」

※ 大会報告者の大川氏・町田氏も参加されます。

三学会合同修士論文報告会

三学会合同修士論文報告会 published on

大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会、大阪歴史学会近代史部会、日本史研究会近現代史部会との合同で修士論文報告会を行います。
直前のお知らせとなってしまい、申し訳ありませんが、ふるってご参加ください。

 

 

日時 2019年4月28日(日) 13:30~
会場 機関紙会館2階 会議室

 

報告① 跡部史浩氏(神戸大学)「日本製茶会社と神戸茶商―前田正名と兵庫県実業界―」
参考文献
・祖田修『前田正名』(吉川弘文館、1973年、新装版1987年)

 

報告② 望月みわ氏(大阪大学)「日清・日露戦間期の対韓政策と逓信省―在外郵便電信局を中心に―」
参考文献
・薮内吉彦「朝鮮植民地支配と日本郵便機関の役割について」(『日本史研究』92・93号、1967年)
・有山輝雄「韓露間電信線接続をめぐる日韓露清関係」(同『情報覇権と帝国日本』吉川弘文館、2016年)

2019年5月7日(火)中世史部会(第1回大会準備会)

2019年5月7日(火)中世史部会(第1回大会準備会) published on

日時:5月7日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:伊藤啓介氏

題目:「13世紀後半の流通経済の変化と荘園制」(仮)

《参考文献》

桜井英治「中世の商品市場」(桜井英治・中西聡編『新 体系日本史12 流通経済史』(山川出版社、2002年)

佐藤泰弘「国家財政・徴税と商業」(同『日本中世の黎明』京都大学学術出版会、2001年、初出1993年)

岩波講座『日本経済の歴史 1 中世』(岩波書店、2017年)

2019年4月20日(土)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】

2019年4月20日(土)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】 published on

42013:20~

◆関東・名古屋・関西交流会◆

会場:名古屋大学東山キャンパス文学部棟2F 237講義室

(名古屋市営地下鉄名城線名古屋大学駅1番出口より徒歩5分)

・交通アクセス:http://www.nagoya-u.ac.jp/access/

・キャンパスマップ:http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/

報告者:

稲垣竣亮氏(名古屋大学大学院博士後期課程)「苗代に関する一試論

—寛弘9年雅慶坊下文案を例に—」(仮)

桜田真理絵氏(明治大学大学院博士後期課程)「律令制下における皇后の権能」

岡島陽子氏(京都大学大学院博士後期課程)「釆女と采女司」

*通常の部会と日時・場所が異なります。ご注意ください。

*名古屋古代史研究会・歴史学研究会古代史部会との合同開催です。

2019年4月6日(土)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会)

2019年4月6日(土)近世史部会(大会共同研究報告業績検討会) published on

□4月部会(大会共同研究報告業績検討会)
日時:4月6日(土)13時00分~
場所:機関紙会館2階会議室
報告:栗原正東氏「林晃弘氏の業績について」
   山下耕平氏「平野仁也氏の業績について」
参考文献:
・林晃弘氏
「慶長期における徳川家康の寺院政策」(『史林』95-5、2012年)
「徳川家光代始の寺社政策と宛行状発給」(『古文書研究』85、2018年)
・平野仁也氏
「『寛永諸家系図伝』編纂過程における呈譜の改変」(『史境』66、2013年)
「『寛永諸家系図伝』の編纂と諸家の動向」(『歴史の理論と教育』148・149、2018年)