Skip to content

2017年5月3日(水)近現代史部会・大会業績検討会

2017年5月3日(水)近現代史部会・大会業績検討会 published on

2017年度大会共同研究報告業績検討会

日時:2017年5月3日(水)14:00〜 *通常と開始時間が異なりますのでご注意ください。

場所:機関紙会館2階会議室
 (地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)   

報告①:藤井崇史氏
「久保田裕次氏の業績検討」
〈参考文献〉久保田裕次『対中借款の政治経済史ー「開発」から二十一ヵ条要求へー』(名古屋大学出版会、2016年)

報告②:十河和貴氏
「宮地忠彦氏の業績検討」
〈参考文献〉宮地忠彦『震災と治安秩序構想ー大正デモクラシー期の「善導」主義をめぐってー』(クレイン、2012年)

 

2016年4月22日 近世史部会

2016年4月22日 近世史部会 published on

2017度大会共同研究報告業績検討会

日時:2017年4月22日(土)14:00~ 

*通常と曜日・時間が異なりますので、ご注意下さい。

場所:機関紙会館2階会議室

報告者:松浦智博氏 

「石津裕之氏・山田淳平氏の業績について」

【参考文献】

・石津裕之

「近世における神社伝奏に関する一考察:北野社を素材として」(『日本史研究』637、2015)

「近世僧位僧官の叙任経路に関する一考察:北野社を素材として」(『史林』99(5)、2016)

・山田淳平

「近世三方楽所の成立過程」(『日本伝統音楽研究』13号、2016)

「近世大嘗会における雅楽曲再興」(『東洋音楽研究』81号、2016)

【重要】2017年4月3日古代史部会日程変更のご案内

【重要】2017年4月3日古代史部会日程変更のご案内 published on

4月3日(月)に予定されておりました葛継勇氏の報告は、氏の都合により下記の日程に変更させていただきくとととなりました。

4月17日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

直前の変更となりご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご海容頂きますようお願い申し上げます。

2017年4月20日(木)近現代史部会

2017年4月20日(木)近現代史部会 published on

日時:4月20日(木)18:00~ ※通常と開始時間が異なりますのでご注意ください。

場所:機関紙会館2階会議室
 (地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)   

報告:平野明香里氏(奈良女子大学博士課程)
 「平泉澄の歴史理論の展開—大正末期から終戦時を中心に—」

参考文献:
・永原慶二『皇国史観』(岩波書店、1983年)
・若井敏明『平泉澄—み国のために我つくさなむ』(ミネルヴァ書房、2006年)
・昆野伸幸『近代日本の国体論—“ 皇国史観”再考』(ぺりかん社、2008年)

2017年4月8日(土)の古代史部会

2017年4月8日(土)の古代史部会 published on

◆関東・名古屋・関西交流会◆

4月8日(土)14:00~17:00 東洋大学白山キャンバス6号館2階6217教室

手嶋大侑氏「九世紀の庄園と専当国司―院宮王臣家領を中心に―」

上村正裕氏「日本古代官僚制の発展過程―遣使・臨時官司を手がかりに―」(仮)

黒羽亮太氏「日本古代の市と市人」

※通常と会場・日時等が異なりますのでご注意ください。

2017年4月3日(月)古代史部会

2017年4月3日(月)古代史部会 published on

4月3日(月)18:30~21:00 機関誌会館2階会議室

葛継勇氏「円仁の求法巡礼を支える唐人・唐僧――仏教信仰のネットワーク」

参考文献:

小野勝年『入唐求法巡礼行記の研究』第3・4巻(法蔵館)

(中国語)郭紹林『唐代士大夫与仏教』(三秦出版社、2006年)

2017年4月25日(火)中世史部会

2017年4月25日(火)中世史部会 published on

日時:4月25日(火)18:30~

場所:機関紙会館2F

報告者:村上絢一氏

題目:「室町・戦国期における葛川行者中の組織と経営」

《参考文献》

長谷川裕峰「葛川明王院における行者中」『日本仏教綜合研究』8、2010年

山口大輔「中世山間地域における生業の展開」『市大日本史』10、2007年

 

2017年3月20日(月・祝)近現代史部会

2017年3月20日(月・祝)近現代史部会 published on

日時:2017年3月20日(月・祝)14:00~

場所:機関紙会館2階会議室

 京都市上京区新町通り丸太町上ル東側(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下 車すぐ)

※大阪歴史学会近代史部会・大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会との合同部会です

 

報告 津熊友輔氏(神戸大学大学院)

 「明治前期府県分合に関する基礎的研究―奈良県再設置運動を事例に―」(仮)

(参考文献)

・大島美津子『明治国家と地域社会』(岩波書店、1994年)
・谷山正道「奈良県再設置運動研究序説」(『日本文化史研究』25 、1996年)
・山上豊「明治政府の府県管治政策と人民の対応」(『近代史研究』 18、1977年)

 

報告② 出水清之助氏(神戸大学大学院)

 「愛国社系「請願」路線の形成と展開―植木枝盛の思想的変遷を中心に―」

(参考文献)

・坂野潤治「「愛国社路線」の再評価」(『社会科学研究』39-4、1987年)

・金井隆典「「哀訴」という思想―国会開設建白・請願にみる「主体」形成の過程―」(新井勝紘編『近代移行期の民衆像』青木書店、 2000年)

・小畑隆資「自由民権運動家・植木枝盛の誕生―「自由ハ土佐ノ山間 ヨリ―」」(『岡山大学法学会雑誌』50-3・4、2001年)

 

 

 

 

2017年3月18日 近世史部会(巡見) 

2017年3月18日 近世史部会(巡見)  published on

◯ 3月部会(巡見)

巡見テーマ:「嵯峨「境内」を歩く―大覚寺・天龍寺の世界―」

      (担当:山田淳平氏)

日時:2017年 3月 18日(土) 14:00 ~ 17:00

場所: 14:00 嵐電帷子ノ辻駅集合

    → 17:00頃 JR嵯峨嵐山駅解散

参考文献:『史料京都の歴史 14 右京区』(平凡社、1994)

 

2017年3月28日(火)中世史部会

2017年3月28日(火)中世史部会 published on

【3月部会】

日時:3月28日(火)18:45~

場所:機関紙会館2F

内容:大会共同研究報告者 長村祥知氏業績検討会

報告者:田村亨氏

《検討対象論文》

長村祥知「後鳥羽院政期の在京武士と院権力」(同『中世公武関係と承久の乱』吉川弘文館、2015年、初出2008年)

同「木曾義仲の畿内近国支配と王朝権威」(『古代文化』63―1、2011年)

同「治承・寿永内乱期の在京武士」(『立命館文学』624、2012年)

通常と時間が異なります。ご注意ください。

 2017年度大会共同研究報告者の長村祥知氏にもお越しいただきます。