Skip to content

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、部会活動は2020年8月現在も、集会型(対面型)を避け、Zoomなどを活用し、10月実施予定の大会に向けた準備を中心に進めています。状況によって、各部会担当研究委員の判断で、運営委員会など、範囲・規模を限った形で会がもたれる場合(ここに情報が掲載されない場合)もございますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2021年8月29日(日) 三学会合同 第2回卒論報告会

2021年8月29日(日) 三学会合同 第2回卒論報告会 published on

2021年度三学会合同第2回卒論報告会を以下の通り開催します。
◆2021年度7月部会
・日時 2021年8月29日(日) 14:00~

・会場 オンライン配信で開催(Zoomを使用)

・報告者 ①是澤匠氏(大阪市立大学)
「大阪市内における知的障害者に対する特殊教育の実態」
〈参考文献〉
・戸崎敬子『新特別学級史研究 : 特別学級の成立・展開過程とその実態』(多賀出版、2000年)
・高橋智・前田博行・石川衣紀編『特別支援・特別ニーズ教育の源流 鈴木治太郎の教育改革と適能教育論  別巻 戦前における鈴木治太郎の大阪市小学校教育改革と特別な教育的配慮のシステム開発に関する研究』(緑蔭書房、2010年)

②戸部愛菜(神戸大学大学)
「大正期神戸の都市政策と歴史意識―『神戸市史』(第一輯)編纂と史料をめぐって―」
〈参考文献〉
・高木博志「紀念祭の時代」(佐々木克編『明治維新期の政治文化』思文閣出版、2005年)
・入山洋子「自治体史編纂をめぐる一考察―文化史学的自治体史の誕生―」(『日本史研究』592、2011年)
・木村慎平「一九一〇年代の自治体史編纂と「史料」―『名古屋市史』編纂事業を事例として―」(羽賀祥二編『近代日本の歴史意識』吉川弘文館、2018年)

③小川純黎氏(奈良女子大学)
「東軍戦死者のゆくえー戊辰・己巳戦争における東西戦死者慰霊の実態ー」
〈参考文献〉
・野口信一『会津戊辰戦死者の虚と実 戊辰殉難者の祭祀の歴史』、歴史春秋出版、2017年
・波田永実「『招魂祭祀』考(1)」流通経済大学『流通経済大学法学部流経法學』8(2)、2008年、9頁-66頁
・今井昭彦『近代日本と戦死者祭祀』東洋書林、2005年

 

注意:配信方法について
新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況を考慮し、卒論報告会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、8月28日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

部会員以外の一般の方もご参加いただけます
※なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮ください。当日の報告・討論へのご参加をよろしくお願いいたします。

2021年8月7日(土) 8月部会

2021年8月7日(土) 8月部会 published on

8月部会を以下の通り開催します。
◆2021年度7月部会
・日時 2021年8月7日(土) 14:30~

・会場 オンライン配信で開催(Zoomを使用)

・報告者 大月功雄氏(立命館大学大学院社会学研究科)
「戦争映画の美学─板垣鷹穂の機械芸術論を中心に─」
 
・参考文献
五十殿利治「機械美論とヨーヨー──現代芸術考察者・板垣鷹穂の「静観」」『思想』(1000号、2007年)
岩本憲児「機械文明と映画教育」『板垣鷹穂──クラシックとモダン』(五十殿利治編、森話社、2010年)
白政晶子「小さい側面図──板垣鷹穂の経歴と仕事」『板垣鷹穂──美術批評家著作選集(第12巻)』(白政晶子編、ゆまに書房、2012年)
 
 
注意:配信方法について
新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況を考慮し、8月部会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、8月6日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

部会員以外の一般の方もご参加いただけます
※なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮ください。当日の報告・討論へのご参加をよろしくお願いいたします。

2021年8月8日(日)中世史部会(大会個別報告準備会)

2021年8月8日(日)中世史部会(大会個別報告準備会) published on

日時:8月8日(日)18:30~

*通常の部会の曜日と異なります。ご注意ください。

場所:オンラインにて開催(zoomを使用)

報告者:川本 慎自氏

題目:「中世禅僧と造営・土木知識」

《参考文献》
竹田和夫「禅宗寺院の建築経営について―五山僧と作事奉行の役割を中心に」(『五山と中世の社会』同成社、2007年、初出2003年)

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

参加をご希望の方は、前日までに参加申込フォーム(https://forms.gle/LGKzvWzVxbhNpoyPA)より申し込みください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

2021年7月31日(土) 三学会合同 第1回卒論報告会

2021年7月31日(土) 三学会合同 第1回卒論報告会 published on

2021年度三学会合同第1回卒論報告会を以下の通り開催します。
◆2021年度7月部会
・日時 2021年7月31日(土) 14:00~

・会場 オンライン配信で開催(Zoomを使用、同日の近世史部会とはアカウントが異なります)

・報告者 ①平尾悠氏(大阪大学)
「第十一師団設置による善通寺とその周辺地域の変容」

〈参考文献〉
・荒川章二『シリーズ日本近代からの問い6-軍隊と地域-』(青木書店、2001 年)
・柴田久「師団設置による都市形成への影響に関する一考察―陸軍第 11 師団と善通寺市の変遷を事例として―」(『土木史研究論文集 23』2004 年)
・三宮章彦「軍隊の設置と地域の変容―善通寺を事例として―」(『鳴門史学 31 巻』、2017 年)

②下野航太氏(大阪大学)
「原敬内閣期の政友会の党勢拡張と地域利害―勢江鉄道敷設運動を事例に―」

〈参考文献〉
・北原聡「近代日本における交通インフラストラクチュアの形成―星亨と原敬」(『社会経済史学』63号、1997年)
・松下孝昭『鉄道建設と地方政治』(日本経済評論社、2005年)
・三木理史『地域交通体系と局地鉄道―その史的展開』(日本経済評論社、2000年)

片田亮(立命館大学)

「北村久雄の聴覚訓練―国民学校芸能科音楽における徳育教育と芸術教育―」

〈参考文献〉
・河口道朗監修『音楽教育論叢 第Ⅱ巻 音楽と近代教育』(開成出版、2005)
・塚原健太「北村久雄における唱歌科教師としての専門性認識の変容―実践的問題関心の検討を通して」(『東京聖徳大学子ども学部紀要』3、2014)
・塚原健太「北村久雄の『音楽的美的直感』概念―音楽教師としての音楽と生命の理解」(橋本美保、田中智志編『大正新教育の思想―生命の躍動』東信堂、2015)

注意:配信方法について
新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況を考慮し、卒論報告会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、7月30日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

部会員以外の一般の方もご参加いただけます
※なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮ください。当日の報告・討論へのご参加をよろしくお願いいたします。

2021年8月11日(水)近世史部会

2021年8月11日(水)近世史部会 published on

□8月部会
日時:8月11日(水)18:30~
会場:オンライン形式(Zoomを使用)
報告:
山下耕平氏「禅僧から儒者へ」
参考文献:
伊藤真昭「関ヶ原の戦い以前の西笑承兌」(『戦国史研究』45、2003年)
圭室文雄編『政界の導者 天海・崇伝』(吉川弘文館、2004年)
前田勉「林家三代の学問・教育論」(同『江戸教育思想史研究』思文閣出版、2016年、初出2015年)

*参加を希望される方は、お手数ですが、開催前日の8月10日(火)の21:00までに、日本史研究会近世史部会のメールアドレス(earlymodern@nihonshiken.jp)まで、御名前と御自身のメールアドレスをお知らせください。報告前日に、お知らせいただいたメールアドレスに研究委員よりZoomの参加URLをお送り致します。
*中世史部会との合同部会です。

 

2021年8月11日(水)中世史部会

2021年8月11日(水)中世史部会 published on

日時:8月11日(水)18:30~

場所:オンラインにて開催(zoomを使用)

報告者:山下 耕平氏

題目:「禅僧から儒者へ」

《参考文献》
伊藤真昭「関ヶ原の戦い以前の西笑承兌」『戦国史研究』45、2003年
圭室文雄編『政界の導者 天海・崇伝』吉川弘文館、 2004年
前田勉「林家三代の学問・教育論」(『江戸教育思想史研究』思文閣出版、2016年、初出2015年)

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

*参加を希望される方は、お手数ですが、開催前日の8月10日(火)の21:00までに、日本史研究会近世史部会のメールアドレス(earlymodern@nihonshiken.jp)まで、御名前と御自身のメールアドレスをお知らせください。報告前日に、お知らせいただいたメールアドレスに研究委員よりZoomの参加URLをお送り致します。

*近世史部会との合同部会です。開催日時・参加方法などが通常部会と異なるためご注意ください。

2021年8月1日(日)中世史部会 卒業論文報告会

2021年8月1日(日)中世史部会 卒業論文報告会 published on

日時:8月1日(日)13:00~17:30

場所:オンラインにて開催(zoomを使用)

①佐野啓生氏(立命館大学)〔13:05~13:45〕

題目:「「宇治経蔵御幸」の成立とその意義」

参考文献:横内裕人「中世前期の寺社巡礼と宝蔵―寺社重宝を介した縁の形成」(中野玄三・加須屋誠・上川通夫編『方法としての仏教文化史―ヒト・モノ・イメージの歴史学』勉誠出版、2010年)

②谷口凜氏(京都大学)〔13:45~14:25〕

題目:「日本中世における音楽の形成」

参考文献:猪瀬千尋『中世王権の音楽と儀礼』(笠間書院、2018年)

③青山耕平氏(大阪大学)〔14:35~15:15〕

題目:「寛喜の飢饉と御家人制の展開について―京都大番役の立法を中心に―」

参考文献:木村英一「京都大番役の勤仕先について」(同『鎌倉時代公武関係と六波羅探題』清文堂出版、2016年、初出2002年)

④石川琴音氏(関西学院大学)〔15:15~15:55〕

題目:「「北条貞時十三年忌供養記」の史的考察」

参考文献:大田壮一郎「室町幕府の追善仏事に関する一考察―武家八講の史的展開―」(同『室町幕府の政治と宗教』塙書房、2014年、初出2002年)

⑤大山彰斗氏(京都大学)〔16:05~16:45〕

題目:「伊勢神宮とその周辺における室町幕府支配の変容」

参考文献:大薮海「室町時代の『知行主』―『伊勢国司』北畠氏を例として」(同『室町幕府と地域権力』吉川弘文館、2013年、初出2007年)

⑥吹上竜司氏(神戸大学)〔16:45~17:25〕

題目:「中世京都の神社祭礼役について―祇園社を中心に―」

参考文献:瀬田勝哉「中世の祇園御霊会―大政所御旅所と馬上役制」(同『洛中洛外の群像 失われた中世都市へ』平凡社、1994年、初出1979年)

*通常の部会と曜日・時間が異なりますので、ご注意ください。

*新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、オンライン形式で行います。

参加をご希望の方は、7月30日(金)までに参加申込フォーム(https://forms.gle/dSRbfLBAPoRvNPg17)より申し込みください。部会当日の午前に、参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。HPにURLなどを掲載することはありません。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

2021年7月18日(日) 7月部会

2021年7月18日(日) 7月部会 published on

7月部会を以下の通り開催します。
◆2021年度7月部会
・日時 2021年7月18日(日) 14:30~

・会場 オンライン配信で開催(Zoomを使用、同日の古代史部会・近世史部会とはアカウントが異なります)

・報告者 立花孝裕氏(京都大学大学院)
「京都帝大文学部・日本精神史講座の設置と人文学の動員――高山岩男の助教授人事に注目して」
 
・参考文献
駒込武・川村肇・奈須恵子編『戦時下学問の統制と動員』(東京大学出版会、2011年)特に序、第I部
佐々木研一朗「1930年代後半の官立大学における国体学講座の設置過程」(『大学史研究』28号、2019年)
東京大学百年史編集委員会編『東京大学百年史』通史二(東京大学、1985年)777~785頁
 
注意:配信方法について
新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況を考慮し、7月部会もミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、7月17日までに近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

部会員以外の一般の方もご参加いただけます
※なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮ください。当日の報告・討論へのご参加をよろしくお願いいたします。

2021年7月26日(月)古代史部会

2021年7月26日(月)古代史部会 published on

 7月26日(月) 18:30~21:00 オンラインにて開催(Zoomを使用)

◆古代史サマーセミナー準備報告◆

報告者:鮎川 礼氏「九世紀初頭における畿内の土地政策(仮)」

〈参考文献〉

・虎尾俊哉「班田収授法の施行とその崩壊」(同『班田収授法の研究』吉川弘文館、1961年)

・三谷芳幸「古代の土地制度」(『岩波講座 日本歴史』第4巻・古代4、岩波書店、2015年)

——————————————————————————————————————–

*注意:参加方法について

 参加希望の方は、当部会のメールアドレス(nihonshiken.kodai@gmail.com)へ、前日までに氏名を明記してご連絡ください。参加に必要なURL・ログインID・パスワードをこちらより返信いたします。

 Zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。

 また、当日は記録作成の目的で報告・討論の録音・録画をさせていただくことがございますので、予めご了承ください。

2021年7月18日(日)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】

2021年7月18日(日)古代史部会【関東・名古屋・関西交流会】 published on

2021年度関東・名古屋・関西交流会

日時:2021718日(日) 1300(開場 12:45~)

会場:「zoom」を利用してのオンライン開催

*通常の部会と日時が異なります。ご注意ください。

*歴史学研究会日本古代史部会・名古屋古代史研究会との合同開催です。

〈報告者〉

森田大貴氏(早稲田大学)「律令期における里と村」

渡部敦寛氏(茅ヶ崎市文化資料館)「『和名類聚抄』国郡部の再検討」

村上孟謙氏(京都大学)「俗界より見たる山寺の機能」

 

【タイムスケジュール】

12:45~、「zoom」のミーティングルーム開放・受付

13:00~14:30、森田氏の報告(報告60分・質疑30分)

14:30~14:40、10分休憩

14:40~16:10、渡部氏の報告(報告60分・質疑30分)

16:10~16:20、10分休憩

16:20~17:50、村上氏の報告(報告60分・質疑30分)

17:50~18:00、10分休憩

18:00~20:00、懇親会(☆)

☆懇親会にご参加いただける方は、ご報告終了後もミーティングルームにお残りください。

☆恐れ入りますが、おつまみ・お酒等はご自身でご用意ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【開催方法】

①参加希望者は716日(金)までに以下のURLから参加希望の旨をご回答ください。

https://forms.gle/pD7YnSMd1HFkJxkS6

②参加希望のご回答をいただいた方々に、前日までに歴史学研究会日本古代史部会より「zoom」のミーティングルームのIDとURL、および報告資料を送付いたします。

③当日の12:45より「zoom」のミーティングルームを開きますので、ご参加をお願いいたします。

④ご報告中はマイクをミュート設定にしてください。また質疑応答の際には「zoom」のチャット機能を利用いたします。

※参加可能人数には上限がございます。早めのご回答をお願い申し上げます。

※前日までに「zoom」の ID や報告資料が届かない場合は、歴史学研究会日本古代史部会(E-mail:kodaishibukai@yahoo.co.jp)までご連絡ください。